?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

利尻岳

山行日:2023年9月4,5日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

北麓野営場(4:05)→甘露水(4:20)→(5:40)五合目(5:50)→(6:15)六合目(6:20)→(7:45)長官山(八合目)(7:50)→避難小屋(8:05)→九合目(8:40)→土嚢歩荷(9:15)→(9:40)利尻山山頂(9:50)→(10:35)九合目(10:40)→(11:15)八合目(11:20)→六合目(12:20)→(13:40)北麓野営場

報告:

夜行バスで稚内について一番のフェリーで利尻島にわたり、鴛泊港から立派な舗装道路を1時間半ほどで北麓野営場に到着。非常によく整備された野営場でWifiも使える。夜明け前にトイレに起きてしまったのを機にそのまま、4時に出発。
六合目の第一見晴台まで、牧歌的な緩やかな登り。前方には長官山が見えるが、山頂までの標高差はまだ1000m近い。7合目8合目までは九十九折のコースとなるが、登山道の傾斜はきつくない。長官山に到達すると、初めて本峰の岩稜が目の前に見える。
両側のに鋭い岩峰を従えた利尻山はなかなか見ごたえがあるが、正面登山路は緩やかな尾根を行く。一旦下って、避難小屋に達し、そこから登り返し。山頂直下の山体崩落部分で、補修のための土嚢運びのボランティアを体験。しばらく、ザレた部分を登れは、社のある山頂は近かった。山頂にいる間晴天。下り始めると雲に覆われれたので幸運だった。

甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳

山行日:2023年9月1~3日

参加人数:男性2名 女性1名

ルート:

コース:

【9/1(金)】柏6:00⇒常磐道流山IC⇒首都高⇒中央道⇒諏訪IC⇒11:40仙流荘P12:10バス⇒13:10北沢峠→13:20長衛小屋テント場(泊)
【9/2(土)】長衛小屋テント場4:38→4:50北沢峠→6:50双児山7:00→7:55駒津峰8:14→10:20甲斐駒ヶ岳11:00→11:55摩利支天12:00→13:10駒津峰13:20→14:15仙水峠14:25→14:53仙水小屋→15:28長衛小屋テント場(泊)(所要時間(休憩含む)10:50)
【9/3(日)】長衛小屋テント場4:30→6:29大滝の頭6:35→7:40小仙丈ヶ岳7:50→9:00仙丈ヶ岳9:40→10:05仙丈小屋10:15→10:50馬の背ヒュッテ10:55→12:55北沢峠→13:05長衛小屋テント場14:10→北沢峠バス14:30発⇒15:30仙流荘P⇒中央道諏訪IC⇒圏央道⇒外環道⇒常磐道柏IC⇒22:00GS(所要時間(休憩含む)8:35)

報告:

前泊の日、晴れ、柏を予定通りに出発、首都高にて恒例の渋滞?に少し嵌るも予定通り仙流荘P(一番近い駐車場)に到着駐車し予定のバス(臨時2便)に搭乗。まだそこまで混んでいない長衛小屋テント場にスムースにテント設営。登山食とは思えない豪華なステーキ、サラダ等を食し明日の英気を養う。
2日目、晴れ、甲斐駒ヶ岳登山開始。途中で日の出、雲海を見ながら収めながら気分良く、双児山、駒津峰を目指す。頂上手前では巻き道では無く岩稜直登コースを選択、声を掛け合いながら大きな岩を一つ一つクリア、快晴で逆に強い日差しを浴びる等嬉しい悲鳴が出ていました。
予定通りに甲斐駒ヶ岳頂上到着。360°どこを見ても待ち受け画面の撮り放題でした。
各々行動食を食べ巻き道を下山開始、途中摩利支天までの下りにて前方をコース印と違う場所を通る一団が有り「ラーク」の掛け声、目に見える落石あり!後ろに付いて歩くだけでは無く自分でもコースを確認し考えて歩く癖を付ける事を実感しました。
途中摩利支天によりさらに下山、誰も怪我をする事無くテント場へ到着、さらに今宵も豪華な食事、マーボ-ナス、サラダ、じゃがりこチーズガレットを食しました。
3日目、晴れ、仙丈ヶ岳登山開始、昨日の疲れも有り不安でしたが昨日とは違い危ない所も無く気付けばアッという間に頂上。
本日も快晴でしたが食事を摂っていると突然の雲が駆け抜け、終始見ごたえの有る景色に出会えました。
下りでは藪沢重幸新道を通り太平山荘へ下りましたが途中では暑さ、滑りやすい土と小石の足場に気の抜けない下山でしたが途中の滝、沢の流れに涼を感じる事ができ良い思い出になりました。
テント場には少し早めに到着、テント終い、身の回りを整えバス停に向かい北沢峠バス15:10発を待つつもりでした、しかし28人以上のバス待ちが出ると臨時便が出るという幸運に恵まれ14:30発のバスに乗る事が出来ました。
仙流荘にて汗を流し、双葉SAにて食事、無事柏に到着となりました。南アルプスの山々の距離感、力強さの迫力がとても気に入りました。

