?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

乾徳山

山行日:2023年4月10日

参加人数:男性1名 女性3名

ルート:

コース:

柏発4:00⇒柏IC4:20⇒談合坂SA5:30-5:40⇒勝沼IC6:00⇒乾徳山登山口P着6:30
P発6:50→(車道)→登山口7:30→国師ヶ原9:00-9:10→月見岩(展望良好)9:40-9:50→鳳岩→乾徳山山頂(昼食)11:20-11:50→(下山道:歩きにくい岩の道)→国師ヶ原13:30-13:40→堂満山14:30→P着15:25 【所要時間:7時間35分】
P発15:40⇒はやぶさ温泉入浴⇒恵林寺(閉館)⇒勝沼IC17:40⇒談合坂SA⇒柏IC20:00⇒柏GS解散

報告:

例年になく桜の開花が早く、すでに八重桜が咲き始めたこの時期、岩山で名高い山梨の乾徳山に行く。
当日朝から快晴の絶好の登山日和となった。現地はちょうど桜、花桃、ヤシオツツジなど満開の時期で青空の元これらの花を楽しみながらの山行となった。早朝出発のため順調に乾徳山登山口駐車場に着く。近くに新しく30台くらいの駐車場ができていた。
この付近ちょうど桜、花桃など満開の時期でこれらを楽しみながら登山口まで山道を歩き、大きな看板のある登山口に着く。
この先落葉樹林の明るい登山道を登る。静かである。国師ヶ原(高原ヒュッテ閉館中)で一休み。鹿の親子に出会う。月見岩からの眺めが素晴らしい。雲一つない富士山、甲府市街、遠くにまだ白い南アルプスが眺められる。この先大きな岩、鎖などがあるところを登るとこの山のメインである鳳岩基部に着く。
15m程の白い一枚岩で、鎖を使いながら登る。登ったところが山頂である。快晴のなか360°展望を楽しむ。昼食、十分展望を楽しんだ後下山する。
この下山道滑りやすい岩が多く思ったより苦戦する。高原ヒュッテについてホットする。ここからは道満山を経て駐車場に戻る。
終日快晴に恵まれ充実した山行となり、全員満足できた山行でした。

恩賀高岩

山行日:2023年4月11日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

西側登山口08:13→08:38南側登山口→09:02コル→09:21高岩11:03→11:22高岩(雌岩)12:08→12:46西側登山口

報告:

碓氷軽井沢ICを下りてから車で1分と、非常にアクセスの良い恩賀高岩に登ってきた。高度感たっぷりのクライミング要素が楽しめるその名の通りの高い岩だ。
今回の山行目的は登山と言うよりも、新しい撮影機材のテストを主眼に登ってみた。単独登山での記録写真は必然的に単調な風景写真が大半を占め、人間が写ってないがためスケール感、高度感が全然伝わってこない。今回テストに用いたカメラは話題のInsta360X3。全方位360度を撮影するカメラは以前からあったが、随分と進化しているらしく、その機能を検証してみる事とした。
今の時期登山ルートは明瞭で迷う事は無かったが、新芽が芽吹いておりこれからの季節は疑問だ。南側登山口から高岩コルまでの急登を一気に登ると、既にそこにはアドレナリンMAXの鎖場が待っている。雄岳に登る30mのチムニーは、途中にオーバーハングする箇所もあり一瞬たりとも気が抜けない。下りは懸垂下降が最も安全だ。
コルに戻ると直ぐに雌岳P1~P3が始まる。本ルートの最大の難関P2。ビレイヤーがいないと登攀不可能かと思っていたが、フェースに近づいてみるとピトンやRCCボルト、リングボルトが所狭しと打たれており、セルフビレイにて登攀可能だ。下りは懸垂下降が最も安全だが、テラスがナイフリッジ形状になっている為、着地時にバランスを崩さないように十分注意する必要がある。まるでジェットコースターの様な変化に富んだ登山道で登山者を飽きさせないルートであった。
さて撮影機材の結果検証であるが、写真や映像に革命的な変化をもたらす事が可能であった。死角が無い為、カメラを構える必要がない。思い通りの動画編集がとっても簡単。全て手持ちでまるでドローンの空撮の様な写真や動画を撮る事が出来る楽しすぎるカメラだった!結論、これは山登りには必須アイテムで、尚且つ登山に最適なカメラかもしれない。

開山祭

山行日:2023年4月1,2日

参加人数:男性16名 女性11名

場所:豊四季台近隣センター・我孫子市五本松公園ふれあいキャンプ場

スケジュール:
4月1日
①会長挨拶・本年度活動方針(9時~20分)
②企画山行紹介(40分)
③リーダーシップ教育(こんなときどうする)(50分)
④労山の自然保護の取り組み(10分)
⑤部ごとの話し合い(30分)
⑥場所移動・昼食(12時~60分)
⑦寄贈品の分配(30分)
⑧危険地帯通過のためのロープワーク(75分)
⑨救急医療(10分)時間不足のため三角巾の本結びだけを練習
⑩テント設営(30分)
⑪夕食・キャンプファイヤー(17時~23時)
4月2日
⑫起床・朝食(5:30~)
⑬テント撤収・清掃
⑭解散(7:15)

報告:

開山祭は、安全山行祈願、会員相互の親睦および活動方針と活動計画の共有を目的に毎年開催している。今年は、コロナ禍も落ち着き、4年ぶりに宿泊での開山祭となり、天候にも恵まれ計画どおりに実施できた。
リーダーシップ教育では、新CL,SLの発言により活発な意見交換となり、例会ではなかなかできない、みんなで議論する場をもてたのはよかった。
寄贈品の分配では、会員からの多くの登山用具の寄贈があり、盛況だった。
ロープワークは7点セットを使用し、半マストによる確保⇒エスケープルートでのカラビナ架けかえ⇒懸垂下降を連続した場所で訓練した。支点づくりを含めCLはぜひ身に着けておくべき技術である。
テント設営では、テントの方向やテントポールの張り方などの手間取りが見られた。
夕食は総務部中心で準備し、焼きそば、フランクフルト、おでん、おにぎり、じゃがいもバターなど豪華メニューで好評だった。
キャンプファイアの余興ではY氏の女装で大いに盛り上がったが、時間超過で騒ぎ過ぎたのを反省している。
ともあれ、全員が協力した開山祭により、よいスタートとなった。

菜畑山・今倉山・二十六夜山(道の駅から周回)

山行日:2023年4月9日

参加人数:男性単独

コース:

自宅02:00⇒04:50道の駅「どうし」05:15⇒(自転車)⇒和出村バス停05:33→06:58菜畑山→07:39水喰ノ頭→08:35今倉山08:45→9:13赤岩09:20→10:14二十六夜山→(林道)→11:23道坂隧道バス停→道坂峠→P1228→13:06道の駅どうし⇒道志の湯⇒19:10自宅(歩行7h33m(休憩込))

報告:

シーズンに向けたトレーニング山行その1。GWの笈ヶ岳リベンジ目指しトレーニング。この山は昨年秋から何度も計画したが天候等で行けずじまい。今回も土曜は荒天のため日曜の日帰りでトライ。
菜畑山(なばらけうら)山麓まで自転車。登り始めると朝日が赤く林に差し込み気持ちよい。雪山を歩いているうちに低山はすっかり春モード。歩きやすいルートを行くと1時間半かからず菜畑山。正面は鳥ノ胸山。山頂から富士の絶景も見えた。
今倉山への稜線歩きは小さいアップダウンは連続するが、広葉樹林で明るく歩きやすい。但し、寒気のせいか風が冷たく霜柱も5cm以上育ってザクザク。樹林越に、左手に富士、右手に今倉山のトンガリが次第に近くなる。今倉山に到着すると道坂峠からの数名が休憩中。
しばらく先で絶景ポイントの赤岩。御正体山、杓子山の間に昨日の風雨で霞が取れた富士が大絶景で至近距離。南アや八ヶ岳等もクッキリ。その先は次第に標高を下げ、車道の先で二十六夜山。ここからも富士の大絶景が楽しめる。
車道歩きで道坂隧道に出て、道坂峠から御正体山方面に進みP1228をトラバースし道の駅へ下る稜線(破線も無いバリ)を下りると丁度鹿(猪?)ゲート。正面の道の駅は桜満開でした。
快晴の中、終日富士の絶景が楽しめ、いい歩きが堪能できた。

窓明山・三岩岳

山行日:2023年4月2日

参加人数:男性2名

ルート:

コース:

自宅12:30⇒幸手(友人P/Up)⇒加須IC⇒西那須野塩原IC⇒国道⇒05:10登山口05:37→06:39巽沢山→08:02家向山分岐→10:02窓明山10:26→10:52めまうだ湿原→12:19三岩岳12:34→12:50避難小屋→13:51旧道分岐→15:06国体コース登山口→15:10駐車場⇒(温泉)⇒22:00自宅

報告:

登山口車道路肩に駐車しスタート。最初半時間は超急登。標高1,200mからアイゼン(スノーシューとピッケルは担いだが出番無し)。
家向山分岐から高度感ある絶景。その先は標高100m程下り、しばらく幅広な雪庇歩き。最後300m急登で窓明山に到着。標識は無く目分量で。周囲はグルリ絶景だが、日光の山々は霞んで見えない。
一旦150m程下って、上下に”ウネル”雪庇群を超え、「まめうだ湿原」の広い雪原。昼近くなっても踏み抜きが大して無いので助かった。ここから350m登り。山頂前に三岩に寄り道。三岩岳山頂に到着すると会津駒までの稜線や、越後三山、会津朝日岳などがグルリ絶景で素晴らしい。
下りはザクザク適度に融雪した雪がクッションになって降れるから早い。避難小屋の位置を確認。開けた稜線を気持ちよく下り、最後イワウチワロード。車道手前の150mの残雪は滑るので気をつかった。
快晴にも恵まれ、何度も来ている山友の引率もあり、安全に残雪歩きが堪能できた。

鹿狼山

山行日:2023年4月3日

参加人数:男性1名 女性2名

ルート:

コース:

自宅発5:30⇒常磐道谷和原IC⇒新地IC⇒水源の森登山口P発9:10→樹海コース→鹿狼山10:10→眺望コース→水源の森登山口P着11:45⇒石巻泊

報告:

福島県と宮城県の県境に位置する鹿狼山(かろうざん)、日本一早い元旦が山開きの鹿狼山は、太平洋からの初日の出を拝む山としても人気があります。
鹿と狼の珍しい狛犬の鹿狼山神社が登山口、樹海コースを上り眺望コースを下る周回コースを歩きました。なだらかな登山道の斜面に俯き加減に咲くカタクリ、九十九折を曲がっても曲がってもカタクリ群生地は続きました。エイザンスミレ、キクザキイチゲ、春欄、ショウジョウバカマ、エンレイソウと春の花の競演でした。
太平洋展望の山頂からは期待通りの海岸線、蔵王山や吾妻連邦と冠雪の百名山2座などゆっくり時間をかけて眺望を楽しみました。
下山道を少し入った獣道に、淡いピンク色のフリルが可愛らしいイワウチワ群生地がありました。北側傾斜地を好むイワウチワ、圧巻の大群落地に驚嘆しました。
四季を通じて楽しめる山は地元に愛されている花の名山でもありました。

1 4 5 6 7 8 128