?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

筑波山

山行日:2022年5月14日

参加人数:男性9名 女性8名

ルート:

コース:

7:15つくし湖駐車場 7:35出発→7:45登山口近くのあずま屋でCLにより当日の概要説明→7:50雨の中出発→8:10薬王院本堂→10:15御幸ヶ原展望台(トイレ休憩と記念撮影)(雨なので男体山ピークは回避)雨が上がる→10:50女体山山頂 (雲海の彼方に富士山がくっきり、記念撮影)→11:00 キャンプ場に向かって下山開始 11:50キャンプ場(昼食、トイレ)→12:15坊主山登山口に向かって出発→12:45坊主山登山開始(CLの指示により、各自マイペースで登る)→13:05先頭集団山頂→13:25最後尾到着 数分後に見守りのCL到着。→13:30「下りで滑らないコツはお腹を壊した原始人の姿勢」とのアドバイスを受け下山開始→ 15:00つくし湖駐車場 Oさん指導での体操、CLの講評、解散

報告:

重い荷物を背負って安全に歩くための訓練、ということで、各自余分の水やテント泊の装備、ダンベル等で負荷をかけて出発。
2日前に自宅階段で滑落して仙骨部を打撲した記録者以外、は10~15㎏以上の荷物であり、10時過ぎまで雨、雨が上がったあとは気温が上がり蒸し暑くて滑りやすい道での歩行だったので、予想より厳しい訓練となった。
しかし、山頂では雲海の彼方に鮮やかな富士山「神様からのご褒美」を観る稀有な機会に恵まれた。また、蒸し暑い中、透明感のあるギンリョウソウ、朴の木の花や女川の湧水など、清涼感のある自然にも助られ、筑波山の自然の豊かさを再認識した。

斑尾山、笈ヶ岳、南木曽岳

山行日:2022年4月29日~5月8日

参加人数:男性単独

1.2022年4月29日(金) 斑尾山(三百名山)

コース:

<前日4/28(木)>自宅12:00⇒19:00道の駅「北信州やまのうち」
<4/29(金)>道の駅04:00⇒04:45タングラムP05:13→06:17ゲレンデトップ→06:33斑尾山北峰→06:42斑尾山06:43→07:25車道出合→08:03斑尾高原ホテル08:15(自転車)⇒08:41タングラムP

報告:

タングラム駐車場から日出直後にスタートし、スキー場(営業終了)を登ります。
一部雪ですがザク雪なので滑り止めは不要。途中「野尻湖テラス」というウッドデッキから野尻湖越しに妙高、黒姫、飯縄山が上部はガスですが大きいです。フキノトウが沢山芽生えたジグザグ道を登ってゲレンデトップ。
ここから山道ですが、融雪が進んでいて、雪庇の名残もありますが快適な稜線歩き。お椀型の山なので頂上付近は緩斜面です。北峰のあと斑尾山に到着。ガスと樹林で眺望はありません。
そのまま稜線を辿り、ルートに従い下降しますが、下りもよく整備された緩斜面なので歩き易い。程なく車道に出て斑尾高原Hまで歩きます。日影には雪が結構残っていますが、人生初スキーの斑尾高原スキー場やペンション群を懐かしく眺めながら、斑尾高原Hにデポした自転車でタングラムまでミニサイクリングを楽しみました。
下山後、赤倉温泉・滝の湯の硫黄泉掛流しはいいお湯でした。今期初来客と歓待されました。

2.2022å¹´4月30日(土) 笈ヶ岳 – 小笈ヶ岳手前で撤退(二百名山)

コース:

<前日4/29(金)>斑尾山09:00⇒16:00白山ホワイトロード・中宮レストハウス(車中泊)
<4/30(土)>中宮レストハウス04:45(自転車)⇒4:55中宮温泉ビジターセンター→05:28ジライ谷出合(渡渉)05:44→07:32ジライ谷ノ頭→09:06冬瓜山分岐(P1500)→10:13冬瓜山10:31→11:04シリタカ山→12:30小笈ヶ岳手前(敗退)12:40→14:26冬瓜平→16:19ジライ谷ノ頭→18:18ジライ谷出合(渡渉)→18:46中宮温泉ビジターセンター(自転車)⇒18:52中宮レストハウス⇒18:59車道ゲート

報告:

