?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

奥穂高岳

山行日:2015年5月2~4日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

5月1日
柏発13:00~中央高速(仮眠)
5月2日
~沢渡駐車場4:00~上高地着5:15~  横尾着8:10~涸沢着11:15~穂高山荘着14:45  ~奥穂高岳15:45~穂高山荘着16:50
5月3日
穂高山荘発7:00~涸沢着8:00~横尾着10:30  ~上高地着13:50
5月4日
車中泊~柏着14:00

報告:

ゴールデンウイーク後半天候の悪化が予想されたので、行程を一日繰り上げての山行にした。
一日早めた事で、高速道路も沢渡駐車場もスムーズであった。
予定より若干早めに上高地を出発し横尾を過ぎると登山道は残雪に覆われ、谷間の雪渓をひたすら涸沢に向かう雪道歩行となった。 涸沢には11時15分に着く、天候、体力、気力共に充実していたので山頂を目指すことにした。
雪質が柔らかく踏み込むと埋まる状態であり、若干の体力を消耗する。穂高山荘脇の梯子場は難なく通過するが、その後に75度くらいの雪渓は、アイゼンの前歯を雪渓に打ち込みピッケルを打ち込み這い上がる状況でした。尾根筋、山頂は雪もなく360°の大展望を味わうことができました。
穂高山荘は泊り客40名程であり、ゆったりと泊まることができました。
翌日山小屋から涸沢まで1時間で下りました。

笈ヶ岳(おいづるがだけ)

山行日:2015年5月2~4日

参加人数:男性3名 女性1名

ルート:

コース:

5月2日
流山IC4:30⇒白山自然保護センター駐車場15:30⇒中宮温泉駐車場18:30
5月3日
起床3:30→自然保護センター駐車場発4:30(10℃)→野猿公苑5:00→厳しい岩場・藪の尾根
→冬瓜山分岐7:15→シリタカ山の北側雪の斜面を巻く→稜線合流部ピーク10:10-10:40
→山頂着12:05-12:20(晴、無風、20℃)→北側雪面巻道→冬瓜山分岐(迷いやすい)15:00
→尾根道藪漕ぎ→下りの急な岩場→沢を渡る→野猿公苑18:00→駐車場18:30⇒民宿18:50
5月4日
朝食7:30-出発9:00⇒金沢西IC10:10⇒流山JCT19:40

報告:

5月2日
早朝柏を出発し、関越道、上信越道、長野道、北陸道と走り、登山口である白山の自然保護センターに向かう。
出発が早いせいで渋滞もなく順調に走ることが出来、時間的に余裕があったので、途中世界遺産である「五箇山菅沼集落」を見物する。
「白山スーパー林道」は今年から「白山白川郷ホワイトロード」と言う名前に代わっていた。通行料金は1,600円と半額になったとのこと。
登山口の駐車場で下山者から情報を収集し、登山道の入り口を下見する。下山者からは、相当くたびれた様子が伺える。駐車場は18:00以降の駐車はダメと言うことで、近くの中宮温泉の駐車場で野営する。

5月3日
まだ暗い中、中宮寺温泉駐車場を出発し自然保護センター駐車場に入り準備をして出発する。
この時期にしては暖かい。外気温10℃。野猿公苑まで遊歩道を30分程歩く。ここで水量の増えている沢を渡り、急な登りに入る。数パーティーに出会う。ここから暫く急な岩場の続く尾根筋の登りとなる。多少の整備はされているものの、気を使う場所である。
やっと尾根まで出ると今度は藪の中の道となる。冬瓜山(かもうりやま:なかなか覚えられなかった)の近くまで来てやっと雪道となる。
シリタカ山の稜線は雪が少なく危険な所があるので、北側に巻くように昨日話を聞いていたので、トレースを辿り北側に迂回して笈ヶ岳を目指す。
気温が高いので雪は柔らかくなっておりアイゼンなしで歩く。途中かなりキツイ雪面を登り稜線ルートとの合流地点のピークに出る。目前に笈ヶ岳が迫ってくる。雪を被ったなだらかな白山等360度の展望があり、素晴らしい景色である。ここで一休み。
下山者より、後一時間半程度で山頂に着くと言う情報を聞いて登頂を決める。見た目より楽に山頂に到着する。苦労した甲斐あって感動する。外気温度20℃、この時期としては暑い。360度の展望を十分に味わった後、満ち足りた気分で下山する。

冬瓜山の分岐までは順調に下山するが、藪道への入り口を見つけるのに少し迷う。ここは注意が必要である。ここで雪道は終わり、往きの道をたどって下山する。
疲れていることもあり、最後の急な岩場の下りでかなり苦労する。最後に沢を渡り、野猿公苑に着いた時にはさすがにほっとする。駐車場着18:30。すぐに準備をして出発、ゲートが閉まる前に通過し、約6km先の民宿に向かう。
民宿の風呂に入ってさっぱりする。かなり汗をかいていた。 夕食は多彩な山菜のテンプラ、熊鍋等盛りだくさんで、おなか一杯になった。疲れていたため早々に寝る。
今回は距離が長いせいもあったが、暑かったため、最後には脱水症状になったと思われる。水を2L以上飲み干した。結果的には3Lは必要であった。今後の参考にしたい。

