?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

要害山

山行日:2022年4月5日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

只見荘(8:00)→三石神社(8:40)→スキー場トップ(9:30)→尾根分岐(10:00)→要害山山頂(10:30)→尾根分岐(11:00)→トラバース→宮の沢コース尾根(11:05)→一服屋根(11:20)→瀧神社(11:45)

報告:

今年は雪が多く、只見駅・六日町間は雪崩危険のため、4月中旬まで運休となっていた。会津川口から只見までは代替バス。
要害山は只見4名山(要害山、蒲生山、浅草岳、朝日岳)の一つで眺望が良い山とされる。宿の主人の話では、今年は雪が多く、只見駅周辺でもラッセルの跡が1m程度の雪壁となっていた。
列車の来ない鉄路を渡ったところで、スノーシューを履き、三石神社から登り始めるが、スノーシューで登るには急登で尾根に取りつくまで、大汗を絞られる。やはりスノーシューは雪原歩きにしか使えないと実感。
撤去されたリフトのトップ跡で尾根に乗り上げたが、ここからはやせ尾根のミックスでスノーシューを外して、ザックに取付てツボ足で登る。雪はザラメでアイゼンは効かない。かなり急な雪壁もあり、慎重にキックステップで足場を固めながら進む。アイゼンはいらないが、ピッケルが欲しい所であった。
山頂まで登ると、浅草岳、鬼面ヶ山がきれいに見える。山頂部は雪庇が発達し、宮の沢コースの尾根には降りられない。来た道を若干戻り、トラバースでようやく宮の沢コース尾根に取りつく、しばらく下ると尾根上は雪が落ちて、岩の急斜面が現れる。設置されたロープを利用しながら、下ると最後には沢に懸かったスノーブリッジを渡るという、雪山の危険満載の山登りであった。

北高尾山稜

山行日:2022年4月2日

参加人数:男性1名 女性4名

ルート:

コース:

流山IC5:30⇒高尾IC(中央高速経由して)6:30⇒高尾駅近く駐車場6:30 6:50出発→高尾駅バス停留所7:17発八王子城跡着.出発7:30→天守閣跡8:40→富士見台9:20→高ドッケ9:55→杉ノ丸11:00→黒ドッケ11:20→大嵐山11:44→三本松山12:00→堂所山13:10→底沢峠13:30→明王峠13:45→相模湖駅15:50→相模湖駅出発15:57→高尾駅→高尾駅近く駐車場出発16:30⇒高尾IC(中央高速利用)⇒流山IC6:30⇒柏19:00到着解散

報告:

南高尾セブンサミッツに続き北高尾縦走路を歩きました。裏高尾コースは八王子跡が登山のスタートとなった。
八王子城跡バスロータリーの周囲には、満開の桜や雪柳のピンク色の珍しい花が出迎えしてくれた。登山口から椿、スミレ、桜、キブシ、ヤマブキ、春蘭等の花が咲き春を告げていた。
北コースは、かなりのロングで幾つものポイントを通過するのに、かなりのアップダウン繰返しがありました。また多種のルートがあるため、分岐点では気を付けて行動しなければならない。
トレイルラン練習コースにもなっているようで、多くの若者とすれ違った。今回は陣馬山手前の明王峠分岐から相模湖駅に下山した。

男鹿岳

山行日:2022年4月2日

参加人数:男性2名 女性1名

ルート:

コース:

柏1:30⇒五霞IC⇒那須塩原IC⇒5:30林道入口駐車場5:50→7:05釜沢橋7:10→9:15北西尾根取付点9:20→11:40男鹿岳12:20→13:10取付点13:15→15:20釜沢橋15:30→16:50駐車場17:10⇒(一浴・食事)⇒往路戻り⇒柏22:30 (所要時間:11時間)

報告:

栃木百名山の四天王の一つである男鹿岳。長い林道歩きと急傾斜の雪面の登降に辟易したが、山頂からの眺望は素晴らしく、一度は挑戦すべき山と思った。以下。各区間のインプレッションを記す。
〇林道入口~釜沢橋~取付点:従前、釜沢橋まで車が入れたが、現在は林道が荒れて通行止め。結果、往復7時間以上の雪道歩きを強いられた。
往路は雪が締まり歩きやすいが、復路は雪が緩んで脚をとられ、疲労感が増す。ウンザリ。
〇取付点~男鹿岳:途中平坦な場所もあるが、大半が急斜面の樹林帯の雪面で、登りは2時間20分、下りは50分だった。
空の青さと樹氷の白さが印象的な区間。ビューティフル&タイアド。
〇男鹿岳山頂:広い山頂からは、東側に那須連山が大きく、その他磐梯山、燧岳、日光連山等が眺められた。西側には、四天王の一つで、男鹿山塊の最高峰である大佐飛山がその巨体を見せていた。
因みに、Kさんは先週大佐飛山を登っており、二週続けての四天王制覇となる。グレート!

