?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

烏場山

山行日:2021年12月11日

参加人数:男性11名 女性7名

ルート:

コース:

柏6:20 ⇒ 7:25穴川IC ⇒ 7:50市川SA ⇒ 8:45富浦IC ⇒ 9:45黒滝入口駐車場

【花嫁街道→花婿コース(右回り)】と【花婿コース→花嫁街道(左回り)】の2組に分かれ、交差縦走。

【花嫁街道→花婿コース(右回り)】
黒滝入口駐車場10:00 → 10:50第二展望台10:55 → 11:50見晴台(カヤ場)12:10 → 12:20烏場山12:40 → 13:30見晴台13:35 → 13:55金比羅山 → 14:00黒滝14:10 → 14:15黒滝入口駐車場
(歩行時間:3時間15分、所要時間:4時間15分)

【花婿コース→花嫁街道(左回り)】
黒滝入口駐車場10:00 → 黒滝 → 金毘羅山 → 美晴台 → 11:15旧烏場展望台 →11:30烏場山11:45 → 12:00美晴台(カヤ場)12:20 → 13:05経文石 → 13:40花嫁街道入口 → 13:50黒滝入口駐車場
(歩行時間:3時間15分、所要時間:3時間50分)

黒滝入口駐車場14:30 ⇒ 15:20南房総道楽園15:40 ⇒ 17:20穴川IC ⇒ 19:10柏
(走行距離:287km)

報告:

【花嫁街道→花婿コース(右回り)】
6:00発の予定が6:20発となり、幸先の良いスタートとはなりませんでしたが、道中の川霧に冬の訪れを感じながら、次第に明るくなる空とともに気分も高まってきました。車中でCLによる各都道府県標高トップ3の山クイズを楽しんでいると、和田浦駅に到着。
ここから登山口までの道路は幅が狭く難路でしたが、ドライバーの腕の良さで切り抜けました。感謝、感謝。駐車スペースもあまり多くないので要注意です。出発の準備をしていると、ヒルの目撃情報が。確かに早朝の柏は冷え込んでいましたが、登山口は暖かい。さすが房総。血だらけになる覚悟で出発です。
花嫁街道は比較的傾斜が緩やかですが、所々に崩れた箇所があり、迂回路が整備されていました。崩れたのは一昨年の台風による被害でしょうか。花嫁街道は地元の有志の方が整備しているそうで、こうして登山ができるのも有志の方々のおかげです。ありがとうございます。
こちらの組は、花嫁街道を海側から山側に向かって登るルートだったので、「山に里帰りかな?」なんて言いながら歩いていきました。この辺りは常緑樹のマテバシイが多いそうで、12月にも関わらず、葉が茂っていて、少し南国の雰囲気が感じられます。やがて開けた見晴台(カヤ場)に到着。海がキラキラと光って綺麗です。そして、見晴台(カヤ場)を少し過ぎたところで花婿(もう一つの組)と合流!感動?の再会です。
見晴台(カヤ場)に戻って集合写真を撮影。ちょうどお昼どきで暖かく、穏やかな天気でした。その後10分ほどで烏場山に到着。千葉県最高峰の愛宕山が見えます。縁結びを承ってくれるという「おふく」さんの石像が迎えてくれました。昼食でエネルギーを補給し、今度は花婿コースを下山です。
花嫁街道より少し傾斜がありますが、皆さん順調に下ります。水の音が聞こえてくると、黒滝に到着しました。滝壺のすぐそばまで行けるので、絶好の撮影ポイントです。滝に別れを告げるとすぐに駐車場に到着。気持ちの良い周回コースもここで終了です。登山靴を脱ぐ時、血だらけになっていないか少しビクビクしましたが、結局ヒルはいなかったようです。めでたし、めでたし。