旭岳

山行日:2023年8月22~24日

参加人数:男性2名

ルート:

コース:

8/22成田発8時⇒新千歳空港9:45着、富田ファーム経由旭川市泊
8/23宿舎5時半発⇒旭岳P、駅発7:00⇒姿見頂上駅発7:25→10:55旭岳11:25→12:06中岳分岐12:15→13:00中岳温泉13:20→14:08裾合分岐14:25→15:08(P14標高1724m)15:15→16:04夫婦池16:24→16:33姿見駅着、17時のロープウェイで下山⇒宿舎で入浴・泊 所要時間9時間08分、歩程時間6時間55分
8/24宿舎9時発⇒ウトナイ湖経由新千歳発15:35⇒成田空港(解散)

報告:

当日早めに宿を出て1時間余りでビジネスセンターの無料駐車場に留め、ロープウェイ駅に着くと気温20度、頂上駅は27度であった。地元の人の話では例年よりかなり高く感じるとの事。
旭岳までの往路はアルプス3千m級の様な森林帯のないガレ場が続き、途中に背丈以上の大岩石がいくつも鎮座、それも10分も歩くと小石のように視界から消える。休息をとりつつ金庫岩前の携帯トイレブースを過ぎるとすぐ頂上だ。
そこは視界が360度、振り返ると登山道の右端に噴煙が認められる。軽く昼食とし、さあこれから縦走だと地図片手に先行者を遠目に見つつ景色を堪能、至福の時間であった。
流石に縦走コースタイムは4時間半休息入れても最低5時間半は覚悟した。(追随者は10名程度)然しラストロープウェイ発車時刻は17:30なのでそれを念頭に、中岳温泉の足湯をし、最大限ここ大雪山の大自然を感じる事が出来た山旅であった。

神流川北沢渓谷(後半)

山行日:2023年9月3日

参加人数:男性3名 女性1名

ルート:

コース:

しおじの湯07:29 → 07:37しおじ原生林入口 → 08:31山女魚止の滝 → 10:37尾根乗越点10:48 → 11:57北沢しおじ原生林 → 12:19尾根乗越点12:27 → 13:03山女魚止の滝 → 13:36しおじ原生林入口 → 13:40しおじの湯

報告:

北沢渓谷(後半)を遡行してきた。天気予報では一日中曇天の予報であったが、蒸し暑いくらいの晴れ!絶好の沢登り日和となった。
コース全体で難しい箇所はほとんど無く、初心者でも十分楽しめる沢であった。幅広の沢である為、巻きが容易に可能だ。それゆえガチャ類とロープの出番はなかった。
コース後半に短いゴルジュ帯があり、クライマーを楽しませてくれる。尾根歩きでは出会えない絶景に感動もひとしお。最終目的地の北沢しおじ原生林に明確なゴール地点があるわけではないが、一帯が国の天然保護区域に指定されており、もっとよく観察してくればと少し後悔。
快適な沢登りのあとは長い長い散策路を戻る。ゴール地点のしおじの湯まで戻ると真夏の日差しが待っていた。下山後の汗をしおじの湯で流してサッパリしてから帰路についた。半日駐車させていただいたしおじの湯には感謝感謝。

奥穂高岳

山行日:2023年8月31日~9月2日

参加人数:男性1名 女性4名

ルート:

コース:

【8/31(木)】流山IC 14:50 ⇒(中央道)⇒ 18:25 塩尻北IC ⇒ 18:35 信州健康ランド(仮眠)
【9/1(金)】健康ランド 2:45 ⇒ 3:50 沢渡駐車場 4:15 ⇒(タクシー)⇒ 5:05 上高地 5:20 → 6:05 明神 6:15 → 7:00 徳沢 7:05 → 8:00 横尾 8:15 → 11:25 涸沢 11:55 → 14:35 穂高岳山荘 15:10 → 15:30 涸沢岳 15:45 → 16:00 穂高岳山荘(泊)  行動時間(小休憩含む):8時間50分、所要時間:10時間40分
【9/2(土)】穂高岳山荘 5:45 → 6:35 奥穂高岳 6:50 → 9:00 前穂高岳 9:20 → 12:05 岳沢 12:30 → 14:10 上高地 14:55 ⇒(タクシー)⇒ 15:15 沢渡(温泉)16:20 ⇒ 17:15 松本IC ⇒(上信越道・関越道)⇒ 21:00 流山IC  行動時間(小休憩含む):7時間25分、所要時間:8時間25分

報告:

天候不良で3回延期になった山行。4度目の正直は恵まれ過ぎと言っていいほどの天気だった。前日は健康ランドで仮眠。アプリを利用し午前3時前に退館すれば\1,320で利用できるのでお勧め。
沢渡に着くと多くの車が停まっていたが、まだ駐車できる余裕はあった。土曜だったらより混んでいるのかもしれない。タクシーは午前4時頃から受付開始。3台目のタクシーに乗ることができた。釜トンネルの開門が5時頃のため30分ほど車内で待機するが、5時過ぎには上高地に到着。ここから登山開始。
横尾までは距離はあるが高低差はほぼ無く、その先から一気に登っていく。涸沢ヒュッテはテラスからの眺めが抜群。青い空に山々が映える。酸素が薄くなる中、ザイテングラートをゆっくり登っていくと穂高岳山荘に到着。
荷物をデポして涸沢岳へ。360°の展望だ。翌日も快晴。はしご、鎖を使って登っていくと念願の奥穂高岳に到着。日本で3番目に高い山からの展望は、槍ヶ岳をはじめとする北アルプスの山々、富士山、南アルプス、西には白山まで数々の山々が一望できた。ジャンダルムや西穂高岳を見ながら吊尾根を慎重に通過し、前穂高岳へ。
ここも展望が素晴らしい。前穂高岳への上り下りは結構大変だが、天気と体力に問題がなければ、ぜひ登ることをお勧めしたい。重太郎新道の下りは急なので慎重に歩を進め、皆無事に下山できた。長く体力のいる行程だったが、仲間に励まされ、皆と眺めた景色は最高の思い出となった。

空木岳 南駒ケ岳 越百山

山行日:2023年8月26,27日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

前日:八ヶ岳PAにて車中泊
1日目:430 ゲート→うさぎ平→1100木曽殿山荘1130→1300 空木岳1320→(10)1330駒峰ヒュッテ (所要時間約9時間)
2日目415駒峰ヒュッテ→430空木岳→530赤椰岳→620南駒ケ岳→730仙涯嶺750→900越百山→100越百小屋→1330ゲート(所要時間約9時間)

報告:

ちょうど一年前、木曽駒ケ岳から空木岳の縦走をした時に、空木岳からさらに延びる稜線をいつか歩きたいと思った。
1日目:4時半、ヘッデン付けてスタート。2時間強の林道を歩き、うさぎ平から急登が始まる。樹林帯で展望もなく忍耐の4時間半。6合目の渡渉は緊張したが、見渡すと少し上流部に飛び石で渡れそうな所を見つけ無事クリア(雨量が多い場合は渡渉不可)。
木曽殿山荘までは誰にも会わなかったが、登山道はよく整備されていた。
2日目:夜中に雷と雨で何度か目が覚めたが、明け方起きた時には星がきれいに見ることができた。
空木岳から赤椰岳はゴツゴツした岩の間を歩き、その後はハイマツの藪漕ぎ地獄となる。それでもそれぞれの頂からの眺めは素晴らしく、南アルプスや八ヶ岳もよく見えた。小さくて真赤な屋根の越百小屋で小休止して、駐車場まで一気に下った。
二日間お天気も良く、静かな稜線歩きを楽しむことができた。

1 6 7 8 9 10 145