5月4日
前日とは変わり、曇り空時々雨がポツポツと降る中、名残惜しいが柏に帰る。金沢付近は雨、その後は雨も上がり、関東に近づくにつれて晴れてくる。
途中、立山・剱岳、妙高山が良く見える。楽しく山談義をしながら帰る。
関越道は多少渋滞するも余り遅くならずに無事流山・柏に帰ることが出来た。

鷹ノ巣山

山行日:2015年4月29日

参加人数:男性6名 女性7名

ルート:

コース:

奥多摩駅発バス(8:35)⇒東日原バス停(9:00)(9:15)→登山口(9:20)→稲村岩分岐(10:15)(10:25)→1100メートル付近(11:30)(11:40) →ヒルメシクイノタワ(12:10)(12:30)→鷹ノ巣山(13:00)(13:25)→水根山分岐→水根沢分岐(14:05)(14:10)→榧ノ木山(14:32)→のぼり尾根分岐(14:32)→倉戸山(15:13)(15:27)→倉戸口バス停(16:27)
歩行時間 7時間12分

報告:

利尻山のトレーニングのために奥多摩3大急登の稲村岩尾根から鷹ノ巣山に登りました。
人数が多いので2グループに分けました。頂上迄3キロで標高差1千m強はかなりの急登です。 新緑が山の中腹まで上がって来ていました。
下山路には躑躅、藤、山桜などが咲いていました。途中で足が攣った人が出ましたが、休み休み、荷物を多くの人に分散して協力して全員が予定通りのコースで登頂、下山しました。
利尻に向けて日頃の鍛錬の重要性を感じました。

テスト2

山行日:2020年月日

参加人数:男性名 女性名

ルート:

コース:

1日目(17日)
柏発(6:15)⇒三郷JCT(6:30)⇒(事故渋滞)⇒三鷹(8:10)⇒石川P(8:40/8:50)⇒初狩P (9:35/9:45)⇒勝沼IC(9:55)⇒三ノ瀬駐車場着(10:55) 食事・荷物振分作業 11:40発→将監小屋テント場(13:40)
2日目(18日)
将監小屋テント場発(6:15)→(休憩3回30分)→禿岩(8:35/8:45)→飛竜山頂(9:20/9:40)→禿岩(10:05)→将監小屋テント場(12:15/13:10)→(休憩1回10分)→三ノ瀬駐車場 (14:30/14:50)⇒のめこい湯(15:30/16:45)⇒青梅IC (18:00)⇒狭山(18:10/18:20)⇒新座(18:50)⇒柏IC(19:25)⇒柏GS(20:00解散) 歩行時間 6時間10分

報告:

テント泊訓練、2日間とも山行日和の好天に恵まれた。行きに交通渋滞があったが到着は予定の30分遅れ程度で済んだ。昼食後、荷物の振分作業をし荷物の収め方や膝を使っての担ぎ方を習った。
未経験者3名はこの時点でザックの重さに不安顔だが、将監小屋テント場目指して出発する。歩きやすい林道をゆっくりと進む。30分毎に休憩を取ったが徐々に両肩に重さを感じてくる。何とかテント場に着き設営。
ここで「川崎ハイキングクラブ(KHC)」精鋭の皆様としばし歓談。明朝、和名倉山へ向け出発との事。
KHCの皆様、楽しいお話しと美味しいサラダごちそうさまでした! かがりびの夕食は「すき焼き」
たっぷりと戴きました。テントでの就寝は不安もなく爆睡。翌朝は気温が低かったが手際よく朝食を済ませ、飛竜山へ出発。時々見える富士山や雪山の景色に励まされて禿岩へ。ここは、今回一番の絶景!
数名の登山者と出会い飛竜山頂で休憩し、往路下山。テントを撤収し三ノ瀬駐車場まで林道を下った。

テスト

山行日:2020年月日

参加人数:男性名 女性名

ルート:

コース:

1日目(17日)
柏発(6:15)⇒三郷JCT(6:30)⇒(事故渋滞)⇒三鷹(8:10)⇒石川P(8:40/8:50)⇒初狩P (9:35/9:45)⇒勝沼IC(9:55)⇒三ノ瀬駐車場着(10:55) 食事・荷物振分作業 11:40発→将監小屋テント場(13:40)
2日目(18日)
将監小屋テント場発(6:15)→(休憩3回30分)→禿岩(8:35/8:45)→飛竜山頂(9:20/9:40)→禿岩(10:05)→将監小屋テント場(12:15/13:10)→(休憩1回10分)→三ノ瀬駐車場 (14:30/14:50)⇒のめこい湯(15:30/16:45)⇒青梅IC (18:00)⇒狭山(18:10/18:20)⇒新座(18:50)⇒柏IC(19:25)⇒柏GS(20:00解散) 歩行時間 6時間10分

