?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

谷川岳

山行日:2014年12月20,21日

参加人数:男性5名 女性1名

ルート:

コース:

12/19(金)
柏(2:30)→関越道 水上IC(24:25)→ロープウエイ駐車場(25:00)→仮眠(26:00)
12/20(土)
起床(5:15)→朝食(7:00)→ロープウェイ(7:50)→行動開始(8:15)→天神尾根(9:30)→テント等設営、A氏下山(12:00)、昼食とA氏合流(14:30)、就寝(17:30)、フライが暴風雪で破損(23:30)、ニ次会開始(24:00)
12/21(日)
起床(6:30)、朝食(7:30)、テント撤収(8:30)、下山開始(10:00)→ロープウェイ乗り場着(10:30)→駐車場発(10:30)→ユテルメ谷川(12:00)→ユテルメ発(13:00)→関越自動車道 水上IC(13:10)→柏 着(16:00)

報告:

1日目 曇り時々晴れ
テント、スコップ、食材など共同装備を分担すると一人15k~20kとなりザックはパンパン、リーダはなんと24kを担いでいる。
まずは新雪をツボ足でラッセル、急坂なので思うように進まない。途中で輪かんを装着するも、雪上での装着にてこずる。
スキー場を見下ろす天神尾根に到着、積雪250cmである。 ここにテント設営することにし、床を平らにして踏み固める。 テントを固定するペグは自作の竹ペグを雪の中に横にして埋め込む。
外張シートの竹ペグが不足のためプラスチックペグを代用したが、縦に差し込んだだけにしたため、後でのシート破れの原因となる。
その後、トイレ用の穴を堀り、風避けとしてテントの周りをスノーブロックを組んだが、雪がやわらかいため、切り出せず、雪の塊を積み上げた。
最後に、夜間のビバーグ訓練用に、ひとつはツェルトに包まるだけの穴と、もう一箇所は更地にツェルトを設営して、中で風雪をしのぐ訓練用にと2箇所の場所を設営した。
その後、遅い昼食と夕食を兼ねた寄せ鍋で宴会をしていると、風雪が強くなりとてもビバーグ訓練どころではなく、早々と寝袋に潜りこむ。
夜になりますます風が強くなり、テントは大揺れ。 その内外張破れが発生し、ペグ固定をやり直し、ツェルトに入れていたザックがむき出しとなっていたため、ツェルトで包みなおした。 テントに戻りビバーク訓練用防寒酒で暖をとるも、風は強まるばかり(多分風速20~30mか)、どうなることかと気を揉むも、このテントはエベレスト登山でも使われているとのことで少しは安心できた。

2日目 曇り
天候は下り坂との予報で早々に下山することとなった。
テント撤収では、竹ペグのひもが凍ってほどくのに苦労する。新雪の中をリーダが先導し、無事下山。
今回、予定していたビバーグ訓練や雪洞訓練はできなかったが、今まで訓練したフラット歩行、ラッセル歩行、輪かん歩行の実地経験ができた。 でも強風雪の中でのテント泊という貴重な経験をすることができた。
下山後は湯テルメ谷川にてゆっくりと温泉につかり汗をながした。 帰りは渋滞もなくスムースで夕方に柏着となった。

蕎麦粒山・川苔山

山行日:2014年12月13,14日

参加人数:男性5名

ルート:

コース:

13日(土)
柏(6:10)⇒新松戸⇒西国分寺⇒立川⇒青梅 ⇒奥多摩着(9:07) バス(9:35)発⇒東日原(10:10)
東日原発(10:25)→一杯水避難小屋(13:10)-(13:40) →天目山(14:05)-(14:20)→避難小屋着(14:40)
14日(日)
起床(5:00)-(7:20)発→蕎麦粒山(8:35)-(8:55) →川苔山(11:10)-(11:30)(外気温0℃、小雪) →赤杭尾根→赤久奈山→古里駅(14:30)  所要時間 7時間10分
古里駅発(14:51)⇒青梅⇒立川⇒西国分寺 ⇒新松戸⇒柏着(17:20)

報告:

