?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

富士山

山行日:2023年3月7日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

スタート地点(太郎坊洞門)02:25 → 02:39英国旅客機遭難者慰霊碑 → 03:08御殿場口新五合目03:22 → 03:38大石茶屋 → 05:13次郎坊 → 09:22御殿場口下り六合(走り六合)09:38 → 11:02御殿場口七合四勺・わらじ館 → 11:21御殿場口七合五勺・砂走館 → 12:03御殿場口七合九勺・赤岩八合館12:18 → 12:45御殿場口八合目 → 14:26御殿場口頂上 → 17:38次郎坊 → 18:28大石茶屋18:36 → 18:44御殿場口新五合目18:52 → 19:15英国旅客機遭難者慰霊碑 → 19:21太郎坊洞門

報告:

頭を雲の上に出し~四方の山を見おろして~雷様を下にきく~富士は日本一の山♪青空高くそびえたり~からだに雪の着物きて~霞の裾を遠くひく~富士は日本一の山~♪そぅ~富士山は雪がとっても良く似合う。
富士山の絵を描けば、皆必ず雪化粧富士。そんな厳冬期富士にいつかは登ってみたいと、虎視眈々と狙っていた。天候の安定を待って遂に決行。高度順応時間を省く為、前夜はスタート地点で車中泊とした。予定よりも2時間遅れのAM2時半にスタート。
風はなくとても穏やか。夜明け前の鮮やかなマジックアワーの光景がとても印象的であった。七号目以降はトレース無し。積雪量は吹き溜まりでも膝程度。一歩一歩ブレイカブルクラストを破って登り上げる。富士山特有の登れど登れど全く変わらない景色に何度も心が折れそうになる。登山者は自分の他2名いたが、二人とも途中で撤退した模様だ。
八合目を超えるといよいよ風が強まってきた。延々と続くキックステップに何度も引き返そうと挫折しかけた。テクニカルな箇所は皆無だが、気合と体力がいくらあっても足りない感じだ。山頂付近は予報通り風速15m前後。バラクラバ、ゴーグルの装備無しでは氷雪が顔に当たって前進すら出来ない。
お釜に着いた所で撮影を試みるもスマホ対応グローブが反応しないっ!どうしても写真を撮りたいが為、タッチペンを使わずグローブを取って素手で撮影してしまった。ほんの数秒で指先の感覚が無くなった。下山を考えると剣ヶ峰はタイムアウトで今回はパス。2時間遅れのスタートがとても悔やまれる。
累積標高差2440mの往路に17時間を要した。軽量化の為に装備からワカンを外したが、それが失策だったと考える。

天城山

山行日:2023年3月6日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

自宅3:30⇒柏IC3:50⇒河津桜見学6:30 6:45⇒天城縦走登山口(駐車場)8:00 8:50出発→四辻9:10→万ニ郎岳10:10→万三郎岳11:50→涸沢分岐点12:30→四辻13:40→天城縦走登山口駐車場14:00⇒14:30出発⇒ 寿老人、和田湯(伊東市)15:30⇒16:30出発⇒三郷西IC20:30⇒自宅到着21:00

報告:

伊豆縦貫道路を降り、天城峠を超え河津方面へ車を進める。曇り空と少しの青空、河津桜祭りも5日が最終日でしたが、まだ見ごたえのある風景が残っていました。菜の花と桜と青空は疲れを癒してくれました。
車から見える木々は若芽の黄緑色がちらほらと、伊豆は春だ~~、ウキウキで車を進めた。登山口の駐車場に近づくに連れ様子がおかしい、あれは何?白いのは?雪?昨夜の雨が雪?  突然の予想外の雪に見舞われ、足踏みをしたスタートでした。
天候は良い方向に、4月の気温。しかし雪。近い万ニ郎岳迄行き、雪が深い場合は降りる覚悟で右回りに変更し登山開始です。
登山口は雪も少なく、しかし道は雪解けでドロドロ、標高が上がると真っ白な雪の上にそびえる木々、小動物の足跡、足元に注意しながら万ニ郎岳そして万三郎岳へと、下りは滑って転んでお尻を打ちながらも雪と木々のコントラストに魅了されました。帰りは伊東市の和田寿の湯に癒されました。
Oさんはご不幸が有り(夜遅くに連絡)一人での山行でした。