GW第二弾は金沢の笈ヶ岳(おいずるがたけ)。白山ホワイトロードはGW前にゲート(手前4km)が07:00~19:00に限り開放された。中宮レストハウスで前泊しスタート。
ジライ谷の渡渉は前日の大雨で心配したが問題なく渡渉可能。ジライ谷の頭まで標高差600mはロープの急登が連続します。その先は細尾根で軽い藪漕ぎ。標高1,430mから残雪の急登のためアイゼン。
冬瓜山(かもうりやま)へは細い雪庇や藪漕ぎが続きます。ザックのストックやピッケルが枝に引掛かり時間と心を消耗します。垂直壁10mは根っこ豊富で無問題。岩のナイフリッジ先が冬瓜山頂。笈ヶ岳への稜線が正面にクッキリ。一旦下ってシリタカ山、また下ってトラバースし稜線登り。藪漕ぎ100mを抜けると本峰手前の小笈ヶ岳が正面ですが、この先でタイムリミット。
笈ヶ岳往復に無念の半時間不足。冬瓜平経由でトラバースし戻ります。最後の急降下は慎重に、かつ、車道ゲート閉鎖時間のため、焦らず急ぎます。渡渉は午後の融雪でも問題なく、最後自転車と車飛ばしてゲート閉鎖1分前に通過。
翌日のSさん・Yさんとの滋賀・蓬莱山コラボは残念ながら雨でキャンセルでしたが、付近の温泉で汗を流し車中泊後、のんびり帰省しました。

3.2022年5月08日(日) 南木曽岳(三百名山)

コース:

<5/08(日)>道の駅05:00⇒06:00南木曽岳登山口06:24→06:30男滝→06:36南木曽岳登山口→07:04下山道分岐→08:26南木曽岳08:41→08:51南木曽岳避難小屋→09:14摩利支天→10:33下山道分岐→10:56南木曽岳登山口

報告:

GW第三弾は千葉への帰路に南木曽岳に登りました。登山口に3台目(/20台程のスペース)に到着。
男滝を先に周ります。下山道分岐から反時計周り。次第に斜度があがりガレ場や手作り感満載の木段が連続します。鎖場など急登もありますが、きちんと整備されているので概ね歩き易い。最後急登を登ると山頂に到着。
山頂には立派な石碑やテーブルがあり、展望はありませんが、のんびりできます。その先の岩の上が最高点のようなので木段を上がります。御嶽山が正面に大きく見え、右奥に乗鞍岳もクッキリ。その先の避難小屋奥の展望台からは中央アルプスの山々が一望できます。左から木曽駒、宝剣、空木、南駒ケ岳、昨年登った安平路山。北には槍・穂高も確認でき、乗鞍、御嶽山まで広がっています。その先の摩利支天からは恵那山が見えました。
下りも木段や鎖があるので慎重に。短時間でしたが変化のあるいい歩きが楽しめました。

棒ノ嶺

山行日:2022年5月9日

参加人数:男性1名 女性3名

ルート:

コース:

柏5:30⇒柏IC5:40⇒狭山日高IC⇒さわらびの湯7:05 出発7:20→白谷沢登山口8:00→岩茸石9:45→権次入峠10:00→棒ノ嶺10:15 10:30→権次入(ゴンジリ)峠10:45→岩茸石11;5→さわらびの湯13:00 14:00⇒竹寺⇒狭山日高IC16:05⇒流山IC17:00⇒柏GS到着解散17:25

報告:

天候に不安がありましたが決行した個人山行です。早目の出発でさわらびの湯駐車場に到着。山々の緑の景色が目に優しく凛とした空気の中での出発。
白谷沢登山口から山の斜面を登って行くと、滝が現れ白谷沢の中に入ります。小滝を幾つか越して、沢沿いに有る岩や鎖場を注意しながら進むと白孔雀の滝が現れ、更に登ると岩茸石を経由して、都県境にある権次入峠を過ぎれば棒ノ嶺山頂。
残念ながら展望は望めずでした。下山の岩茸石からは、階段が整備されているが非常に歩きにくい状態になっていた。また前日に降った雨の為、滑りやすく木の根が階段の様になっていたり、つまずかないように気を引き締めて下山した。
雨も下山を待っていたかの様に降り出した。駐車場を借りたさわらびの湯で疲れを癒した。
時間に余裕が有ったのでKさんの思い出の場所、竹寺に立ち寄り参拝した。孟宗竹の竹林が見事でした。予約が必要ですが、竹の器を用いた精進料理を楽しむことが出来るそうです。楽しい山行でした。

高尾山・景信山・陣馬山

山行日:2022年5月7日

参加人数:女性3名

ルート:

コース:

柏 5:15 ⇒ 流山IC(首都高経由) ⇒ 高尾山IC ⇒ 6:30 高尾駅付近駐車場(事前予約済)⇒ 高尾駅 6:54(京王線) ⇒高尾山口駅

高尾山口駅 7:05(6号路経由)→(85)→ 8:30 高尾山 8:50 →(30)→ 9:20 一丁平 →(25)→ 9:45 城山 →(30)→ 10:15 小仏峠 →(30)→ 10:45 景信山 11:05 →(55)→ 12:00 堂所山 →(30)→ 12:30 明王峠 12:50 → (40)→ 13:30 陣馬山 14:10 →(55)→ 15:05 陣馬高原下バス停
所要時間:8時間  歩行時間:6時間20分

陣馬高原下バス停 15:30(路線バス) ⇒ 16:00 高尾駅 16:30 ⇒ 八王子IC(首都高経由) ⇒ 流山IC ⇒ 18:00 柏

報告:

当日の天気予報が中々定まらず、午前中は小雨の予報。複数の天気予報を比較し、CLの判断で決行としました。柏発時はまさかの土砂降りでしたが、登山開始時にはあがっていました。
高尾山への登りは、琵琶滝を経由する沢沿いの6号路を選択。雨に濡れた緑の葉が綺麗で沢の音にも癒されます。沢を離れた後の登りは、最近整備された木製階段が400段ほど続きますが、登りやすい階段でした。
高尾山頂は早朝の雨の影響か、人はまばら。鳥の声を聞きながら歩を進め、景信山に到着。大きな天狗が迎えてくれました。堂所山への手前に、木の根が張り巡らされた急登がありました。明王峠で休憩の後、陣馬山へ。
山頂では大きな白馬の像とご対面。軽食なども販売されていて、藤野ゆずシャーベットで体をクールダウン。下山も順調で、結果的に道中雨には降られませんでした。
人気の山だけあって、登山道やトイレ、看板、ベンチなどはよく整備されていて、気持ちよく森林浴を楽しむことができました。天気予報の影響か、道路も含め、混雑はありませんでした。

谷川

山行日:2022年5月9日

参加人数:男性2名 女性1名

ルート:

コース:

柏駅6:00⇒外環、関越道⇒谷川インホメーション駐車場9:30→マチガ沢10:40→一ノ倉沢11:20→折り返し地点11:45→12:00昼食12:20→一ノ倉沢12:40→マチガ沢13:20→14:00駐車場14:30 ⇒ 谷川湯テルメ16:00⇒柏IC19:00

※残雪が多く通過が困難な為、折返し点までの往復とした。(歩行時間:5時間30分)

報告:

今回、会の長老82才を迎えるYさんとの山行を計画しました。山行日は花冷えのする小雨模様の生憎の天気でした。登山者も見受けられず、駐車場では数台の車が停まっていました。
予定通り9時半出発、途中、登山者に会うことはありませんでしたが、ショウジョウバカマ等、白やピンクの草花が咲き始め、そして色づき始めたアカヤシオを見る事が出来ました。
途中の一ノ倉沢では、アルプス並みの雪の回廊に出会い、谷川の大きさに感動でした。5時間半、昔を思い起こしながらの山行、ケガもなく無事駐車場に戻ることが出来ました。
Yさんからの言葉:自分の体力に合った登山をする。

和名倉山・笠取山

山行日:2022年5月3,4日

参加人数:女性単独

コース:

一日目:0500民宿みはらしP→0630将監小屋0730→0745牛王院平分岐→0900東仙波→1040和名倉山→1220東仙波→1345牛王院平分岐→1410将監小屋泊
二日目:0500将監小屋→0600西御殿岩→0700唐松尾山→0900笠取山0930→1130民宿みはらし

報告:

5月3日 民宿みはらしから将監小屋までは車も通れる広めの林道を登る。幕場一番乗りで展望の良い場所にテントを張り、和名倉山へ。
主稜線からの分岐後、すぐに藪漕ぎが始まる。足元を確認しながら30分ほど進むと見通しの良い稜線にでる。東仙波からは何度かミスコースしたが、数人の登山者でこっちだあっちだと助け合いながら和名倉山へ。
なんとも地味な山頂であった。帰りは同じ道を引き返した。
5月4日 奥秩父主脈縦走路を西へ。小屋から40分ほどで西御殿岩への分岐へ到着。地図でみると「展望が良い」と書いてある、15分ほどで着いたが、360度見渡せる絶景ポイントであった。
笠取山までは危険個所もなく、出会った人たちとの会話を楽しみながら気持ちよく歩くことができた。
久しぶりのソロのテント泊縦走、一期一会、人の温かさに触れることができた。和名倉山はどっしりとした山容で、すべての登山者を受け入れてくれるような優しさを感じ、久しぶりに心に残った山だった。

1 4 5 6 7 8 101