13日(土)
柏(6:10)⇒新松戸⇒西国分寺⇒立川⇒青梅 ⇒奥多摩着(9:07) バス(9:35)発⇒東日原(10:10)
東日原発(10:25)→一杯水避難小屋(13:10)-(13:40) →天目山(14:05)-(14:20)→避難小屋着(14:40)
14日(日)
起床(5:00)-(7:20)発→蕎麦粒山(8:35)-(8:55) →川苔山(11:10)-(11:30)(外気温0℃、小雪) →赤杭尾根→赤久奈山→古里駅(14:30)  所要時間 7時間10分
古里駅発(14:51)⇒青梅⇒立川⇒西国分寺 ⇒新松戸⇒柏着(17:20)

鐘撞堂山

山行日:2014年11月30日

参加人数:男性5名 女性8名

ルート:

コース:

柏駅6:32→日暮里→池袋7:30(東武東上線快速急行)→小川町8:31→分着寄居駅→8:52 寄居駅
寄居駅9:05→9:55大正池10:15→10:30円良湖分岐→11:15鐘撞堂山頂上11:45→12:20円良田湖→12:35羅漢山→12:55少林寺→13:30波久礼駅前 所要時間3時間35分
レストランで昼食後、秩父鉄道波久礼駅15:21→16:45東武伊勢崎線羽生駅→17:28久喜~ 春日部→18:10柏

報告:

前日の雨が止み曇り空。寄居駅でT氏と合流して途中コンビニに立ち寄り登山口を目指す。 なだらかな山並みの沿道に無人販売所があった。無造作に並ぶ野菜に季節感があり、その土地らしさを発見。
民家もまばらになってくると大正池に到着。
東屋が設けられてここで、最初の読図訓練を行う。(その後5ヶ所で読図訓練をする) 山道を登ると竹炭を作る工房と小さな耕作池がある。雑木林に入ると足元は、さくさくと落ち葉の感触が心地よい。急な石段を登れば鐘撞堂山に到着。
山頂は広く東屋があり展望台がありました。東屋でお汁粉を作りました。温かいお汁粉、沢庵、奈良漬けは美味しかったです。 林道をたどって谷沿いを緩やかに下って行くと円良田湖に出る。羅漢山の登り口があり木段の道を登ると釈迦像の置かれた羅漢山の頂上に出た。
少林寺に下る迄に510体余りの羅漢像が並ぶ。それぞれ表情やしぐさがユニークで、ついじっくり見入ってしまいました。
下山後、予約してあったイタリアンレストラン「金太郎」での昼食はとても美味しく感じられました。

大山

山行日:2014年11月19日

参加人数:男性2名 女性1名

ルート:

コース:

千代田線柏発6:18⇒6:33松戸⇒千代田線⇒伊勢原 伊勢原駅バス⇒9:00大山ケーブル駅バス停
バス停出発9:10→男坂経由→阿夫利神社下社(10:10)→見晴台(10:43)(11:05) →山頂(13:00)(13:28)→阿夫利神社下社(14:05)→(30)バス停付近(15:00) 歩行時間5時間50分(休憩を含む)

報告:

平日なのに伊勢原の大山ケーブル駅には信じられない位の大勢の登山者。増便が出ました。
準備して出発、男坂を選ぶ。突然の急傾斜の階段が続く。神社の下社へのお参りは下山時に任せて見晴台への水平道に入る。
紅葉が見ごろだった。大勢の登山者を見かけた。殆どが定年後の人生の秋を楽しむ人々。見晴台でコーヒーとお菓子を楽しむ。曇り日ながら眼下には伊勢原市内の町並み、相模湾が見える。海と空の境界が不鮮明ではある。
ちょっと汗をかいた頃に頂上に到着。大勢の登山者で賑わっていた。この頃には雨が降り出した。屋根の下で昼食。
ちょと休んだ後に雨具を着て下社を目指して下山。雨に濡れた岩が滑るのではないかと思い、慎重に歩いた。
下社でお参りし、それぞれのお願いをした。雨が降るので、ケーブルでの下山も考えたがまだ歩き足らないリーダーの提案で女坂を歩いて下山した。 紅葉したもみじが雨に濡れて輝いて見えた。
下山後に豆腐屋さんでお祝いの乾杯。楽しい1日を感謝しました。

日向山

山行日:2014年11月9日

参加人数:男性5名 女性6名

ルート:

コース:

