?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

荒川三山

山行日:2019年8月23~26日

参加人数:男性3名 女性1名

ルート:

コース:

23日(金)
柏駅西口19:00⇒柏IC19:30⇒首都高⇒東京料金所20:50⇒新静岡IC22:50⇒畑薙手前P24:30(仮眠)
24日(土)【所要時間7時間10分】
P発5:00⇒畑薙ダム臨時P5:50 バス発7:15⇒椹島8:15(東海フォレストバス 3000円返金有り)
椹島登山口発8:30→樹林帯の中の登山道→千枚小屋着15:40
25日(日)【所要時間:10時間】
小屋発5:00→千枚岳5:50-6:00→丸山7:00→悪沢岳7:45-8:00→中岳避難小屋9:10-9:30→荒川小屋
10:50-12:00(昼食)→大聖寺平→小赤石岳14:00→赤石岳14:40→赤石避難小屋着15:00
26日(月)【所要時間:7時間】
小屋発5:00→赤石岳山頂→椹島分岐5:20(日の出)→急な下り坂→富士見平7:05-7:20→赤石小屋7:50-8:10→東尾根(大倉尾根)長い下り坂→椹島着12:00
バス13:00⇒畑薙臨時P14:00-14:10⇒白樺荘入浴(510円)15:15⇒新静岡IC17:10⇒雨・事故渋滞⇒東京料金所⇒首都高⇒柏IC21:10⇒柏GS解散21:30  【総走行距離:580㎞】

報告:

24日(土)快晴
畑薙ダム手前の臨時Pには既に多くの車が駐車しており、バス待ちの登山者も多い。臨時バスに乗り大井川沿いの悪路を1時間で椹島に着く。
ここは工事現場の基地か。大型重機、簡易宿舎が多く建設されており山奥とは思えない雰囲気である。
椹島神社の脇の登山口より登山開始。この先千枚小屋まで展望のない樹林帯の中を黙々と登る。登山者もあまり多くない。くたびれてきたころに千枚小屋に着く。まだ新しい小屋であまり混雑していない。外のテーブルでビールを飲みながら歓談する。
25日(日)快晴
早朝より快晴。主稜の縦走路を歩く。千枚岳まで登ると360°の展望が開ける。この先悪沢岳、赤石岳を見ながらの快適な3000m級の縦走路を進む。
悪沢岳山頂手前は大きな岩がゴロゴロしている。これを登ると頂上に着く。展望が素晴らしい。十分展望を楽しんだ後、中岳避難小屋経由で荒川小屋を目指す。
この付近高山植物が美しい。一旦かなり下った所に小屋が有る。ここで昼食後、目前に迫る赤石岳を目指す。途中の大聖寺平は広々とした気持ちの良い所である。一休み後一気に赤石岳山頂を目指す。赤石岳山頂はさすがに迫力がある。眼下に避難小屋が見える。山頂を十分味わった後避難小屋に向かう。
ここも快適な小屋であった。同宿のメンバーとお酒を飲みながら和やかに歓談する。至福の時間である。小屋の主人と女性の方の話とハーモニカが良い思い出となった。ここも混雑せずにゆっくりすることができた。小屋では簡単な食事(レトルト食品)は提供している。
26日(月)快晴
早朝赤石岳に登る。雲海の中東の空が明るくなってくる。絶景である。椹島分岐の付近で日の出を迎える。赤石岳がその名の通り赤く染まる瞬間である。
雄大な赤石岳を右手に見ながら急な登山道を下る。赤石小屋までかなりきつい所もある。ここで一休み。
この先も長い下り坂を下り椹島に着く。ここで1時間ほど休みバスで畑薙Pに向かう。帰りは白樺荘で温泉に入りさっぱりして柏に帰る。
天候に恵まれ、南アルプス核心部の荒川三山縦走を十分に楽しむことができた。

谷川岳主稜縦走

山行日:2019年8月4,5日

参加人数:男性2名

コース:

8/4
柏 1:30⇒青梅⇒月夜野IC⇒5:15 平標山登山口P・・・7:06 元橋BS⇒(バス)⇒越後湯沢駅 8:13⇒(電車)⇒8:38 土合駅・・・9:15 土合口⇒(RW)⇒9:40 天神平・・・谷川岳(7:42 トマの耳、8:13 オキの耳)・・・14:00 肩の小屋(泊)
8/5
肩の小屋 3:30・・・万太郎山・・・12:00 仙ノ倉山・・・平標山・・・平標山の家・・・16:00 登山口P⇒雪ささの湯⇒(往路戻り)⇒青梅⇒22:00 柏

報告:

・両日とも晴天、酷暑。飲料水を4ℓ持参したが、最後ほとんど残らなかった。
・谷川岳と仙ノ倉山の区間は、長く、アップダウンが厳しい。また登山道が稜線の為、日差しを遮る樹木が無い。そのため、3時30分に肩の小屋を出発したが、仙ノ倉山到着が12時になってしまった。縦走は涼しい時期に実施すべきだと痛感。
・スマホ充電器を持参したが、スマホと充電器を繋ぐコードを間違っ為、スマホがバッテリー切れを起こした。山行前に必ずチェックする必要があると反省。