名草巨石群、赤雪山

山行日:2022年3月20日

参加人数:男性1名 女性4名

ルート:

コース:

柏西口6:00⇒岩槻IC6:50⇒佐野IC7:30⇒50号線⇒名草巨石群駐車場8:35→名草巨石群9:30→11:00赤雪山11:30→松田川ダム12:00→長石林道分岐13:40→名草巨石群14:45→駐車場15:15⇒16:00幸の湯17:00⇒一般道⇒柏21:00

報告:

桜の開花宣言が聞かれた絶好の登山日和、山中は早春の感があったが、木々の先には小さな新芽が顔を出していた。
厳島神社の鳥居を潜り、名草巨石群に足を踏み入れると神聖な気分になる。鬼滅の刃の炭次郎が割ったような弁慶の割石や、岩上に建つ厳島神社は見応えがある。
苔むした巨石群を抜け、しばらく林道を上り赤雪山の登山道に入る。春の日差しを受けながら、心地よいアップダウンを繰り返し赤雪山頂に昼前に到着。霞がかった彼方にスカイツリーも望むことができた。
松田川ダムまで一気に下る。ダムより長石林道分岐への上りは、2014年の災害からまだ登山道が復旧されてなく、橋が崩れ倒木が登山道を塞ぐなかなかの難所であった。
下山後、幸の湯(5月に閉館)で汗を流し、佐野ラーメンを堪能し帰途についた。山あり名勝あり湯につかり、ご当地名物も堪能し充実した山行を楽しむ事ができた。

釜ノ沢五峰

山行日:2022年3月26日

参加人数:男性1名 女性3名

ルート:

コース:

流山IC5:30⇒花園IC⇒法性寺駐車場7:00
法性寺駐車場7:25→亀の沢岳展望台8:40→釜の沢五峰登山口9:00→一ノ峰9:30→二ノ峰9:35→三ノ峰9:50→四ノ峰10:15→五ノ峰10:15→中ノ沢ノ頭10:40→金精神社10:50→竜神山11:20→兎岩登山口11:55→法性寺駐車場12:30(歩行時間:約5時間)
往路と同じ経路で帰路につく⇒柏着15:30

報告:

天気予報では、午後から雨との予報でしたが。柏の集合時にはかなり雨が降ってきて山行の実施が心配されましたが、高速に乗ってしばらくすると雨がやみ,風もなくまずまずのスタート。
法性寺の境内を通り亀の沢岳展望台までは、石段にステップがあって登りやすいが、ゴツゴツとした岩や大きな一枚岩が目に付く。自然の造形美を感じながら進む。釜の沢五峰登山口からは、一ノ峰~五ノ峰までロープや鎖を使いながら面白味のあるルートを、スリルを味わいながら上り下りを繰り返しました。
周りには武甲山や両神山、双子山など秩父の山を臨みながら気持ちの良い歩みであった。帰りは少し風が冷たくなり、駐車場に着く頃には小雨も降ってきました。
高速ではかなり横風が強く車が振られることもありましたが、天候、道路状況、コースタイムなど良い条件が重なって予定よりも早く柏に戻ることができました。皆さんありがとうございました。

盛金山

山行日:2022年3月26日

参加人数:男性1名 女性4名

ルート:

コース:

柏6:40⇒柏IC7:00⇒那珂IC7:00⇒下小川駅8:35→盛金山登山口9:00→盛金富士10:05→P401m12:12→P388m手前100m位、寄藤沢の峠13:10林道作業用道路→下小川駅15:05⇒那珂IC16:30⇒柏IC17:20 到着解散

報告:

・水郡線.下小川駅の駐車場に到着。午前11時頃からは雨90%の予報でした。盛金富士登山口には鳥居があり、天候の安定を祈願して入山した。
盛金富士付近にはイワウチワの群生が見られるのを楽しみに!。30分ほど歩くと並行して2本の道が、右の方向へ進むと深緑の葉に薄ピンクの可愛い花が。撮影会が始まった。
盛金富士山頂近くにも群生を見つけた。咲いているのはわずか斜面を進みすぎ元の道に戻るのに苦労した。山頂からは霧に遮られ展望は望めず、残念でした。
P401m迄もそこそこのアップダウンが続いた。P388mと寄藤沢の峠まではYさんの赤リボンを頼りに進む。登山道ははっきりせず薮化した所が多くタラの木やとげの木に前を遮られ進むのに苦労した。けもの道になっているのか排泄物も何か所もありました。
P388mからP255mルートには行かず、エスケープルート沢筋林道下山にしたがこれもまた藪漕ぎで不明瞭な迷い道でした。願いが届いたのか下小川駅近くから雨が降り出した。低山ルートの楽しい山行でした。【O】
・イワウチワの可憐な姿を見てほっこりしたが、藪漕ぎの印象の方が強く、地図とコンパスの重要性、知らない沢に降りていくことの危険性を痛感した。【K】
イワウチワの満開には会えませんでしたが、開いたばかりの 清楚な姿を見せてもらい、冒険の山旅に感謝です。【K2】

1 3 4 5 6 7 96