11月8日 柏駅西口14時発→常磐道→中央道→小淵沢IC→別荘泊
11月9日 別荘発6時43分→矢立岩登山口駐車場(7:15)(7:35)・・・・途中休憩(8:20)・・・日向山山頂(9:12)(9:45)・・・ 矢立岩登山口駐車場(10:50)(11:00)→尾白の湯べるが入浴&食事→白州ウィスキー工場見学・・・・小淵沢道の駅・・・・小淵沢IC→中央道→常磐道→帰柏
(歩行時間 約3時間25分)(休憩時間を含む)

報告:

白砂の頂きから南アを望み、風化した花崗岩の奇岩群の風景に驚きました。

昼2時に柏駅に集合、 順調に走って、別荘に到着。大きな材木で囲まれた「ログハウス」だった。 早速、宴会の準備を始める。別荘なので水道、ガス等が完備されているのが嬉しい。 具沢山の海鮮鍋が美味しそうに完成。その他注し入れのおつまみや漬物が次々に出現。食事する場所は掘り炬燵。 楽しい食事が終了し、2Fで睡眠した。各自持参したシュラフに入った。 床は板だが適度なクッションがあって柔かく手触りが温かく快適であった。
翌日は雨の予報。重そうな雲の下を車を走らせて登山口に到着。九十九折の車道の車窓には紅葉が美しかった。 尾根道の往復にコースを変更した。順調に登る。全く危険のない緩やかな登りだった。確か、花崗岩の素晴らしい景色だと思ったが何も無く頂上に到着。 頂上の反対側の眼下には風化の進んだ花崗岩の奇岩群、白い不思議な光景が拡がっていた。頂上でコーヒータイムを楽しんで、大満足な全員でした。 その後軽快に下山しました。
尾白の湯で入浴、ランチ
白州のウィスキー工場見学、ウィスキーの精製過程は成るほどと思わせる説明、試飲し、買い物しました。工場の広大な敷地の紅葉がとても美しかった。
小淵沢の道の駅に立ち寄り、お土産を購入。
小淵沢インターから高速に入って帰宅しました。

甲州高尾山

山行日:2014年11月6日

参加人数:14名(シリウス山の会:6名(幹事)、かがりび山の会:3名、松戸山の会:4名、松戸山翠会:1名)

ルート:

コース:

柏発5:39⇒新松戸⇒西国分寺⇒勝沼ぶどう郷8:39⇒タクシー⇒大滝不動尊9:00
不動尊発9:15→尾根10:00→棚横手山10:30→尾根10:55→富士見台11:00→甲州高尾山11:30/12:00→五所神社13:18→旧大日陰トンネル14:00/15→ 勝沼ぶどう郷駅14:20/15:15⇒西国分寺⇒新松戸(解散)

報告:

柏駅ホームで我孫子から既に乗車しているメンバーと合流する。新松戸で他会11人のメンバーと武蔵野線にのる。
勝沼ぶどう郷駅から予約済みのタクシー(1台/2080円)に乗り大滝不動尊に着。 不動尊の急な石段を登ると大滝が望める。水量が少なく迫力に欠けるが見事な大滝である。
稜線に出ると視界が開け、ぶどう畑の扇状地から甲府盆地までが眺められ紅葉もなかなかである。
棚横手山は視界がないがコースの最高峰なのでピストンする。高尾山までは快適な稜線漫歩を楽しむ。
澄んだ空気の中、南アルプス、奥秩父の山並み、遠くには八ヶ岳も見える。富士山は台風の影響で残念ながら雲の中。
高尾山で昼食と最後の眺望を楽しみ、急傾斜を下る。五所神社から回り道をし、鉄道遺産の旧大日影トンネルを駅まで歩く。駅でビールで乾杯。
かがりび山の会メンバ感想
交流担当のPちゃんの代理でCLを務めました。台風の影響を心配しましたが、まずまずの天気で快適に紅葉を楽しみました。
新松戸で打ち上げ会に参加し他会と懇親を深めました。(Hさん)
山歩きを楽しむ人と会話が弾み、頂上からは南アルプスと甲府盆地の市街地を眺め、紅葉の稜線を歩きススキの原を通り、秋を満喫した山行でした。(Yさん)
眼前の黄紅葉に癒され近くの稜線は最高、遺産のトンネル1400mは立派に保存され奥のぶどう倉庫は今も現役、盛秋の山稜景色と合わせ秋を満喫し白ワインで乾杯。(Sさん)

旧大日影トンネルの前にて全員集合写真

1 88 89 90 91 92 103