【花婿コース→花嫁街道(左回り)】
出発が6時の予定でしたが、ちょっと遅れました。何とか10時には歩き出せました。
まず黒滝に到着。低山とは思えない不思議な雰囲気。何回かアップダウンを繰り返して旧烏場展望台。
ちょっと歩いて烏場山。花嫁の石像が出迎えてくれました。縁結びのご利益があるそうで、心のなかでコッソリとお願いしておきました。
ちょっと休んで、合流地点の見晴台を目指す。花嫁コースからのメンバーは待ちくたびれた様子でした。記念写真を撮影して、休憩。
その後花嫁コースと名付けられたコースを下る。傾斜の優しい穏やかな下りでした。時々、木がまばらになった所から太平洋が見えました。
天候に恵まれて、楽しい一日を過ごしました。
コロナで冴えなかった一年を締めくくる忘年山行。晴天の日に18名の参加で大成功。帰柏後に一杯で〆。

高尾山周回

山行日:2021年12月10日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

柏5:30⇒高尾山口駅7:30…草戸山9:00…中沢山10:30…大洞山11:15…大垂水峠11:30…もみじ台12:00…高尾山12:45…高尾山口駅14:00⇒(往路戻り)⇒柏17:00

報告:

南高尾7低山(セブンサミット)と高尾山を周回するとハート形になり、高尾山ハートルートと呼ばれている。
①高尾山口駅~草戸山:高尾山口駅から道路を渡ってすぐの民家横にある狭い登山口から入山(写真1,2)。
小さいアップダウンの多い稜線上の山道を快調に歩く。ただ、駅周辺にコンビニが無く、朝食を省く羽目に陥ってしまった。
②草戸山~中沢山~大洞山:樹木の隙間から城山湖を臨む山道を歩く。フクロウとドラゴンの彫刻が目を楽しませてくれる(写真3,4)。
途中で2座をスルーするチョンボに気づいたが、戻る気力が湧かず、このまま進むことにした。
③大洞山~もみじ台:大垂水峠に向って下降し、甲州街道に架かる橋を渡った後登り返す(写真5)。
到着したもみじ台は高尾山~景信山のメインストリートとなっており、平日に係わらず沢山のハイカーが往来していた。また、展望台から大きい富士山を眺めることができた(写真6)。
④もみじ台~高尾山:登り基調の山道。途中の茶屋で休憩可能。
⑤高尾山~高尾山口駅:山頂では、遠足の児童が走り回っていた(写真7)。
下山途中から急こう配の舗装路となるため、脚への負担が大きい。

高尾山・景信山

山行日:2021年12月6日

参加人数:男性1名 女性1名

ルート:

コース:

柏駅西口 5:57⇒日暮里⇒新宿⇒北野⇒高尾山口 7:49着
高尾山口 8:00スタート→高尾山山頂 9:25→一丁平 10:10→城山 10:30→景信山 11:15→明王峠 12:25(休憩)12:50→与瀬神社 14:20→相模湖駅 14:50着

報告:

朝からどんよりとした雲が山を覆っていたが、霧雨のような細かい雨だったので、雨具を着るほどではなく風もなかったので寒さは感じなかった。あいにくのお天気ではあったが、冬季のトレーニングコースを知ることができた。
今回は高尾山~景信山~明王峠~相模湖駅のコースをとったが、コース取りが多様で中央本線が通っているので、どのコースをとっても駅にたどり着くようになっている。来年の夏までに体力作りをするために度々訪れてみようと思う。次回は是非お天気の良い日を選び、周りの景色も楽しみたいと思う。

石割山

山行日:2021年12月4日

参加人数:男性2名 女性3名

ルート:

コース:

柏IC 6:00発⇒中央自動車道 大月JCT⇒山中湖IC ⇒石割山ハイキングコース・赤い鳥居P 8:45着
駐車場 9:00発→石割神社 10:00→石割山山頂 10:35→平尾山 11:20→大平山 12:05 (休憩)12:35→平尾山 13:25→赤い鳥居P 14:10着
石割の湯にて入浴 15:30発⇒往路と同じ経路で帰路につく⇒柏着 19:30

報告:

雲・風の全くない快晴の朝。大きな富士山を一日中横目に見ながらの山行となった。贅沢である。駐車場につくとすでに車がいっぱいで、路上に駐車する登山客が増えてきた。我々も同じように路上に駐車しスタート。  しょっぱなの403段の階段には驚いたものの、ルートはさほどきつくない。スタートから1時間ほどで石割神社についた。神社で手を合わせそこから30分ほどで石割山山頂。
富士山の大きさと、その前に広がる山中湖のバランスがとても美しい。さすがに山梨の富士山はスケールが違う。石割山から平尾山、大平山までは登り返しがあるが溶けかけた霜柱が広がっており滑らないように注意しながら歩いた。
大平山では、たくさんの登山客が昼食をとりながら富士山を堪能していた。小学生くらいの子供から老夫婦まで幅広い世代が賑わっており、冬の暖かい日差しに照らされ温かい気持ちになった。

