?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

奥久慈男体山~月居山

山行日:2020年11月21日

参加人数:男性1名 女性3名

ルート:

コース:

マミーマート柏根戸店4:05⇒谷和原IC⇒那珂IC⇒6:00袋田駅6:35⇒6:46西金駅6:55⇒7:10大円地

大円地7:10→(80)→8:30男体山8:50→(55)→9:45白木山分岐9:50→(85)→11:15第2展望台11:20→(10)→11:30第1展望台(鍋転山)11:50→(40)→12:30月居山12:45→(40)→13:25生瀬滝→(10)→13:35袋田の滝吊り橋→(10)→13:45依田屋14:00→(40)→14:40袋田駅  行動時間:6時間10分、所要時間:7時間30分

袋田駅15:00⇒15:45八溝山展望台・日輪寺16:15⇒那珂IC⇒谷和原IC⇒19:30マミーマート柏根戸店

報告:

天気は晴れ。風は強かったが、11月下旬にしては暖かい日で降霜も無く、暫くまとまった降雨も無かったため、ぬかるみも無く、歩きやすい日だった。
袋田駅の駐車場に車を置き、西金駅へは鉄道を利用、西金駅から登山口(大円地)までは予約しておいたタクシーを利用した。
登山口を出るとすぐに健脚コースと一般コースの分岐がある。今回は健脚コースに挑む。最初から比較的急勾配な登りとなる。中盤以降は岩登りの鎖場が続く。どこを掴もうか、どこに足を置こうか、試行錯誤しながらの登り。途中、展望に励まされ、ひたすら登ると男体山に到着。筑波山、日光男体山、那須連山、富士山も見える素晴らしい展望が待っていた。
男体山を出て、一度下り、また登ると稜線上に出る。展望や紅葉を味わいつつ進む。鍋転山で一服後、月居山への下りと登り。ここが急勾配で、落葉で滑りやすい足元に気を付けながら下り、疲れた手足に鞭を打って登る。
到着した月居山はモミジの紅葉が特に美しかった。その後、急な階段を一気に下り、縦走締めくくりのご褒美は生瀬滝と袋田の滝、そして柚子味噌団子。最後は暖かな陽ざしの中、袋田駅まで歩いた。
岩登り、急な登り下り、縦走、紅葉、と充実した一日だった。

奥久慈男体山~袋田の滝

山行日:2020年11月17日

参加人数:女性3名

ルート:

コース:

報告:水郡線西金駅に駐車[8:40]
西金駅[9:00]→湯沢[9:20]→大円地P[10:00]→コース分岐[10:20]→男体山[11:20]→袋田・白木山分岐[12:30]→第二展望台→鍋転山[13:30]→男体山登山口の碑[14:00]→月居山峠[14:25]→袋田の滝[15:05]→袋田駅[16:00]→西金駅
コースタイム6時間00分、歩行時間7時間

報告:

柏インター6時に通過、早朝なので順調に走って予定よりも早めに西金駅に到着。準備して出発。
朝は元気。コースは予定通り健脚コース。何度来ても良い山だと思う。11月なのに朝日が後頭部に当たり、暑すぎて辛い。楽しみの岩場が辛く感じる。男体山では数人に出会う。殆どが一般コースからの登山者らしい。縦走路に入ってホッとする。
紅葉が美しい。白木山分岐でちょっと休憩。次の第二展望台までの距離が長い。第二展望台までは90分かかった。鍋転山でちょっと長い休憩。月居山の登りは急坂で喘ぎ喘ぎ登る。頂上はかつての山城らしい。少し平な地形、紅葉が見事。
急坂を下りて、袋田の滝方向に進む。少し階段を登る。その後階段を延々と降りる。膝が痛くなる頃に袋田の滝が上から見えた。雨が少ないせいか、水量が少なかった。バス停まで歩き、タクシーを呼んで、袋田駅に到着した。水郡線で西金駅まで戻った。

杓子山、石割山

山行日:2020年11月14,15日

参加人数:女性単独

ルート:

報告:

UTMF(ウルトラ トレイル マウント フジ)のコースを歩く。
2012年に始まった富士山周辺の約170キロのコースを走るウルトラトレイルマラソンレース。当時トレイルレースをかじっただけの私には夢のまた夢のレース。一部だけでもいいからどんなコースなのか歩いてみたいと計画した。
一日目。早朝から仕事の電話で出発が予定より遅れる。すぐにエグい階段が待っていた。朝霧高原の階段並みの辛さ・・・・程なく石割神社に着きお参りしてから山頂を目指す。山頂からは富士山がどーんと見える(この日のコースはずーっと富士山が見えるのだが)。
時計回りにするか逆にするか悩んで時計回りにしたが、後半の疲労を考えたら私の選択は失敗であった。気持ちの良い稜線が続き長池山を過ぎて一度忍野村に下りる。一般道を1時間半歩いて、高座山、杓子山へ向かう鳥居地峠にぶつかる。高座山の登りがひどい、直登なのだ、傾斜もかなりあり、一旦転んだらどこまでもごろごろと転がっていく、そんな感じ。汗がぽたぽたと流れ落ち、一気に頂上へ。
ここで昼食を取りちょっとのんびりする。そこから杓子山までもなかなか大変で、山頂到着時はかなりバテていた。山頂で数名の登山者と会話をして、自分はこれから石割山まで行かなくちゃいけないと話すと、皆、口をそろえて「明るいうちには無理でしょう・・」と。行くも地獄、戻るも地獄となってしまった・・・・ヘッデンもあるし、行くしかないでしょってことで、杓子山からは景色も見ずに速足になる。なんとか日没前には帰ってくることができた。
0630駐車場→0730石割山→0830大平山→0850長池山→1010鳥居地峠→1115高座山1145→1230杓子山1250→1420二十曲峠→1520石割山→1600駐車場

