?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

三本槍

山行日:2012年9月22,23日

参加人数:男性4名 女性5名

ルート:

コース:

9月22日 6:15柏⇒7:35加須IC⇒9:25那須IC⇒10:00峠の茶屋駐車場10:30→11:23峠の茶屋11:30→12:00茶臼山頂12:35→13:13峠の茶屋13:2→0三斗小屋14:30

9月23日 7:10三斗小屋→7:55那須岳避難小屋8:20→8:35峠の茶屋8:459:15→9:45峠の茶屋駐車場10:10→10:25鹿の湯11:40→(昼食)→16:00柏

報告:

9月22日
柏6:15出発、国道16号線加須ICへ、途中強い雨も高速道路に入る頃には雨も止み一安心。
県営の峰の茶屋駐車場すでに満杯近く、大型用に2台何とか駐車する、登山指導書に登山届を出す
、20分ほど歩くと茶臼岳からの溶岩か、赤茶けた砂礫の歩き難い道を行くと、正面に峠の茶屋避難小屋が見える、ちなみに避難小屋は宿泊禁止である。
峠の茶屋から茶臼岳往復する、山頂には小学生の団体や家族連れが多く見られる。集合写真を撮っている小学生団体がいつまでも動かず、何組も待っているのに引率の先生が子供に何ら注意しないのが気になった。
峠の茶屋から砂礫の下りを三斗小屋へ、樹林帯に入る頃から合羽着用、道が平坦になると間もなく三斗小屋温泉、この間にも小さな子供を歩かせる家族連れが何組もおり、この山の大衆化に驚かされる。
三斗小屋温泉煙草屋旅館の露天風呂を満喫し乾杯をする。温泉が気に入り雪の時期に来たいと思い営業時期を聞くと、客が少なく11月中旬までとのこと、残念である。

9月23日
朝雨の音が気になる、すでに雨の中何組か出て行った、隠居倉から朝日岳のみに変更することも協議したが、峰の茶屋経由で戻ることにする。
小屋から1時間ほどの那須岳避難小屋でグレイプフルーツを食し、峰の茶屋避難小屋でも休憩後一気に駐車場に下山する。
途中鹿の湯という湯治場で入浴し昼食後帰柏する。

三頭山

山行日:2012年9月1,2日

参加人数:男性8名 女性3名

ルート:

コース:

1日 柏 6:22 →8:35 武蔵五日市 9:00→バス→ 10:08 都民の森 10:20 →11:50 三頭大滝 12:18→ 13:25 避難小屋

2日 5:00 起床 →避難小屋 6:40→7:00 三頭山→ ヌカザス山→10:20 イヨ山→12:18 小河内神社前バス亭
→12:50 奥多摩→もえぎの湯 →そば屋 →奥多摩 16:04 → 18:35 柏

報告:

行きの電車ではまだ晴天だったが、都民の森でいきなり、ザァーザァー降りの雨、三頭大滝見学もそこそこに先を急いだが、小屋に着くまで降り続いた。 昼過ぎに避難小屋到着、この小屋がりっぱ、トイレも清潔。 先客が2組ほどいたが、休憩のみですぐに出て行った。
さて、3時から小屋貸切での宴会、煮物とサラダとお酒、酒はタップリ、酔いが回ってカラオケが始まり、記録係りは最後は記憶があいまい、7時くらいに就寝の模様。 あいにくの雨で月は出なかったが、屋内でのススキと団子で情緒は味わった。
2日目も朝から雨、Aさんが持ってきたスイカをかぶりつき気合を入れ出発。 すぐに三頭山西峰に到着、中央峰・東峰はパス。(この3つのピークで三頭) さて、これから延々と尾根歩き、ヌカザス山、イヨ山、・・おまけに急坂で気が抜けない。(ヌカザス山、イヨ山とは面白い名なので名前の由来を調べたがわからず) 奥多摩湖の浮橋を渡ってバス亭へ急ぐも、浮橋を渡りきらないところで、バスが来て、もうだめだとあきらめていると、親切な運転手さんで待っていてくれた。 これを逃すと、次は2時間後なので、ほんとに助かった。 奥多摩駅に着いて、温泉に入り、そば屋で下山祝いして帰路につく。

