?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

小笠原諸島(千尋岩・乳房山・小富士)

山行日:2023年3月14~19日

参加人数:男性1名 女性1名

報告:

東京都小笠原村は東京から1000km離れた海洋島、おがさわら丸24時間乗船が唯一の交通期間です。
小笠原の固有種、絶滅危惧ヒロベソカタマイマイが、世界遺産登録の大きな要因ですが、絶景の島として人気があります。
3月14日~19日「小笠原諸島を歩く6日間」ツアーに参加、8名の参加者と世界遺産の島を歩きました。
絶滅危惧種や固有種が保護され、認定ガイド付き者のみ入山可能となります。登山口では靴底の洗浄、人数確認も実施しています。
14日11時竹芝桟橋出発、15日父島二見港11時着、小船に乗換え30分程乗船して南島へ上陸しました。1日100人限定の入島、断崖の船着き場に接岸、潮流などの条件により上陸が出来ない日もあるそうです。20分程で小笠原一番人気の岩がアーチ型にくり抜かれたボニンブルの扇池へと着きました。白浜には千年以上昔のカタツムリの化石が散乱、5月頃は海鳥やウミガメの産卵地となるそうです。2時間程滞在して父島へ戻りましたが海上にはホエールウォッチングの白波が大きく揺れ、雨具を着込み対応しました。
父島の赤色ハート型の岩礁のハートロックも美しく望め、明日に期待が膨らみました。
16日快晴、千尋岩登山口で入山準備を整え出発、亜熱帯植物が生い茂り、ガジュマルが行くてを阻む森、戦争痕跡が点在する登山道の先が断崖絶壁の赤土のハートロックでした。穏やかなボニンブルーに点在する小島を望むパノラマ、心地よい風と共に忘れられない絶景でした。
夜はナイトツアーで、固有種のオガサワラオオコウモリの生態観察へ出掛けました。
翌朝は、ははじま丸へ乗船、2時間で母島沖港へ到着、昼から小笠原最高峰の乳房山を目指しました。やはり亜熱帯植物が豊富ですが登山道は明確で歩き易く、山頂付近は鉄梯子や階段も多くありました。海に突き出す山頂撮影ポイントも植物に囲まれていました。
母島で1泊して最終日は都道最南端に位置する小富士を登りました。日本で初日の出が一番早く体験出来る場として年始にも人気のエリアだそうです。登山口で固有種ハハジマメグロに遭遇、同行者が奇跡の1枚を撮る事に成功し仲間から拍手が湧きました。龍の背の様に伸びた山頂からは360度の風景が広がり、天気に恵まれた幸運に感謝の思いでした。
当日に父島へ戻り、15時発のおがさわら丸へ乗船しました。港には大勢の見送りの人達が集まり、力強い「見送り太鼓」の音が鳴り響き、大きなドラの響きと共に出港、振り向くと大小の小船がおがさわ丸を追い越す勢いで近づき「行ってらっしゃい~」
「有難う~」各船からの連呼、船上で逆さになり足びれを付けた両足でパタパタとパフォーマンス、船上からダイビングして海上からシンクロの様に並んで大きく手を振る人達、小笠原名物の感動見送りは24時間乗船しても一度は見たい感動の体験でした。
「無人」を先住民の外国人が「ボニン」と聞き違えた事に由来する言葉が多いです。年間を通し楽しめますが、登山は夏を避けた方が良く、ホエールウォッチングを楽しむには3、4月頃、ウミガメ産卵は5月と貴重な体験が出来ます。
小笠原固有種にも運が良ければ遭遇、ウミガメが年間100頭捕獲出来るそうで人生初のウミガメの刺身も頂きました。世界遺産の島山旅、楽しい思い出がひとつ増えました。

日光白根山

山行日:2023年3月11,12日

参加人数:男性4名 女性3名

ルート:

報告:

全国的に暖かくなり桜もそろそろ開花しそうなこの頃、初級雪山訓練で日光白根山に行く。まだ金精峠は不通のため、関越道を利用し沼田ICより現地を目指す。

11日(土)現地 快晴無風 暖か
柏6:00⇒柏IC⇒外環道渋滞⇒大泉JCT⇒関越道渋滞⇒高坂SA8:15-8:30⇒渋滞⇒沼田IC10:00 ⇒道の駅白沢10:15-10:30⇒おおくら荘立寄り11:00⇒丸沼高原P着11:20(昼食)
P発12:00→大尻沼周回→P着15:30 【所要時間:3時間30分】
P発15:40→おおくら荘着16:00 入浴、夕食18:00~19:00、二次会21:00 就寝
既に十分明るくなってきた6時に柏を出発する。外環道が途中渋滞する。関越道も前橋付近まで断続的に渋滞する。そのため現地の到着が遅くなる。
丸沼高原スキー場はかなりの混雑。Pで昼食後、大尻沼周回コースに出発する。沼の周囲積雪1m程度。沼は半分凍っている。柔らかい雪に足を取られながら沼に落ちないように歩く。景色の良い樹林帯の中を歩き時々沼のほとりで一休み、快適な雪山歩行訓練である。暖かく危険場所もほとんどなく、程よい雪上訓練になったコースであった。
おおくら荘は宿泊客が少なくゆっくりできた。夕食も美味しく、二次会を楽しんだ。

