?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

庚申山・皇海山

山行日:2013年7月2,3日

参加人数:男性1名 女性3名

ルート:

コース:

7月2日(火曜日)
柏7:00→太田桐生IC→10:30銀山平(10:15)(11:00)…一の鳥居(12:25)(12:35)…庚申山荘着(14:30)(泊)歩行時間(2時間30分)
7月3日(水曜日)
庚申山荘(4:10) …庚申山(5:45)(5:50)…駒掛山…渓雲岳(6:41)…次のピーク(6:13)…薬師岳(7:15)…白山(7:23)… 鋸山(8:41) …不動沢のコル(9:50)(10:00) …… 鋸山(11:00)(11:05) … 六林班峠(12:20)(12:35) …天下の見晴分岐(15:39)… 庚申山荘(15:45)(16:00)…一の鳥居(17:15)… 銀山平着(18:30) →太田桐生IC → 柏   歩行時間(14時間20分)

報告:

六林班峠から庚申山荘までの道をもう一度歩いてみたいと思いました。
山荘に一泊、明るくなるのを待って4時に出発。岩の続く道を登る。岩壁に薄紫の可憐な庚申草を発見。岩が終わると、庚申山。
幾つかのピークを過ぎると白山へ到着。長い岩場が登場。
皇海山がどっしりと見えた。鋸山から急坂を下りて暫く歩くと不動沢のコル。そこから今歩いてきた山々が鋸状にみえる。
下山時間を考慮して皇海山は今回は諦める。鋸山から六林班峠までは背の高い笹の中の不鮮明な道を辿る。
六林班峠からの水平道は右側が可なりの傾斜で切れ落ちているし、何度も渡る沢は崩落している。同じ様な景色が延々と続く単調な道が非常に長く感じられた。
昭文社の登山地図上では2時間と書かれているが、一生懸命歩いて3時間かかった。
庚申山荘から再び一生懸命歩いて、何とか明るい時間に銀山平まで戻った。かじか荘の温泉が嬉しかった。

丹沢表尾根

山行日:2013年6月23日

参加人数:男性10名 女性7名

ルート:

コース:

柏駅発5:46 ~ 秦野駅8:03 ~ 秦野からバス~ヤビツ峠9:10 ~ 登山開始9:30~登山口9:55~二ノ塔11:00~ 三の塔11:30~烏尾山12:15~行者岳12:45~岩場13:00~政次郎の頭13:00~新大日13:45~塔ノ岳14:35
塔ノ岳~花立~小草平~大倉着18:00~
渋沢駅 ~ 柏駅23:05

報告:

夏山の縦走のために長い距離を歩く訓練をしました。3つのグループに分かれて登山しました。 やっとたどり着いた塔ノ岳、雄大な展望を期待したが、曇りのため、展望は殆どなし。頂上付近で少しの雨に降られました。その雨も30分程で上がり、軽快に下山。 花立山荘で、信じられない光景に遭遇。
20人程の5歳から6歳の保育園児が集団で下山。その後に20人程の父兄と思われる集団が

山を開始した。
途中追い抜いた時に聞いたら、卒園記念に富士登山を予定していて、そのためのトレーニングだそうです。
子供達は足取りも軽く楽しそうに歩いていました。追い抜いても子供達のかわいい声が常に迫ってくる恐怖に怯えながら、一生懸命歩きました。
実に凄い子供達でした。偉いね。指導された先生達も素晴らしいです。
という訳で、私達も長い距離を歩き通して、大満足の1日でした。
渋沢に着いてから、駅前で乾杯をしました。

燧ケ岳

山行日:2013年5月25,26日

参加人数:男性3名 女性2名

ルート:

コース:

25日 柏駅発5:30⇒関越道⇒沼田IC⇒大清水P着10:00
大清水発10:30→一之瀬→三平峠→長蔵小屋14:00

26日 山小屋発5:00→分岐→長英新道→山頂10:00→長蔵小屋13:00→三平峠→大清水P16:00大清水P発16:30→沼田IC→関越道→柏IC21:00

報告:

残雪の尾瀬・燧ケ岳へ行ってきました。
2日共晴天に恵まれ快適な登山となりました。 現地はまだシーズンには少し早いせいか登山者も少なく静かでした。
初日は尾瀬沼湖畔の長蔵小屋泊り。2日目に燧ケ岳に登りました。
燧ケ岳は途中まで残雪を踏みしめての登山となり、山頂直下の岩場を登ると頂上は360度展望が開け眼下に尾瀬沼、尾瀬ヶ原、至仏山、遠くに日光男体山、会津駒ケ岳などが展望でき素晴らしい眺めでした。
今度は季節を替えて再度訪れたいと一同思いました。

岩山

山行日:2013年5月19日

参加人数:17名

ルート:

コース:

日吉神社0:30→C峰0:10→三番岩0:40→二番岩0:25→ 一のタルミ0:15→一番岩0:15→猿岩0:10  往路を戻る (歩程 4:50)

報告:

雨の予報で心配しました。雨が翌日になり、曇り日の絶好の訓練日和になりました。
岩の登攀そのものではなく、登山道の岩場の通過の経験、技術を習得するのが主な目的でした。低山ながらルート上には次々と岩場が現れて、ちょっと怖いけれども楽しいコースでした。 怖がらずに冷静に3点確保を行い安全に慎重に通過する事が大切である事を全員が確認しました。

●訓練内容
・岩場の足の置き方・三点支持・岩場の登下降通過法(トラバース・梯子)等実践を通して体得する。
・夏山縦走のための初級岩訓練・尾根筋には小さな岩場が次々と現れ、要所には鉄梯子があり、ピークの間も小さな登降を繰り返す。
・岩場通過が苦手な人におすすめ。

柏フェスタ

山行日:2013年5月12日

参加人数:かがりびメンバーから多数

報告:

5月12日に日曜日に柏フェスタが行われました。晴天に恵まれて、楽しいお祭りができました。
昨年も参加した「かがりび」も一年間の活動報告、会員募集、などを目指し参加しました。 展示した写真は実際に会員が山に行き、会員自らが撮影した写真の中での自慢の写真を拡大しました。 このフェスタで金時山のハイキングの参加を見学してくれた人達をお誘いしました。何と!11名の参加希望者が集まりました。

日和田山

山行日:2013年10月12日

参加人数:男性5名

コース:

日和田山のゲレンデは西武池袋線の飯能の二つ先の高麗駅より徒歩30分足らず。 アクセスは電車のほうが車で行くより、駐車場の心配をせずに済むので気楽。

報告:

現場に9時少し前に着いた時点で2パーティ位しかおらず、容易なルートを選んでロープをセットし、トップロープで登攀の訓練及び懸垂下降を何回ずつか体験して貰いました。
初体験の条件、場所とも実りのある良い企画でした。
次回からは道具の扱い、岩に向かう姿勢、安全の確保等、徐々に規律立てた、静粛で厳格なマナーに基づく岩訓練を実行していきたい(事故を起こさない為に)と考えています。
安全かつ厳しい垂直への挑戦です。

次回は12月7日を計画。毎月一回の実行を希望。 個人山行の企画として、アクセス・交通費の安さをメリットに、有志による岩訓練を続けます。 興味ある方は是非連絡をしてください!(日和田山のゲレンデは、結構昔の青年男女が多いのにはびっくりします)

1 120 121 122 123 124 128