2日目。パノラマ台に駐車し鉄砲木ノ頭へ向かう。山中諏訪神社奥宮が祭られていた。その後高指山を目指す。この間のトレイルは非常に快適であった。
目の前には御正体山が座っており、右手は丹沢の山々が見える。ピストンするのもつまらないので、高指山から別荘地経由で一般道へ下ることにした。
0620パノラマ台→0655鉄砲木ノ頭→0800高指山→0920駐車場

二日間とも快晴。ヘルメット被っての登山が多かったので、緊張感もなくのんびりと山を楽しむことができた。

四阿屋山

山行日:2020年11月14日

参加人数:男性5名 女性5名

ルート:

コース:

柏(6:00)→柏IC→花園IC→薬師の湯駐車場(8:30)
駐車場出発(9:00)→登山口(9:05)→小ピーク(9:45)→両神神社奥社(10:30)→四阿屋山山頂(10:50)→つつじ新道分岐(11:10)(11:30)→両神神社奥社(11:45)→薬師コース入口(12:25)→道の駅(12:55)
道の駅出発(14:05)→柏のガソリンスタンド(16:30)

報告:

予定どうり6時に柏駅を出発、花園ICに8時に通過、道の駅には8時半に到着。もう一台の到着を待って準備して出発。
神社の前を通って、登山口に入る。中国風のお寺の門が私達を出迎えてくれました。少し登ると、小さなピークに到着。所々紅葉している木々が美しい。両神神社の奥の院に着く。そこから頂上付近は岩場、鎖場が続きちょっと緊張した。
頂上からは秩父の名峰、両神山の立派な山容が見えた。記念撮影後に頂上は狭いので、ちょっと下山してつつじ新道分岐付近でランチ休憩。山居方向に下山する。その後薬師コースを下山して道の駅に戻った。
道の駅には薬師の湯が併設されていて、ゆっくり入浴後に帰宅した。帰りは時間が早かったせいか順調に走って、4時過ぎに柏ICを通過した。

雨巻山

山行日:2020年11月9日

参加人数:男性2名 女性2名

ルート:

コース:

柏駅(6:05)⇒大川戸駐車場(8:20)
大川戸登山口(8:35)→清滝分岐→足尾山(9:30)→御嶽山(9:50)→峠分岐(10:20)→猪転ヶ坂(10:45)→雨巻山山頂(11:20)→展望台(11:30)→雨巻山山頂にて山ご飯(11:35~12:40)→山頂出発(12:40)→三登谷山(13:40)→大川戸登山口(14:35)
大川戸駐車場(14:50)⇒道の駅二宮(15:40~16:00)⇒柏駅(18:10)

報告:

当日は天候に恵まれ、ハイキング初級者コースで歩きやすく楽しむことが出来ました。
途中小さな岩場もあり安全確保をして登りましたが、猪転げ坂は比較的楽に通過することが出来ました。
雨巻山で山ご飯を作りました。メニューはアクアパッサ、ポルチーニ茸クリームソースのニョッキ、フランスパンとフルーツです。おいしい山ご飯を皆で頂き、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
三登谷山からは展望が良く、遠くにスカイツリーが望め感動しました。時折り出会うミヤマシキミの赤い実が私達を歓迎しているようで、楽しく尾根歩きが出来た今回の山行でした。

二子山、焼山

山行日:2020年11月7日

参加人数:男性2名

ルート:

コース:

芦ヶ久保駅10時集合、10:15発→11:45雌岳→11:55雄岳(展望所)(昼食)12:20/12:50→焼山13:40/45→雄岳14:20→雌岳14:30→水場15:00/05→下山15:35道の駅、16;35発急行池袋行にて帰宅。 所要時間5時間20分(歩行時間4時間)

報告:

私は9時半に集合駅着。定刻出発。小さな尾根を越えると兵の沢沿いの登山道に入る。2度少ない水の渡渉をすると水場だ。帰りに飲んだこの出水はとても冷たく美味かった。
随所に設置してある学習板を横目に徐々に傾斜がきつくなる。雌岳、雄岳其々の直下はロープも複数個所張ってあり、その手前で小学生と犬を連れた母親が二子山まで行けるか思案中であった。
頂上はやや木々に囲まれていたので、2~3分移動し展望所へ。超良好なビューでこの先の焼山までの稜線がはっきり見えていた。ここで絶好の展望をおかずに昼飯だ。
その後一本道で歩きやすく狭くない尾根を下り、登り返して焼山着。狭い頂上だが展望はバッチリである。ここで一人の若者が武川岳方向から来た。伊豆ケ岳から5時間掛けて縦走して早く芦ヶ久保へ下山したいと笑っていた。
我々もすぐに引き返し、下山開始。往路では余り使わなかったロープを活用、ここ以外難路は無くほぼ予定どうりの時間で下山した。

1 2 3 59