報告:

テント泊訓練、2日間とも山行日和の好天に恵まれた。行きに交通渋滞があったが到着は予定の30分遅れ程度で済んだ。昼食後、荷物の振分作業をし荷物の収め方や膝を使っての担ぎ方を習った。
未経験者3名はこの時点でザックの重さに不安顔だが、将監小屋テント場目指して出発する。歩きやすい林道をゆっくりと進む。30分毎に休憩を取ったが徐々に両肩に重さを感じてくる。何とかテント場に着き設営。
ここで「川崎ハイキングクラブ(KHC)」精鋭の皆様としばし歓談。明朝、和名倉山へ向け出発との事。
KHCの皆様、楽しいお話しと美味しいサラダごちそうさまでした! かがりびの夕食は「すき焼き」
たっぷりと戴きました。テントでの就寝は不安もなく爆睡。翌朝は気温が低かったが手際よく朝食を済ませ、飛竜山へ出発。時々見える富士山や雪山の景色に励まされて禿岩へ。ここは、今回一番の絶景!
数名の登山者と出会い飛竜山頂で休憩し、往路下山。テントを撤収し三ノ瀬駐車場まで林道を下った。

西日本の百名山

山行日:2015年4月22日~5月1日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

4/22 九重山→4/23 祖母山→4/24 阿蘇山→4/25 霧島山→4/26 開聞岳→4/27 軍艦島→4/29 石鎚山→4/30 剣山→5/1 大山

報告:

3月末に定年退職して時間ができたので、西日本の百名山を登ってきました。
車で移動しかつ車中泊として効率的に回ってきました。途中、以前から行きたかった軍艦島にも寄ってきました。
今回、10日間でかつ広範囲の山行であったが、ここで威力を発揮したのが、スマフォとカーナビでした。
登山口、日帰り温泉、宿泊場所は事前に調べていきましたが、実際に行動してみると不都合がでてくるため、目的の場所をスマフォで調べて、カーナビに入力することで難なく見つけることができました。
また、「グレートトラバース ~日本百名山一筆書き踏破~」の田中陽希さんは、これを徒歩で歩き抜いており、改めですごい人だと実感しました。

4月22日 牧ノ戸登山口から久住山をピストン、登りやすい登山道である。山域全体を九重山と呼び、山は久住山、地名は九重町(ここのえまち)という。

4月23日 阿蘇の高岳に登る。噴火警報でロープウェイは休止している。当日も中岳火口から激しく噴煙が上がっており、風向きによっては、高岳も登れないことがあるとのことである。

4月24日 尾平登山口から宮原→祖母山→天狗岩分岐の周回コースを回ったが、山頂直下の下りは断崖の岩場が続くので要注意。最後の川上渓谷が気持ちよい。

4月25日 噴火警報で硫黄山ルートは立ち入り禁止のため、大浪池登山口より韓国岳(からくにたけ)に登った。大浪池を周回するコースが非常に眺めがよく、今回の山行では一押しであった。

4月26日 開聞岳に登る。1000mにも満たない山であるが、麓からの眺めは圧倒的である。当日は日曜であるため大勢のツアー客が登っていたが、登山ルートは一本しかなく、頂上も狭いため、混雑は必至であろう。私は早朝に登ったため遭遇することはなかった。

4月27日 軍艦島に上陸する周遊ツアーに参加した。
軍艦島は、長崎港から17.5キロメートル離れた島で、海底炭鉱を採掘していた。
明治20年に開鉱して昭和49年に閉山しているが、島は世界文化遺産として保存されている。
正式名称は端島(はしま)であるが、島の概観が軍艦に似ていることからこの名がつけられている。
南北に約480メートル、東西に約160メートルで東京ドームの1.3倍程度の土地に、鉱員とその家族5000人が生活していたため、住宅、学校、プール、病院、映画館などすべて揃っていた。

4月29日 ロープウェイを使って石鎚山に登る。登山道は階段ばかりで面白みがない。途中、鎖場が4箇所ある。
この鎖は難所だから付けたのではなく、“行場”として取り付けたのだそうだ。鎖の太さがなにせ大きい。

4月30日 見の越駐車場より剣山に登る。見の越までは40kmの山道を走ったが、その割には山行は3時間弱と物足りないコースであった。
石鎚山もそうであるが、四国の山は山深い。
四国から鳥取に移動のため瀬戸大橋を渡る。途中与島PAで大学4年生のヒッチハイカを乗せる。同じ千葉県ということで親しみがわくが、どうも無謀である。誰からも乗せてもらえなかったらパーキングに泊まるつもりだったとのこと。

5月1日 夏山登山口より大山に登る。階段と木道ばかりの登山道であったが、新緑が非常にすばらしく、北壁の断崖も圧巻であった。

1 83 84 85 86 87 101