小野岳・安達太良山・泉ヶ岳・霊山

山行日:2023年2月23日~26日

参加人数:男性単独

報告:

東北の雪歩きに4日間行ってきました。天候にも恵まれ新雪のパウダー歩きが堪能できました。
①2月23日(木) 小野岳(東北百名山)
自宅(車中泊)⇒大内宿登山口7:28→8:47鉄塔(夏道合流点)→10:55小野岳11:08→鉄塔12:16→12:56登山口⇒(湯野上温泉)⇒道の駅(車中泊)
会津の観光名所である大内宿登山口から登りました。このルートの冬季レコはヤマレコでも10年前の1件のみ。登山口からノートレースで膝上迄踏み抜くのでワカンを装着。
夏道は谷で急なトラバースのため左の尾根へ急登を上がります。稜線に出ても膝下のラッセルが続く我慢の区間。鉄塔からは夏道と合流し緩斜面。ブナの大樹と雪庇が続きます。最後の急登は少々凍っていて左が切れているのでアイゼンをワカンの上から装着。
青空が広がり安達太良山や磐梯山、西吾妻山がクッキリ。ノートレースの山頂を独占し、来た道を自分のトレースで戻りました。
大内宿の観光や湯野上温泉も堪能できました。

②2月24日(金) 安達太良山(日本百名山)
奥岳登山口06:43→08:42薬師岳→09:14仙女平分岐→10:05安達太良山10:08→10:32峰の辻→10:57くろがね小屋→11:41勢至平分岐→12:48奥岳登山口⇒(岳温泉) ⇒道の駅(車中泊)
10年振り初めての冬季。朝一のノートレースは分り難くゲレンデ内を少し歩かせてもらう。ゲレンデトップからかすかな踏み跡を辿って薬師岳、「ほんとうの空」。
樹林帯を抜けると名物の強風。仙女平分岐からは視界も15m程。稜線歩きで山頂に到着。山頂の岩峰にも登ります。下山し始めると晴れてくるアルアル。くろがね小屋への下りは開けていて気持ちがよい。3月で建替えのくろがね小屋を眼に焼き付けて、長いトラバースを下山しました。
下山後、岳温泉の高級旅館のいいお湯で温まり翌日に備えました

③2月25日(土) 泉ヶ岳(日本三百名山)
泉ヶ岳スキー場P 06:01→06:54水神平→07:55三叉路→08:34北泉ヶ岳→08:51三叉路→09:34泉ヶ岳→10:18見返平→11:25泉ヶ岳スキー場P⇒(温泉) ⇒道の駅(車中泊)
3日目は仙台北西の泉ヶ岳。先に北泉ヶ岳から周回します。
水神コースは緩斜面で歩き易い。三叉路からは新雪パウダーなのでワカン装着しフカフカ歩きを楽しみます。北泉ヶ岳は本日の最高点。三叉路までの戻りもパウダー歩きが気持ちいい。
三叉路から泉ヶ岳方面はトレースが薄くなりますが、引き続きパウダー歩き。やはり宮城まで来ると雪質が違います。泉ヶ岳は飛ばされそうな強風。下山は滑降コースで10名くらいとスライドしました。短時間ですが新雪のパウダー歩きが堪能できました。