筑波山裾野コース(道迷い・ビバーク・ロープ訓練)

山行日:2021年12月4日

参加人数:男性3名 女性2名

ルート:

コース:

セブンイレブン真壁椎尾店7:15⇒桜川市椎尾分館P7:40→大宮神社→122m→8:30ロープワーク、簡易チェストハーネスを装着しトラバース訓練9:20→169m→9:50 200m付近で道迷い、ロワーダウン練習10:40→10:50全国緑化行事発祥之地記念碑→11:00ビバーク訓練 ツェルト設営11:50→12:30椎尾林道入り口→12:45男の川分水神→13:50桜川市椎尾分館P着13:50

報告:

雲一つない青空 桜川市椎尾分館に駐車しスタート。41号線を右に進み、はにわの西浦の先を右折すると大宮神社に着く、コースを確認し本堂脇の山道を進む。
山道は落ち葉で覆われふかふか。程なくトラバース訓練に適した崖があり ロープワーク訓練開始、先ず予習した簡易チェストハーネスの装着 エイトノット、クレイムハイスト、マスト結び、もやい結び、どれもテキストだけでは難しく、実際に結んでみるのが習得の秘訣と感じました。10mのロープ2本で固定ロープを設置、カラビナのかけ替えを練習する。
その後200m付近で道迷い体験、道を外れると急登 落ち葉、柔らかい土で体力が奪われるのを感じた。戻るルートは分からない、一度落ち着くために座り水分補給し良く考える、体験とはいえ不安感がある。地図にある岩場を見つけ ロワーダウンの練習、下ってみると沢のせせらぎが聞こえた、尾根を見つけ正しい山道へ戻る。
全国緑化事業発祥記念碑を過ぎた所で ビバーク訓練、ツェルトに入り体験、それぞれツェルトを設置、もしも悪天候であったら、気温が低かったら、もっと時間がかかり体力を消耗することでしょう。貴重な体験をさせていただきました。

御前山・菊花山

山行日:2021年12月2日

参加人数:男性4名 女性3名

ルート:

コース:

柏(6:34)⇒新松戸⇒西国分寺⇒豊田⇒(9:05)猿橋駅(9:15)→(9:45)猿橋→猿橋駅前(10:35)→(10:50)登山口(11:00)→(11:35)休憩(11:45)→神楽山(11:55)→(12:10)午前山(12:40)→(13:40)菊花山(13:50)→下山口(14:25)→(14:35)大月駅前

報告:

平日の通勤時間と重なったが、武蔵野線利用で逆方向だったことから、比較的密にならずに猿橋駅まで到着。
駅名の元となった日本3大奇橋といわれる猿橋を見物。南京玉すだれのような橋でなるほどと思わせる。渓谷美も美しい。猿橋駅まで戻り、国道20号を南下して中央線を渡るとすぐに桂台団地へ向かう舗装道に入りすぐに熊の看板のある登山口。
登山口からは、すぐに急な登りとなり、ぐんぐん高度を上げて、中央線を挟んで向こうに見える岩殿山が下に見えるようになると稜線も近い。稜線に出ると左神楽山、右御前山の道標があり、左の神楽山の山頂を踏んでから道標まで戻り、御前山へ。
御前山では樹木が切れて富士山の絶景。御前山からコブを一つ乗り越えて九鬼山と菊花山の分岐となり、菊花山へ向かうと激下りとなり、最低コルから菊花山へ登り返し、岩稜帯のトラバースや直登を経て山頂に達する。
菊花山からは大月の街並みを直下に臨み、激下り。新しいトラロープがあって、持参のロープは使わなくても済んだ。やがて、国道20号の脇にある墓場の傍を下って下山口に出た。
吉田うどんは売り切れのため、駅そばの中華食堂で乾杯後、解散。

1 2 3 4 5 87