12日(日)快晴 無風 暖か
朝食6:30-7:00⇒スキー場P7:20-ロープウエイ8:40⇒山頂駅8:50-9:00発→七色平→樹林帯→岩稜地帯(景色が良い)→日光白根山山頂12:20-12:45→七色平→山頂駅14:30着 【所要時間:5時間30分】
山頂駅発14:45⇒ロープウエイ駅14:55→座禅温泉→P発16:00⇒沼田IC17:00⇒赤城高原SA17:35⇒関越道渋滞⇒柏IC20:50⇒柏GS清算・解散21:30 【総走行距離:450㎞】
昨日同様朝から快晴・無風、暖か。ロープウエイ乗場に並び一番でチケット購入、ロープウエイに乗る。朝からスキー客でかなりの混雑、早めに並んでよかった。入山にはココヘリのIDが必要。
山頂駅で準備、山頂が良く見える。二荒山神社の鳥居を通り、しばらく樹林帯の中を歩く。積雪1m程度、七色平で一休み。登山者が多い。この先樹林帯を抜けると目前に白根山の雄姿が見える。反対側には雪の上州武尊、至仏山、燧岳が眺められ、素晴らしい景色である。
山頂まであと一息、急な雪道を一気に登り山頂手前の祠に着く。山頂までは4人が行く。山頂からは日光男体山等周囲が見渡せる。十分景色を楽しんだ後、急な雪道の下りに注意しながら下山する。14:30無事山頂駅に到着。ここからも山頂が良く見える。
終日暖かな晴天に恵まれ、とても3月初旬の雪山とは思えない天気の中の登山を楽しむことができた。

 

天狗山・牛伏山、谷川岳(西黒尾根)

山行日:2023年3月11,12日

参加人数:男性単独

報告:

西黒尾根の前日は足慣らしで群馬百の2山を歩きました。西黒尾根は手強かったですがほぼ無風の快晴に恵まれ昨年のリベンジ成功、雪歩きを満喫しました。

①3月11日(土) 天狗山・牛伏山(群馬百名山x2)
自宅(車中泊)⇒白倉登山口6:57→07:47天狗山07:48→08:36白倉登山口⇒(車)⇒
赤谷公園09:35→10:43牛伏山→10:57展望台⇒(自転車)⇒11:22赤谷公園⇒道の駅(車中泊)
群馬百の低山2山を歩きました。天狗山の白倉ルートは岩ゴロでいい意味でワイルド。標識はピンテあり迷うことは無いですが、誰にも会いませんでした。赤谷公園から牛伏山へ登りました。展望のよい尾根を登ります。電波塔のある山頂を過ぎた先の展望所には吉井城があり眺望抜群でした。
快晴で暑いくらいの春山を満喫しました。

②3月12日(日) 谷川岳(西黒尾根↑+天神尾根・田代尾根↓)
谷川RW駐車場05:45→06:37鉄塔→08:39ラクダの背→09:55ザンゲ岩→10:34トマの耳→10:58オキの耳→12:40田代尾根頂部→14:27 RW駐車場⇒(温泉・土合山の家)⇒帰宅
昨年強風で撤退した西黒尾根に会外友人とリベンジ。無風の快晴で絶好のコンディション。と思いきや暑すぎて汗だくになり、腐れ雪の踏み抜きで往生し疲弊しました。
撤退したラクダの背の手前を懐かしく過ぎ、ラクダの背への急登とラクダのコルへの急降下はピッケル使って慎重に。その先から山頂へ標高差400m+の急登をこなし、トマの耳で登頂の灌漑にふけります。オキの耳往復後、田代尾根頂部からRWベースプラザに向け田代尾根を下ります。軟雪はワカンを投入し滑りながら下りました。

 

金時山

山行日:2023年3月16日

参加人数:男性1名 女性1名

ルート:

コース:

柏(5:30)⇒流山IC⇒(7:30)海老名SA(7:40)⇒御殿場IC⇒(8:35)公時神社駐車場(8:50)→乙女口(9:05)→(10:10)乙女峠(10:20)→長尾山(10:50)→(11:45)金時山(12:35)→ (13:00)公時神社分岐→(13:30)金時宿り石→(14:00)公時神社(14:15)⇒(14:35)えびせんべいの里(15:05)⇒(16:05)港北PA(16:20)⇒流山IC⇒柏(18:15)

報告:

天候にも恵まれ、一昨年前から企画していた金時山山ご飯山行を実施することができた。平日にも関わらす、公時神社駐車場はほぼ満杯。観光バスで乗り付ける登山者のグループもいた。公時神社からは国葬138号線を乙女峠方面に少し戻ると乙女口バス停があり、ここから登山道となる。
しばらく沢地形を登ると、国道の乙女トンネル入口をかすめて乙女峠への登りとなる。登りは、九十九折のために、比較的楽に登れる。最後の切通を越えると正面に忽然として、富士山の雄姿が現れる。乙女峠からは尾根通しとなり、長尾山と1150mのピークを越えると最後の岩の多い登りを経て金時山に到着。
酢豚と餡かけ焼きソバで昼食後、矢倉沢峠へ向かう。途中、公時神社方面への分岐があるので、エスケープして公時神社へ向かう。登山道は急だが、整備されていて楽に下ることができる。金時宿り石等巨岩が点在するコースを下り、金時隧道へ向かう県道を横切ると、神社までは緩やかな下りとなる。

 

富士山

山行日:2023年3月7日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

スタート地点(太郎坊洞門)02:25 → 02:39英国旅客機遭難者慰霊碑 → 03:08御殿場口新五合目03:22 → 03:38大石茶屋 → 05:13次郎坊 → 09:22御殿場口下り六合(走り六合)09:38 → 11:02御殿場口七合四勺・わらじ館 → 11:21御殿場口七合五勺・砂走館 → 12:03御殿場口七合九勺・赤岩八合館12:18 → 12:45御殿場口八合目 → 14:26御殿場口頂上 → 17:38次郎坊 → 18:28大石茶屋18:36 → 18:44御殿場口新五合目18:52 → 19:15英国旅客機遭難者慰霊碑 → 19:21太郎坊洞門

報告:

頭を雲の上に出し~四方の山を見おろして~雷様を下にきく~富士は日本一の山♪青空高くそびえたり~からだに雪の着物きて~霞の裾を遠くひく~富士は日本一の山~♪そぅ~富士山は雪がとっても良く似合う。
富士山の絵を描けば、皆必ず雪化粧富士。そんな厳冬期富士にいつかは登ってみたいと、虎視眈々と狙っていた。天候の安定を待って遂に決行。高度順応時間を省く為、前夜はスタート地点で車中泊とした。予定よりも2時間遅れのAM2時半にスタート。
風はなくとても穏やか。夜明け前の鮮やかなマジックアワーの光景がとても印象的であった。七号目以降はトレース無し。積雪量は吹き溜まりでも膝程度。一歩一歩ブレイカブルクラストを破って登り上げる。富士山特有の登れど登れど全く変わらない景色に何度も心が折れそうになる。登山者は自分の他2名いたが、二人とも途中で撤退した模様だ。
八合目を超えるといよいよ風が強まってきた。延々と続くキックステップに何度も引き返そうと挫折しかけた。テクニカルな箇所は皆無だが、気合と体力がいくらあっても足りない感じだ。山頂付近は予報通り風速15m前後。バラクラバ、ゴーグルの装備無しでは氷雪が顔に当たって前進すら出来ない。
お釜に着いた所で撮影を試みるもスマホ対応グローブが反応しないっ!どうしても写真を撮りたいが為、タッチペンを使わずグローブを取って素手で撮影してしまった。ほんの数秒で指先の感覚が無くなった。下山を考えると剣ヶ峰はタイムアウトで今回はパス。2時間遅れのスタートがとても悔やまれる。
累積標高差2440mの往路に17時間を要した。軽量化の為に装備からワカンを外したが、それが失策だったと考える。

天城山

山行日:2023年3月6日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

自宅3:30⇒柏IC3:50⇒河津桜見学6:30 6:45⇒天城縦走登山口(駐車場)8:00 8:50出発→四辻9:10→万ニ郎岳10:10→万三郎岳11:50→涸沢分岐点12:30→四辻13:40→天城縦走登山口駐車場14:00⇒14:30出発⇒ 寿老人、和田湯(伊東市)15:30⇒16:30出発⇒三郷西IC20:30⇒自宅到着21:00

報告:

伊豆縦貫道路を降り、天城峠を超え河津方面へ車を進める。曇り空と少しの青空、河津桜祭りも5日が最終日でしたが、まだ見ごたえのある風景が残っていました。菜の花と桜と青空は疲れを癒してくれました。
車から見える木々は若芽の黄緑色がちらほらと、伊豆は春だ~~、ウキウキで車を進めた。登山口の駐車場に近づくに連れ様子がおかしい、あれは何?白いのは?雪?昨夜の雨が雪?  突然の予想外の雪に見舞われ、足踏みをしたスタートでした。
天候は良い方向に、4月の気温。しかし雪。近い万ニ郎岳迄行き、雪が深い場合は降りる覚悟で右回りに変更し登山開始です。
登山口は雪も少なく、しかし道は雪解けでドロドロ、標高が上がると真っ白な雪の上にそびえる木々、小動物の足跡、足元に注意しながら万ニ郎岳そして万三郎岳へと、下りは滑って転んでお尻を打ちながらも雪と木々のコントラストに魅了されました。帰りは伊東市の和田寿の湯に癒されました。
Oさんはご不幸が有り(夜遅くに連絡)一人での山行でした。

1 2 3 122