悪沢岳・赤石岳・聖岳

山行日:2012年8月5~9日

ルート:

コース:

8月5日  22:30毎日新聞竹橋発

8月6日  6:10畑薙第一ダム6:55ー7:45椹島8:20ー10:07鉄塔下ー12:35清水平13:10-16:15千枚小屋

8月7日  5:00出ー5:55千枚岳ー7:05丸山ー7:50東岳ー9:30中岳10:45荒川小屋ー11:40大聖寺平ー13.20小赤石ー14:05赤石岳山頂ー16:40百閒洞小屋

8月8日  5:20出ー7;0中盛丸山ー8:05小兎-9:15兎ー10:20コル10:30-12:45聖ー13:10奥聖ー13:50聖ー薊平15:15-15:45聖小屋

8月9日  4:25出ー7:40聖澤吊り橋7:50-8:55登山口10:00-白樺荘13:50-21:20新宿

報告:

8月6日
畑薙第一ダムから山小屋送迎バスが予定より1時間早く出発(多客時には)、登山基地の椹島の規模に驚きながら十分時間が取れ準備、出発す。
寝不足が応えバテながら新装なった千枚小屋に、1時間ほど前の雨も上がり富士が目の前の景勝地に建つ立派な小屋である。
8月7日
4時半の朝食で出発、千枚岳から赤石、塩見等望み南部最高峰の東岳へ。
荒川三山は岩場のやせ尾根や、ざれ場が続き慎重に行動しながら、お花畑が満開時で素晴らし景色を満喫する。
赤石岳から急なザレ場を経て馬の背から百間洞山の家に4時30分過ぎに着いた。
受付で通常の夕食は提供できない、赤石岳で赤石小屋に下る事を考えなかったか等4時過ぎたことに対する質問がなされ、北アの小屋との違いを感じた。
8月8日
小屋から1時間ほどで稜線に出る、時間を考え大沢岳の往復はカットする。
中盛丸、兎岳を通過し兎岳避難小屋、コンクリートの小屋で中は清潔であるが水があれば?
聖兎のコルまではやはりゴロゴロの岩で慎重に歩く、コルからは一気の聖への登りで、気が付くと聖山頂に出る。
奥聖まで往復、途中何羽ものライチョウの親子を目撃、下りは森林限界までザレ場で歩きにくい、ここも鹿の被害が多いようだ
8月9日
明るくなるのを待ち出発、何か所か崩壊した個所を高巻ながら聖登山口に。10時の観光協会のバスが待っており白樺荘にて入浴し、毎日アルペンで帰柏する。

ニペソツ山

山行日:2012年7月26日

参加人数:男性2名 女性3名

ルート:

コース:

杉沢出合登山口発4:50・・・天狗のコル7:11・・・前天狗8:45・・・ニペソツ山頂11:00~11:25・・・前天狗13:50・・・天狗のコル15:10・・・17:40杉名沢出合登山口着
標高差1032M (歩行時間12時間50分)

報告:

ニペソツは(シナノキが群生するところ)の意味です。
杉名沢出合は早朝の4時半にも関わらず狭い駐車場はほゞ満車状態で人気の高さが解ります。
小天狗の岩場は写真で見慣れた風景でしたが思ったより高度感がありません。
テントが数張りの幕営地の天狗のコルを通過して、ナキウサギ棲家の岩場で鳴き声に誘われて愛らしい動きを追いかけ、前天狗を通過して天狗平に到着します。
天狗岳後方に姿の美しいニペソツ岳が確認出来ます。ガイドブックそのままの雄姿に感動します。
ここからはお花畑を眺め高度感のあるニペソツ山頂に立ちます。雪田のトムラウシ岳、石狩連山を始め360度の眺望は抜群でした。
標高2013M山頂は来年度の年賀状にも最適です。登りのイメージより下りは案外と時間が掛り手強く登り応えのある山でした。
深田久彌が存命ならば必ず百名山に加えたと言われるニペソツ岳は評判通りの名山でした。

