?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

天覧山・多峯主山

山行日:2023年9月25日

参加人数:男性3名 女性2名

ルート:

コース:

柏駅西口発7:00⇒柏IC⇒外環道⇒関越道⇒圏央道狭山日高IC⇒飯能狭山バイパス⇒飯能市市民会館駐車場9:00→能仁寺9:30→天覧山山頂10:00→多峯主山山頂10:55→御嶽八幡神社11:25→吾妻峡12:05→飯能市民会館駐車場13:00⇒古久や⇒天覧山蔵元⇒真善美の小径⇒帰柏17:00

報告:

天皇が登った事に由来する名称の天覧山、立派な門構えの能仁寺の駐車場を抜け山道に入り、分岐を十六羅漢へ折れ岩場を登り詰めた所が山頂です。
富士山や新宿ビル群、スカイツリーなど展望台からの眺望は低山ながら良好でした。山頂は鷹の渡りの中継地点となっており、秋は東南アジア方面へ渡る鷹を観察、カメラに収める人々で賑わっていました。
大きく下り、樹林帯の登りやすい登山道の先が多峯主山でした。御嶽八幡神社でお参りをして、吾妻峡入口へと下りました。ドレミファ橋の辺りは急流で下を向いて渡る時は流れに目が眩みそうでした。
平日でも人出が多く人気の、手つかずの自然美の渓谷は、時には岩場を乗り越える面白味のある川辺歩き、川音と涼風が心地良い渓谷歩きでした。
飯能の老舗人気店で昼食、天覧山蔵元でお買い物、「真善美の小径」で見頃の真っ赤な彼岸花を鑑賞して楽しみの多い山行となりました。

佐武流山

山行日:2023年9月24日

参加人数:男性2名 女性1名

報告:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-5979547.html

 

高天原温泉

山行日:2023年9月20~24日

参加人数:男性2名

ルート:

コース:

9月20日:竹橋(22:30)
9月21日:(6:30)折立(6:45)→(10:40)太郎平小屋(11:10)→(14:20)薬師沢小屋
9月22日:薬師沢小屋(6:30)→(8:30)アラスカ庭園(8:40)→(10:30)雲の平山荘(11:00)→(13:10)高天原峠(13:30)→(14:30)高天原山荘
9月23日:高天原山荘(5:00)→(8:15)岩苔乗越(8:30)→(10:25)三俣山荘(10:55)→(11:50) 三俣蓮華山頂(12:00)→(13:55)双六小屋(14:15)→(16:30)鏡平小屋
9月24日:鏡平小屋(6:05)→(8:35)小池新道入口(8:45)→(9:05)ワサビ平(9:30)→(10:35)新穂高温泉(10:55)→平湯(12:55)→(14:23)松本(14:50)→(1725)新宿→(19:18)荒川沖

報告:

高校時代の友人に誘われて、一度は行ってみたかった高天原温泉へおっとり刀で出発したが、太郎平まで1000m登り、薬師沢まで500m下り、翌日雲の平まで600m登り、高天原まで500m下り。高天原から三俣蓮華まで700m登って鏡平へ700m下るという高齢者にはハードなコースであった。
高天原温泉は北アルプス最奥の地だけあって、竹村新道や読売新道を踏破してきた猛者がそろっていたが、21日の稜線歩きは暴風雨だったようである。コース中で厳しかったところは、薬師沢小屋から雲の平までの急登と、雲の平から高天原峠までの鉄梯子4本を含む激下り。特に下りは年寄りにはこたえた。登りはコースタイムで行けるが、下りは1.3倍位かかった。
雨上がりの濡れた木道はとても危険だったが、雲の平では、オコジョが出迎えてくれ、疲れをいやしてくれた。雲の平山荘から高天原へ向かう途中の奧スイス庭園、高天原も美しかったが、高天原山荘から温泉まで、20分の歩きは厳しい。
鏡平は天空の別天地。天気に恵まれ、槍穂高が池に映る姿は最高だった。

蝶ヶ岳

山行日:2023年9月17,18日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

9/17(日)自宅4:00⇒常磐道流山IC⇒外環道⇒圏央道⇒中央道⇒長野道松本IC⇒9:30沢渡駐車場10:00⇒(バス)⇒10:30上高地BT10:35→11:15明神11:25→12:00徳沢園キャンプ場(泊)
9/18(月)徳沢園4:15→5:10横尾5:20→5:50槍見台6:00→8:20横尾分岐8:30→8:45蝶槍8:50→9:05横尾分岐→9:35蝶ヶ岳10:15→10:55長塀山→12:50徳澤園13:40→14:30明神→15:20上高地BT15:45⇒(バス)⇒沢渡駐車場16:20⇒16:25梓湖畔の湯17:20⇒長野道松本IC⇒上信越道⇒関越道⇒外環道⇒常磐道流山IC⇒23:30自宅

報告:

テント泊でまったりしたいなぁ、しかも北アルプス行きたいなぁということで、登ったことのない蝶ヶ岳を、いつも横を通って気になっている徳沢でテント泊の予定とした。
1日目は移動とテント泊のみのゆったりプラン。テント張った後に徳沢園で昼ご飯を食べて、梓川の川べりを散策して明神岳や前穂高岳の絶景を堪能した。
2日目満天の星空の下を出発。横尾からの道は急登の連続。途中で見える槍ヶ岳が励ましになった。
いい加減嫌になったころに、森林限界を超えて穂高から槍ヶ岳への稜線が見えた。しかし、奥穂も槍も雲がかかっていて見えないのが残念。
予定時間よりもかなり早く稜線に着いたので、すぐそこに見える蝶槍まで足を延ばす。途中の三角点のあるピークは1992年までの蝶ヶ岳山頂。今の山頂はより標高の高い最高点に移されている。
蝶槍から戻り気持ちのいい稜線を蝶ヶ岳山頂へ。相変わらず奥穂も槍も見えない。そのかわり常念岳や大天井岳はよく見えた。
昼食を取り下山へ。徳沢への長塀尾根は全く眺望のきかない尾根だった。ひたすら樹林帯の急坂を下っている最中に、雨まで降ってきて気分的に落ち込む。
ようやく徳沢園の屋根が見えてホッとした。徳沢園でコーヒーソフトを堪能し、テントをたたんで上高地へ。
眺望はイマイチでしたが内容的には大満足した山行でした。

尾瀬(ビバーク訓練)

山行日:2023年9月16,17日

参加人数:男性2名 女性5名

ルート:

コース:

9月16日:柏発6:00⇒西那須野塩原IC9:20⇒11:20御池[バス」12:00⇒沼山峠12:20→浅湖湿原14:00→白砂峠15:10→見晴キャンプ場17:15 各自ツエルトを設置してビバーク 日没
9月17日:見晴キャンプ場5:30→龍宮小屋6:30→東電小屋7:30→ 天神田代11:50→ノメリ田代12:45→御池14:00⇒矢板IC18:30⇒都賀JCT⇒友部IC⇒柏G20:50

報告:

連休で高速道路は往復渋滞がありました。御池でバス出発時間までに準備と食事を済ませ、20分で沼山峠に到着。
空には厚い曇、今日の湿原の木道は人気がない様子。白砂峠辺りから小雨模様、濡れた木道はとっても滑りやすく、安全に歩く方法を教わりました。
燧小屋で申し込みを済ませテント場に行くと テントがいっぱい、かろうじてスペースを見つけて、まずツエルト張り方をデモンストレーションで学び、各自選んだ場所で自ら張り、日没までに完了してそれぞれ過ごす。ツエルトの内側は結露でビショビショ。夜中には雨が降りました。
翌朝、ホットコンデンスミルクをいただき、行動食を集め、分配し2日目スタート。天気は良さそう。広大な尾瀬ヶ原の景色を堪能しました。行動食で空腹を少し満たして、バテないように歩く。でも予期せぬビバークなら 数日の空腹に耐えられるか不安です。
普段は持って行かない保温シート、多めに用意した行動食、これからの山行ではしっかり準備すべきと思いました。一か所ブヨが沢山いて、刺されましたが ポイズンリムーバーで毒抜きして大事に至りませんでした。ロッカーのポイズンリムーバー、医療セットと一緒に持って行くと良いと思います。
参加者皆ビバーク初、今回体験した事で今後の山行に活かせるでしょう。感謝しています。

金峰山・国師ヶ岳

山行日:2023年9月19日

参加人数:男性3名 女性1名

ルート:

コース:

大弛峠05:39 → 05:48夢の庭園 → 06:09前国師ヶ岳 → 06:12三繋平 → 06:19北奥千丈岳 → 06:24三繋平 → 06:31国師ヶ岳06:37 → 06:58天狗岩07:12 → 07:47国師ヶ岳 → 07:55三繋平 → 08:10夢の庭園 → 08:20大弛峠09:10 → 09:44朝日峠 → 10:15朝日岳前の展望岩場 → 10:27朝日岳10:46 → 12:00金峰山 → 12:14五丈石12:29 → 12:45金峰山 → 14:09朝日岳 → 14:20朝日岳前の展望岩場 → 14:51朝日峠 → 15:25大弛峠

報告:

大弛峠を挟んで金峰山(百名山)と国師ヶ岳(三百名山)を登ってきた。連休明けの平日にもかかわらず、駐車場は満車状態。さすが百名山、人気の高さが伺える。金峰山は2回目であった為、最大の目的は国師ヶ岳とその先にある天狗岩。
国師ヶ岳は山頂まで1時間程度で辿り着ける。しかも登山道のおおよそ7割が木道と階段で整備されており、もしかすると高尾山より登りやすいかもしれない。
そこから更に足を伸ばし天狗岩へと目指すのだが、分岐地点には進入を阻むロープが張られ、死亡事故多発につき迂回を促す看板が(゚Д゚;)!天狗尾根は地図上では破線ルートになっており、一抹の不安に駆られる。
ピンテや踏跡がしっかりしており道迷いは無かったが、大岩の岩稜帯を通過するにあたっては、細心の注意が必要だった。尾根沿いに下り始めると直ぐに天狗岩が見え始める。
絶景が待っていた!富士山+雲海+天狗岩+佩剣+ピーカン=百点満点!天狗岩の高さ自体は十数メートル程度なので、衝動的にてっぺんに登って見たのだが、滅茶苦茶怖かった!
一旦大弛峠まで戻り、次は金峰山。朝日岳を超えていく必要がある為、登り返しがあるが、ルート全般が緩勾配でとても登りやすいルートだった。登山者も多く、危険な箇所も殆どないので、ハイキングには最適のルートかもしれない。

1 2 3 140