白馬岳~朝日岳

山行日:2019年8月1~4日

参加人数:男性4名

ルート:

コース:

1日(木)
柏西口発18:00⇒外環道⇒関越道⇒藤岡JCT⇒上信越道⇒更埴JCT⇒長野道⇒安曇野IC22:15⇒R147⇒道の駅白馬着23:10(仮眠)
2日(金)【所要時間:7時間】
道の駅4:30⇒猿倉駐車場着4:50  猿倉登山口発5:50→白馬尻小屋6:50-7:00→大雪渓→岩室跡10:00→白馬頂上山荘12:20→白馬山荘着12:50
3日(土)【所要時間:8時間10分】
山荘発6:00→白馬岳頂上6:15-6:30→三国境7:00→雪倉避難小屋8:30→雪倉岳山頂9:20-9:45→燕岩→水平道分岐12:15-12:30→朝日小屋着14:10
4日(日)【所要時間:8時間20分】 【総歩行距離:30㎞】
小屋発5:30→朝日岳山頂6:30-6:35→吹上のコル7:00→五輪尾根→花園三角点→二度河を渡る→兵馬の平→蓮華温泉着(1470m)13:50 (入浴)
蓮華温泉発(362㎞)14:50⇒途中昼食⇒糸魚川IC16:35⇒北陸道⇒上信越道⇒藤岡JCT20:00⇒関越道⇒柏IC22:00⇒柏駅22:30 解散 【総走行距離:780㎞】

報告:

1日(木)晴れ、暑い
道の駅には既に多くの車が駐車していた。テントで仮眠したが一晩中トラックの騒音であまり眠れなかった。白馬周辺に行くにはちょうど良い道の駅である。
2日(金)晴れ、暑い
猿倉駐車場に早く着いて良かった。既に8割程度駐車していた。準備をして出発。登山者が多い。白馬尻小屋より大雪渓が始まる。なかなかのものである。
大雪渓が終わってからの急登の2時間が暑さのせいもありきつかった。頂上小屋で一休み。その後広々とした尾根道を白馬山荘へ向かう。周囲の眺めが雄大である。ほぼ予定通りの行程で白馬山荘に着きゆっくりする。
山荘はかかなり混雑していたが、一人布団一枚でゆったりすることができた。
3日(土)快晴、暑い
今日も朝から快晴、暑くなりそうである。白馬岳山頂で周囲の景色を満喫した後朝日岳に向かって縦走を開始する。
前方に雪倉岳を見ながらの快適な縦走である。三国境を過ぎると登山者も少なくなる。
雪倉岳から朝日小屋までのルートは暑い中一旦下って登り返しと言うキツイコースであった。さすがに朝日岳周辺はこの暑さにも係わらず残雪があり雪深さを感じさせられた。水平道を過ぎると朝日小屋が見えてきてほっとする。いい所に建っている。現在もう一棟増築中で来年からは利用できそうである。噂の朝日小屋はこじんまりした小屋で本日の宿泊は100人くらいか。ここでも比較的ゆっくりできた。夕食は噂通りの豪華なものであった。同室の山口県よりの登山者と群馬、栃木からの登山者との話が弾む。
4日(日)快晴、暑い
長かった縦走も今日で終わりである。朝の涼しい内に朝日岳に着く。周囲は素晴らしい眺めである。続々と他山者が登ってくるため、早々に出発する。快適な下りを吹上のコルまで行く。
ここからは林の中の急な下りが続く。途中大きな河を2度渡ると最後の登りになる。途中の兵馬の湿原は高山植物が咲き乱れ見事なものであった。
やっとの思いで蓮華温泉に着く。ここの熱い温泉でさっぱりして帰路に着く。暑さのためきつかったが満足できた山行であった。

宝篋山

山行日:2019年7月30日

参加人数:男性4名 女性2名

ルート:

コース:

小田休憩所(6:35出発)→(7:25)葛城の滝(7:30)→(8:00)尖浅間山山頂(8:10)→(9:00)宝愜山山頂(9:30)→城跡・山桜群生地通過→(10:20)カシワニ岩・ハート岩(10:25)→小滝の連続・五輪塔通過→小田休憩所(11:15着)

報告:

(新人歓迎とお試し山行)
駐車場は平日のためか空きは多かった。梅雨も明け気温も上がり蒸し暑さで早々に汗をかきながら田園風景を眺めながら常願寺コースを緩やかに登りはじめ1時間ほど歩いたところから、長々坂をゆっくりと登る、湿度、気温も高く多くの汗をかき、水分補給をこまめにしながらゆっくり進む。
山頂は広く、椅子も沢山ありゆっくりと皆でコミニュケーションを図ることができた。筑波山はあいにく霞んでおり山頂は見えなかった。霞ヶ浦を見渡し、ヤッホーの声掛けで、極楽寺コースへと下山、きれいなバイオトイレもあり城跡、富士山岩、ハート岩、涼しげな小滝の連続を足元に注意しながら見て田園風景へと下りてきた。
登山後はつくばウエルネスパークで一風呂浴びて坂東太郎で昼食、国土地理院により日本一周、測量用飛行機(くにかぜ)に乗って、写真撮影で帰宅、盛りだくさんで楽しい歓迎山行でした。
*とても暑い日で、登りはキツかったですが、先輩の皆様のおかげでとても楽しい山行でした。水も1.5ℓ持って行きましたが、下山途中で飲み干し高橋さんに氷入りの水をいただき元気に下山できました。下山後も入浴、味噌煮込みうどん、日本列島空中散歩と盛りだくさで、また行かねばと思いました。(D)
*久しぶりの山行と初めての山でワクワク、ドキドキしましたが、リーダーさんをはじめ皆さんの温かいお・も・て・な・しでとても楽しく、参加することが出来ました。やっぱり山は良いですね。国土地理院も測量飛行機の見学や日本列島を見て楽しさも倍増しました。これからも皆さんと楽しい山行が出来る様日々訓練したいと思います。解からないことも多いですが、これからもよろしくお願いします。(N)

白馬三山 不帰嶮 唐松岳

山行日:2019年7月29日~8月1日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

7月29日 夜行バス
7月30日 0600栂池高原⇒0700ゴンドラ⇒ロープウウェイ0800→1000乗鞍岳→1100白馬大池1120→1250小蓮華山1315→1435白馬岳1450→1515頂上宿舎 テント泊
7月31日 0430頂上宿舎→0520杓子岳0540→0630白馬鑓ケ岳0650→0730天狗山荘0745→1100不帰嶮→1230唐松岳1245→1300唐松山荘 テント泊白
8月1日 0600唐松山荘→0740八方山0800→0820ゴンドラ⇒0920  八方の湯 バスで帰柏

報告:

「不帰嶮に行きたい」ここ数年、ずっと抱いていた。白馬岳も唐松岳のおまけ。自分の中では、土日は混んでいてパス、混んでいる小屋泊もパス、これは譲れなかった、結果ソロでのテント泊となったわけだが、もうテント泊装備でひとりでは行きたくないな、このルート。
唐松から白馬のコースのほうが多いが、重いザックを背負って下り基調は無理と判断して逆ルートにした。
夜行バスはゆったりシートとはいえやはり眠れない。寝不足と暑さで熱中症になる。栂池から白馬大池までは晴れていたが、小蓮華山から白馬岳はガスで展望もなく、気分も悪いので足早にテント場まで向かう。風も強く星も見えずに朝を迎えた。
2日目はいよいよ不帰キレット。晴天の中出発したが、1時間もしないでガスガスと強風に変わる。杓子岳、白馬鑓岳山頂も展望ゼロ。天狗の大下りはかなり緊張した。そして不帰嶮を目の前にして一気に心拍数が上がる。誰とも会わない中、絶対に怪我できないし滑落できない。三点支持をしっかりすれば危険なルートではないが、とにかくザックが重い!!!!自分の登るルートを確認してゆっくりと登る、風の音も鳥のさえずりも聞こえない、聞こえるのは自分の心臓の音だけ。途中雷鳥が目の前を歩き、癒される、何度も深呼吸しながらようやく通過することができた。唐松山荘から見た夕日は最高だった。
最終日は、八方へ下るだけ。数年前に同じルートを逆に歩いたが、その時はガス。八方池から見える白馬三山はこんなに素晴らしいのかと感動しながら下山した。

宝篋山

山行日:2019年7月20日

参加人数:男性8名 女性4名

ルート:

コース:

小田休憩所(7:30出発)→(7:45)展望台(7:50)→(8:00)富岡山山頂通過→(8:10)堂平通過→(8;45)硯石通過→(9:00)下浅間神社展望台(9:10)→(9:30)宝篋山山頂(10:10)→(10:40)ワニ岩(10:50)→(11:22)五輪の塔通過→小田休憩所(11:30着)

報告:

宝篋山はよく整備された山で、登山口には駐車場もあるが、近年、人気の山となって、駐車場がすぐ一杯になるが、当日は、何とか駐車出来た。
梅雨の真っ最中にも関わらず、薄日のさすまずまずの天候で、宝篋山をゆったりと楽しむことができた。湿度が高かったため、みな汗をかいたので、先日来の熱中症対策の机上研修に従って、イオン、水の補給に気を付けた。
小田城コースは緩やかな起伏が続き比較的登りやすく,途中には、景色の良い下浅間神社があってうっすらと牛久大仏が見えたか、見えなかったかくらいであったが、眺望を楽しめた。宝篋山山頂からも、霞ケ浦を見渡すことができたが、筑波山の山頂部は雲の中であった。
下りの極楽寺コースは小さな滝がいくつもあり、涼やかな谷沿いのコースを楽しむことができた。
登山後は、つくばウェルネスパークで一風呂浴びて、坂東太郎で昼食、国土地理院に寄って、日本一周後に、帰宅するという盛沢山の歓迎山行でした。

1 85 86 87 88 89 129