④2月26日(日) 霊山(東北百名山)
霊山登山口06:22→07:05国司沢展望所→7:11天狗の相撲場→07:25護摩壇→07:36霊山城跡→07:47西物見岩→08:03釣瓶落岩→08:18霊山寺跡08:38→08:52天狗岩展望所→08:57紫明峰→09:35二ツ岩→09:45霊山(東物見岩)→10:01望洋台→10:08五百羅漢岩→10:20大山祇神社跡→10:47日暮岩入口→11:07登山口⇒(温泉)⇒19:00帰宅
4日目最後は福島・伊達市に戻って霊山です。早朝は降雪で道路上も3cm近く積もっていますが、登山口まで何とか滑らず到着。
準備して日出直後にスタート。林道を少し進むと凍結雪のためチェーンアイゼンを装着。ほどなく霊山らしく奇岩が連続します。寄れるところは折角なので全て寄ってみます。
護摩壇も足許が締まっていたので周回。釣瓶落岩では丁度晴れてきたので遠望が楽しめました。霊山寺跡往復し、天狗岩展望所ではゴリラに見える天狗岩と稚児岩の絶景を堪能します。その先、紫明峰の看板まで細いトラバースを進みUターン。二ツ岩から霊山山頂(東物見岩)に到着。石巻の牡鹿半島が見えました。蟻ノ戸渡は雪がついているのでパス、望洋台から宮城の牡鹿半島など太平洋を拝んで下ります。下山は早い。
紅彩館の湯で温まって帰路につきました。いい歩きができた4日間でした。

 

 

 

 

鬼怒沼

山行日:2023年3月3日~4日

参加人数:女性4名

ルート:

コース:

【1日目:3/3(金)】
流山IC 6:00 ⇒ 東北道 ⇒ 日光宇都宮道路 ⇒ 日光IC ⇒ 9:10 女夫渕駐車場
女夫渕駐車場 9:40 →(2:30)→ 12:40 日光澤温泉  歩行時間・所要時間:2時間30分(小休憩含む)
【2日目:3/4(土)】
日光澤温泉 6:45 →(55)→ 7:40 オロオソロシノ滝展望台 →(2:10)→ 9:50 鬼怒沼 10:40 →(1:20)→ 12:00 オロオソロシノ滝展望台 →(50)→ 12:50 日光澤温泉 13:15 →(1:55)→ 15:10 女夫渕駐車場
歩行時間:7時間10分 所要時間:8時間25分
女夫渕駐車場 15:40 ⇒ 今市IC ⇒ 日光宇都宮道路 ⇒ 東北道 ⇒ 19:00 流山IC

報告:

【1日目】渋滞は無く、順調に到着。歩き始めて程なくチェーンスパイクにダブルストックとしました。凍っている所があるため、傾斜のある所は少し注意が必要ですが、その他は難なく歩けました。鬼怒川に沿って雪景色を楽しみながら進むと日光澤温泉に到着。この日はのんびり温泉、食事を楽しんで、次の日に備えました。

【2日目】宿の朝食は無しにして6:45に出発。少し小雪が舞っていましたが、気温は-2.5℃でさほど寒くありませんでした。
前日に標高1900m地点まで行った人がいるとのことで、トレースがあり、雪が締まっていたので、スノーシューではなく、私たちはそれぞれチェーンスパイク、軽アイゼン、アイゼンで登っていきました。
標高1650m~1800mの間は急登や急斜面のトラバースがあるため、雪の状態を確認しながら慎重に進みました。やがて傾斜が緩くなり、もうひと踏ん張りすると鬼怒沼に到着!一面の雪原に、-6℃の気温を忘れ、いい大人4人が大はしゃぎ!雄大な雪原をスノーシューで散策。
帰りはそのまま1850m地点までスノーシューで。その先のトラバース、急斜面は雪が行きより緩んでいる所もあるため慎重に下りました。途中にノシ滝で氷瀑を見て、日光澤温泉まで下山。
宿の看板犬サンボくんと記念撮影。宿の方によると今年は雪が少ないとのことでした。日常生活をすっかり忘れ、温泉でくつろいだり、大自然に感動したりの大満足な2日間でした。

おかめ山・地割

山行日:2023年2月28日

参加人数:男性2名 女性1名

ルート:

コース:

(8:30)竜神峡第二駐車場(8:55)→赤岩展望台(9:40)→トレイル道入口(10:00)→荷鞍山(10:45)→地割分岐(10:55)→(11:45)おかめ山(12:20)→地割分岐(13:00)→(13:30)地割(13:45)→(14:55)西金砂神社(15:05)→(15:20)天下野集落分岐→天下野駐車場(16:30)

報告:

天下野公民館の駐車場に車を一台デポしてから、竜神峡第二駐車場に引き返した後、トレイルを開始した。
尾根から沢沿いの登りとなり、稜線に到達すると赤岩展望台の分岐。少し東に行くと竜神大つり橋が良く見える展望台。展望台から引き返せば、赤岩集落の舗装道路出るが、しばらく行くとトレイルの登山道入り口となり、緩やかに登ると左に伐採地を見るようになる。
尾根上をまっすぐ進むと455mの三角点がある荷鞍山へ続く林道に出る。しばらく尾根を進むと地割方面とおかめ山方面の分岐点に達するのでおかめ山に向かう。西側は切れ落ちた崖となり、おかめ山近くにまで来ると、おかめ岩がある。
踏み跡をたどれば、西峰と東峰の間に出るが、ここが明山方面のコルへの降り口。どちらの峰の手製の看板も失われていた。昼食後、来た道を地割への分岐まで戻り、アップダウンを繰り返しながら進むと突如として、地面が割れている地割に到達。
深さ20m幅3m長さ30m程の見事な地割。時間がないので、もう一つの地割は割愛し、西金砂神社へ急ぐ。この間、標高差30m~50m程度の小さなピークをいくつも越えていくので疲れる。最後に石の階段で奥社に到達。階段を104段下って本殿。
舗装道路を5分ほどで天下野集落へ向かう登山道に入り、少し登ってからあとは下り1時間ほどで赤い鳥居が見え、駐車場に到着。

鎌倉外郭防御線ハイキング

山行日:2023年2月21日

参加人数:女性5名

ルート:

コース:

6:05柏⇒鎌倉7:53 東口から40系統のバスに乗り⇒ 飯島8:10下車してすぐに歩き出し→9:10名越切り通し→9:15分岐点(15分休憩)→9:35お猿畠の大切岸9:45富士見パノラマ展望台→ハイランド住宅を抜けて10:08久木大池 →10:25池上部の尾根道→11:00十二所果樹園(休憩)→11:25太刀洗の滝→朝比奈切通し→11:40熊野神社→11:50車道→朝比奈インターの左手の登坂の道路→12:10登山道→12:20天園ハイキングコースへの分岐(昼食)→12:45市境広場→13:10太平山(▲159)→13:15鎌倉CC(ゴルフ場)脇(トイレ)13:25→(ゴルフ場のそばで出会った人に案内され)→13:50やぐら(石廟)→(天園コースから外れて)→14:15建長寺の裏→14:25正統院→14:30建長寺山門(市街地へ)→15:00化粧坂→15:10源氏山(頼朝像の前で記念撮影)→15:20銭洗い弁天→15:45鎌倉(駅前のお店で軽食)⇒16:31鎌倉駅⇒柏駅着18:27解散

報告:

市街地のルートファインディングがなかなか難しかった。はじめはKさんが事前にヤマップにダウンロードしてくれた軌跡を頼りにしていたが、最後はグーグルマップを使った。
ハイキングコースに入ってからはよく整備されて歩きやすい道だった。鎌倉CCで会った地元の方に、コースマップには無い石廟を案内してもらい、拝観料500円を払わずに建長寺の敷地にはいれた。十王岩には行けなかったが得難い経験をした。
市街地のすぐそばを通るからと行動食を少ししか持参しなかった人もいて、他のメンバーから食べ物を分けて貰っていた。通過した市街地は閑静な住宅街と高速道路脇で、レストランはおろかコンビニの一軒も無かったので、このコースを行かれる方は、十分な食料を携行されたい。
寒かったが天気は良く、時々海や富士山も見えて楽しく歩けた。

1 6 7 8 9 10 128