?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

奥久慈男体山~袋田の滝縦走

山行日:2023年12月9,10日

参加人数:男性10名 女性9名

ルート:

コース:

1日目:柏6:00⇒常磐道⇒那珂IC⇒8:10大円地駐車場
縦走チーム(1班、2班、3班)
駐車場:8:30→一般コース→10:45奥久慈男体山11:18→13:40第2展望台→14:00第1展望台→14:45月居山15:15→16:00袋田の滝→16:30町営第一駐車場  所要時間:8時間
伊東車 袋田の滝町営第一駐車場15:40⇒16:10大円地駐車場⇒16:40袋田の滝駐車場(伊東、山本尚、野田、吉武)
駐車場16:45⇒17:00ホテル奥久慈館(泊)
ピストンチーム(4班)
駐車場:8:30一般コース→10:45奥久慈男体山→一般コース→13:25駐車場 所要時間:4時間55分
大円地駐車場13:30⇒14:00袋田の滝町営第一駐車場(伊東車)
縦走チーム到着まで袋田の滝散策

2日目;ホテル8:00⇒9:00竜神峡第一駐車場
武生山周回チーム(1班、2班、3班)
駐車場9:00→ダム→10:40亀ヶ淵10:45→11:50武生神社→12:30竜神ふるさと村→14:00竜神大橋→14:15駐車場 所要時間:5時間15分
亀ヶ淵ピストンチーム(4班)
駐車場9:00→ダム→10:40亀ヶ淵10:45→12:40竜神大橋→13:00駐車場 所要時間:4時間

報告:

綺麗な朝日を浴びて大円地駐車場に向かう、かろうじて駐車出来ました。少し先の広い場所でウオーミングアップをしてスタート。
山頂が良く見えるところを通りしばらくすると九十九折、木々は色づいた葉を落とし見晴らしが良く、足元は落ち葉の絨毯、時おり根っこや石が隠れている。大円地越はとっても広くベンチもあり休憩する。
その先は急カーブ、笹の葉の間を歩くと間もなく男体山山頂、集合写真の撮影後、縦走チームとピストンチームに分かれる。
ピストンの下りは急で大変でした。縦走は予定時間の遅れを取り戻そうと少しスピードアップ、長距離を無事に歩き通し袋田の滝を見学。
二日目はクリーンハイク、ゴミ袋を手に龍神大吊橋のたもとからダムを見て、静かな流れの滝がある亀ヶ淵まで、おしゃべりしながら、ごみを拾いながら亀ヶ淵。
ピストンチームは大吊橋まで戻り、武生山周回チームは武生山目指して、紅葉と展望を楽しみ、竹林を通過して、武生神社の長い階段を上り参拝し、龍神ふるさと村で休憩、最後は大吊橋までの長い階段が待っていました。青空に映える龍神大吊橋、バンジージャンプも見ることが出来ました。
2日とも車を移動させるため、運転担当の方々のご苦労がありました。真っ青な空の下、一年の締めくくりに相応しい山行でした。

七面山・身延山

山行日:2023年11月30日、12月1日

参加人数:女性単独

報告:

11月30日(木)晴れ 6:00 表参道→8:40敬慎院→七面山→希望峰→敬慎院→11:30奥ノ院→晴雲坊→14:10表参道
登山口から七面山までは1500mをひたすら登る。敬慎院でゆっくりしていると中から住職さんが出て来て下さり、しばし話をする。
七面山の山頂は展望よろしくないので、希望峰まで足を延ばすが爆風の為早々に引き返す。鹿を何頭か見かけたが逃げる様子もない。奥ノ院まで行き、来た道を引き返す。

12月1日(金)やや曇り 5:15久遠寺→身延山→松樹庵→9:40駐車場
暗いうちから歩き出す。久遠寺はすでに明かりがついており僧侶がせわしなく動いていた。
歩きにくい半舗装路を、高度を上げ山頂へ。生憎の曇り空で富士山は見えなかったが、南アルプスや八ヶ岳がぐるりと見える。下りも半舗装路が多く、登山靴をチョイスしたことを大後悔。

大岳山

山行日:2023年12月2日

参加人数:男性2名 女性1名

ルート:

コース:

荒川沖(5:53)⇒新宿(7:21)⇒(8:31)武蔵五日市(8:40)⇒神戸岩入口(9:20)→(10:30)P654→(10:55)岩稜帯下→(11:20)岩稜上→(12:15)一般道合流→(12:45)大岳山(13:00)→(13:40)クドレ沢右岸尾根下降点→(14:45)P750→15:20)林道神戸鋸山線→(15:35)神戸岩→(16:10)神戸岩入口

報告:

神戸岩入口バス停から神戸川沿いの林道を100m行くと、右手の岩壁に取りつく階段があるので、ここから尾根に取りつく、階段の上は薮であるが、かきわけるとはっきりした踏み跡があり、標高370mの台地に出る。
急登を一登りすると再び平坦となり、尾根通しに進めば654mのピークに出る。3段ほどの平坦地を越えると岩稜帯となり、左に巻いたのちルンゼを上がれば岩稜の上に出る。
最後に150m程の急登を登りきると、馬頭刈尾根上の一般道に出るので、大岳山山頂へ向かう。山頂は多くの登山者でにぎわっていた。
鋸山方面への下りは、鎖もあり、かなりの急傾斜。3つ目のピークを巻いた先に看板があり、クドレ沢右岸尾根への下降点。750mのピークまで3か所程平坦地があり、枝尾根分岐点になっているので、方位確認しながら、下る。
750mピークはブロードで方向がわかり難いが、コンパスで方位確認して下る。南へ向かえば、傾斜の緩い尾根が続くが、最後に100m程の急な下りがあり、大きな岩を巻いて下ると、林道に出るので、神戸岩方面に進む。
紅葉に彩られた神戸岩はなかなかの圧巻。山行最後のアクセントになった。