ニセイカウシュッペ山

山行日:2012年7月23日

参加人数:男性2名 女性3名

ルート:

コース:

層雲峡YT発4:40=車駐車地6:00古川林道終点登山口6:45
登山口(7:05出発)7:55展望台-8:50見晴台ー9:30大槍10:30頂上ー12:30展望台ー13:30登山口14:00車駐車地  層雲峡の温泉で汗を流した。

報告:

前日下見したのでスムーズに林道ゲートまで到着する。
ゲートを鍵番号をあけ林道に入る。登山口まで2/3地点頃坂にさしかかった時、悪路でタイヤが空回りする。その場所に車を駐車し登山口まで40分歩く。
緩やかな登山道が続き昨日登った黒岳の花がきれいだったので今日もお花畑を楽しみにして歩く。
樹林帯をぬけると大雪山を見ながらの歩きになり、さすが表大雪の好展望の山と言われるだけのことはあると思った。
大槍の登りの前に休憩をとる。目前には雪渓!!!残雪をとってきて冷たいごちそうに皆興奮とてもおいしかった~!
そこからはお花畑、大雪山、ニセイカウシュッペ山、大槍の展望を楽しみながら歩く。 残念ながら頂上ではガスがかかり遠くまで見ることができなかった。
下山は同じ道を戻り登りと同じ所の雪渓で又残雪を肴に大休憩をして下山する。登山口からの林道歩きに暑さと疲れで嫌になっていたところワンボックスカーに奇跡的に拾ってもらい登山終了となる。
拾ってくれたドライバーの山岳ガイドさんが神様に見えた。咲いていた花はきんぽうげ・山百合・キンバイソウ・りんどう・しおがま・ウサギギク・ハクサンチドリ他

奥白根山

山行日:2012年7月14,15日

参加人数:男性1名 女性2名

ルート:

コース:

7月14日
柏5:52=春日部6:52=東武日光8:26-バス東武日光8:36-湯元10:00
バス停10:10-13:00外山ー13:50天狗平ー14:20前白根山ー15:15五色沼避難小屋

7月15日
避難小屋6:30-7:55神社ー8:05白根山ー9:15弥陀ケ池ー9:50五色沼ー10:40五色山ー11:45中曽根分岐ー13:35登山口ー14:00バス停湯元15:45ー東武日光17:20ー柏20:30
湯元の温泉で汗を流した。

 

報告:

7月14日
朝4時に起床するとどしゃぶり・風で少々がっかりするが、気を取り直して天気のピンポイントント情報を調べる。9時~は曇りの予報なので予定通り実施の判断をする。
集合場所に参加予定の一名がきていないので連絡するとすごい雨なので行かないと思ったとのこと。あとから追いかけることになったが、結局はアクシデントがあり不参加になる。
3人になり、予想以上の荷物分担をして気合いを入れて登る。最初の2時間が急登と覚悟はしていたが、久しぶりのリュックの重さにスピードに足が上がらない。
途中で少し持ってもらう。男性とは速さが女性と倍位違う。
外山からは楽しい尾根歩きとお花が待っていた。これだから山はやめられない。その日の小屋は4パーティ7人で大宴会大盛り上がり!!

7月15日
残念ながら小雨である。予報では曇り~晴れなので奥白根の頂上での展望を楽しみに登る。
雨・風強くガスの中での奥白根登頂となる。昨日は2人にしか会わなかったのに今日はメーンコースなのですごい人数とすれ違う。
弥陀が池・五色沼はとてもきれいであった。五色山からは急な下りを雨の中えんえんと約3時間励ましあって下る。

1 82 83 84 85 86 87