弓立山

山行日:2023年12月2日

参加人数:男性1名 女性1名

ルート:

コース:

柏8:00⇒三波渓谷駐車場9:30→弓立山登山口9:45→男鹿岩10:44→弓立山山頂(11:00~11:30)→弓立山登山口12:20→三波駐車場→三波渓谷散策⇒玉川温泉⇒帰柏17:00

報告:

埼玉百名山の一座、眺望が良い低山として人気の山は、冬山ハイクに手頃なコースでした。三波渓谷駐車場から登山口へ、「熊出没通行注意」の看板にエッと驚き、いきなりの急騰の階段、のんびり里山歩きのイメージが違ったのかと訝しげながら笛を鳴らし進みました。
花桃群生地を過ぎ岩稜帯に入り大岩の男鹿岩へ到着、よじ登ると関東平野の絶景が広がるビューポイント、楽しい大岩でした。樹林帯を歩き続けた先が明るく開放的な弓立山山頂でした。
左方向は新潟方面の山並み、中程には東京都心やスカイツリー、右手には群馬方面の山並みと、ほぼ300度の大パノラマが広がっていました。風も心地良くベンチの間隔も広くのんびりと景色を楽しみながら少し早目の昼食としました。
登りと同じ道を駐車場へと戻り、隣接する透明感ある水面に紅葉が映える三波渓谷を散策しました。
帰り道にある昭和レトロで人気の玉川温泉へ、昭和を懐かしむ世代と昭和が新鮮な世代の双方が、レトロな物のに囲まれゆったり時間を過ごす日帰り温泉でした。

御堂山

山行日:2023年11月25日

参加人数:男性3名 女性5名

ルート:

コース:

柏IC 5:30⇒常磐道⇒外環道⇒関越道⇒上信越道⇒下仁田IC 7:30
藤井入口バス停 8:05→分岐 9:30→展望台 9:50→御堂山山頂 11:05→作業道終点 12:30→藤井入口バス停 13:15⇒日帰り温泉 14:30⇒こんにゃくパーク(無料バイキング&お土産) 15:00⇒下仁田IC 16:00⇒往路と同じ経路を通り柏 19:20

報告:

朝から良く晴れた土曜日でしたが、渋滞にも巻き込まれずに順調なスタートでした。
下見ではヒルの出現で相当苦しんだCLとSLでしたが、さすがにこの時期はヒルはおらず足取りも軽い。しかし以外にも急騰あり、鎖ありで苦戦する。コースはわかりやすく道迷いの心配はない。紅葉もまだ見頃である。
展望台から見たジジ岩とババ岩は、バランスがよく周りの山の景色に溶け込んでいる。結構な急騰を登ったり下ったりしながら御堂山の山頂に到着。休憩を取りあとは下山するだけと思いきや、。このくだりが曲者だった。
下りは始めからかなりの傾斜で滑りやすい。一番の難所では、水が溜まっているところに葉っぱがつもり下が見えずに、ほとんどの参加者が滑った。バラエティーに富んだコースで面白い。
下山後はこんにゃくパークによって、無料のバイキングでこんにゃく製品をたらふく食べた。一日でいろんな体験ができて楽しい山行でした。

鍋足山

山行日:2023年11月29日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

荒川沖(6:30)⇒桜土浦IC⇒那珂IC⇒小中ロードパーク(9:20)→ハッチメ滝・中の滝分岐(9:40)→銚子口の沢分岐(9:50)→銚子口の滝(10:35)→鍋足山・笹原・猪鼻峠分岐(11:10)→(11:35)鍋足山(11:40)→三角点峰(12:40)→展望台(12:50)→北の入滝分岐(13:30)→笹原登山口(13:55)

報告:

小中ロードパークに車を止め、身代わり地蔵の横から笹原登山口へ向かう。
右に中の滝への道を分け、ハッチメ滝方面の林道を進むと10分ほどで、銚子口の沢出合でハッチメの滝から流れる沢を渡って、銚子口の滝へ向かう。右岸沿いにかすかな踏み跡があり、沢床より10m程高い場所を進むと、大きな岩が積み重なった滝下に着くので、ここから、沢に入りしばらくすれば、銚子口の滝下に着く。
前回は右岸のザレた斜面を高巻いたが、今回は直登した。なるほど、ここを下ったら危険だと思われる滝で、落ち口は銚子の口を思わせる。以前にここで、滑落死亡事故があったのもうなづける。滝上からはピンクテープも現れ、進入禁止のロープが出てくる。
ここは、右岸の尾根に逃げると一般ルートとなるが、しばらく沢沿いに登ると立派な標識にたどり着く。ここから本峰を往復した後、猪鼻峠へ向かう稜線の一般ルートを進む。
三角点峰を過ぎると、東へ延びる尾根へ薄い踏み跡が続く。下りのバリエーションは道迷いの危険大であるが、ピンクテープを追いながら、北の入滝と中の滝の中間の岩場に出るので、左へ道を取れば、踏み跡がはっきりし、北の入滝への一般道へ出る。
今回は北の入滝、中の滝も割愛してそのまま登山口へ下った。

1 4 5 6 7 8 151