?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

女峰山

山行日:2023年4月22日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

自宅0:1:30⇒04:40瀧尾神社P・04:46→行者堂04:55→稚児ヶ墓06:02→06:54白樺金剛→07:43八風→08:02遥拝石→10:04唐沢避難小屋→10:52女峰山11:17→11:42唐沢避難小屋→12:57遥拝石→13:07八風→13:49白樺金剛→14:25稚児ヶ墓→15:15行者堂→15:24瀧尾神社P⇒(温泉)⇒自 (歩行時間=10h29m)
・水平距離17.9km, 累積標高差+1,796m, -1796m
・日出時刻: 4:59am -日入:18:20pm(4/22宇都宮)

報告:

早朝自宅を出発し日光瀧尾神社Pを日出とともにスタート。
行者堂まで約10分。女峰山への登拝ルートは前半は緩斜面歩きだが、快晴の笹の原を左手に男体山を見ながら登るのは気持よい。八風からザレた岩場のトラバース歩きで遥拝石(黒岩)。
赤薙山方面は赤茶けた火山性の地層が正面に見える。しばし急登ののちトラバース。標高2,000mから雪が出てくるが凍結していないので滑り止めは不要。P2224への登りは残雪で踏み跡は融けて不明のため慎重に。その先、暫くで女峰が全容を現す。
北面トラバースが凍結しているのでチェーンスパを装着。小屋を過ぎ、女峰山直下のザレ場からは雪がほぼ無いのでツボ足で進む。女峰山は風が冷たかったが、快晴で日光ファミリーが見渡すことができ大変気持ちよい山行であった。

熊鷹山・丸岩岳

山行日:2023年4月25日

参加人数:男性1名 女性1名

ルート:

コース:

野田市駅⇒幸手IC⇒佐野田沼IC⇒R16,R201林道小戸線、P着8時/20→8:45登山口50→11:05熊鷹山11:25→12:30丸岩岳12:35→12:55引き返す→14:35熊鷹山14:40→登山口着15:55→登山口着15:55→P16:15/30⇒往路と同じ道⇒野田市駅着19時、解散.所要時間7時間55分

報告:

里の外れからジャリの林道に入り終点まで5~6キロとの事だったが、結構悪路で大きめの石もゴロゴロしてて、先行き不安の為落石を考慮し、早めにスペースを確保とやや沢近くに駐車して、登山をスタートした。
沢は小さな段差が滝となって水音がとても心地良かった。倒木はかなりあって手入れはさほど為されておらず、何度か巨木を跨ぐことになった。途中、沢の分岐「二股」からは右の涸沢を進むと、次第に傾斜がきつくなり落ち葉で道の判別がし辛くなり、一つの道標でも道が判別できず、急登が続く。峠から10分で狭い山頂。
其処の古い3人用の木造展望台から、男体山、日光白根、両神山、が眺望良く見え堪能した。昼食、丸岩岳まではアップダウン少ない尾根縦走。ピークは林の中で眺望なし。そこからは奈良部山分岐から1時間の下山を計画してたが、20分程度時間かけても不明瞭の為引き返すと決断、元来た道を戻った。

備前楯山

山行日:2023年4月26日

参加人数:男性3名 女性3名

ルート:

コース:

植樹祭駐車場発10:15⇒銅(あかがね)親水公園⇒舟石峠駐車場着11:00(満車)
P発11:05→備前楯山山頂12:00-12:15→ P着13:05 【 所要時間:2時間 】
P発13:20⇒清滝IC14:15⇒宇都宮IC14:50⇒柏IC17:00⇒GS清算⇒柏西口17:30解散

報告:

足尾植樹祭に参加した後、近くの備前楯山に登る。この山も足尾銅山の一角である。
備前の名前は以前黒岩山と言われていたこの山の山頂に登り、銅の露頭を発見した農民の生国から取ったと言われている。本来は金属鉱床を意味する金偏に盾の字であったとのこと。辞書では探せないが。

登山口舟石峠駐車場はほぼ満杯、植樹祭の影響か。晴天の中出発。
途中ヤシオツツジが満開で見ごたえがある。明るい落葉樹の登山道を進むと1時間ほどで山頂に着く。
狭い山頂は登山者で一杯。労山栃木の山の会に会う。山頂からは、日光男体山、社山、皇海山など日光連山を望むことができる。良い眺めである。
少し小さいが中倉山の「孤高のブナの木」が見えてびっくり! 岩の上で昼食を食べ景色を堪能して下山する。
歴史ある山に登れて良かった。帰路も明るいうちに柏に帰ることができた。

安平路山

山行日:2023年4月28日

参加人数:男性1名 女性1名

ルート:

コース:

4/27:柏18:00 ⇒ 中央道 ⇒登山口駐車場1:00(仮眠)
4/28:登山口駐車場5:00⇒5:40休憩舎6:00 →7:40摺古木山7:50→9:00シラビソ山9:10→9:50避難小屋→10:50安平路山11:20 →12:10避難小屋12:20→13:00シラビソ山→14:20摺古木山14:30 →15:50休憩舎(所要時間9時間50分)
16:40登山口⇒22:00柏

報告:

日付が変わった午前0時に駐車場に到着、Yさんは車中、私はテントを張って仮眠。4時半起床し明るくなったところで休憩舎まで車で移動。
摺古木山まではしっかりとした道があるが、そこからはピンテもあったりなかったりで一度だけ尾根を外しそうになったが、GPS確認してすぐに修正できた。
安平路山直下の最後の登りでアイゼンを装着して汗だくで山頂到着。山頂からの展望は今一つであったが、目の前には木曽駒ケ岳、空木岳、越百山が見渡せた。
ゆっくりと休憩を取って来た道を戻る。笹もだいぶ立ち上がっており、残雪期のギリギリの登山だったと思われる。
平日だったためか?出会った人はなく、こんな素晴らしい山を二人占めできたことは贅沢で思い出に残る一日だった。

日の出山~御前山

山行日:2023年4月15日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

(自宅)⇒柏駅04:58⇒07:14日向和田駅07:19→07:33梅の公園→08:16琴平神社→08:33三室山→08:42三ツ沢峠→要害山→08:58梅野木峠→09:52日の出山09:54→10:36御岳山→11:15奥の院→12:29大岳山→13:48大ダワ→14:19鞘口山→14:37クロノ尾山14:38→15:15御前山15:22→15:36惣岳山→16:21サス沢山16:22→17:16奥多摩湖バス停⇒奥多摩駅⇒柏⇒(自宅)
(行動時間 9h57m(休憩込))

報告:

シーズンへ向け、トレーニング山行に出かけました。
日向和田から三室山まではそれなりの急登ですが、その先、日の出山まではアップダウンの少ない高速歩き。久々の御岳山で安全祈願し、簡単な鎖場を過ぎ大岳山。雲が垂れているので富士は拝めず。大ダワまで下りますが、大ダワ付近はカタクリの群生地。
御前山へ登り返す。御前山では晴れ渡り、周囲の鷹ノ巣山や雲取山、蕎麦粒山等々が綺麗に見えた。奥多摩ダムまでの大ブナ尾根は急降下だが標高を下げるのも早い。
午後の快晴が春の陽気。サス沢山の奥多摩展望台は開けていて眺望が素晴らしかったです。途中パラパラ降る場面もありましたが、御前山ではスッキリ晴れてくれ、いい歩きが堪能できました。

四阿屋山つつじ新道

山行日:2023年4月22日

参加人数:男性6名 女性8名

ルート:

コース:

柏6:00⇒常磐・外環・関越⇒花園IC(100km)⇒国道299号⇒9:00登山口(バス停)駐車場(38km)
駐車場9:10→上級者鎖場コース分岐9:55~10:05(装備準備)→垂直壁鎖場10:10~11:10(訓練)→四阿屋山12:00→つつじ新道分岐12:05~12:30(昼食)→休憩所(トイレ)13:00~13:10→駐車場14:00
入浴14:15~15:00⇒花園IC⇒関越道⇒常磐道⇒柏18:30解散

報告:

登山口から鎖場手前まで急登が続く。鎖場手前の広い場所で、各自ヘルメット・ハーネスを装着し、いよいよ垂直壁へ。ビレイヤートップはY氏で先に岩壁を登り準備。(先発隊=K・Y 岩壁中間点待機=A)
いよいよ訓練開始と思いきや、他の登山者6名次に2名と来て、先に譲ったが、一人が壁トップに着いてから次の一人と続くため長時間待たされることになる。訓練は、クライマーはエイトノットにカラビナをかけ、ビレイヤーが半マストで引き揚げ作業を行った。
クライマーは壁トップに着いたらビレイヤーとなり交互に全員が学んだ。半マストは、練習している筈だが、現場ではなかなかスムーズにいかない。壁トップは5人ぐらいのスペースしかなく傾斜もある。セルフビレイ!落ちたら死ぬぞ!Y氏から注意喚起の声が飛ぶ。
一番最後にCLのI氏が登る直前、誰かが石(サイズは大きめ)を踏んで石が落下。落!緊張が走ったが無事でホットする。
下山時、下見の時、通過した道が通行禁止となっていたため道迷いもあったが、全員が怪我もなく無事に下山した。
低山ながら急登、鎖場、痩せ尾根とコンパクトに詰まった山で充実した訓練ができた。
訓練を通して感じたこと3点。①学んだ技術は使える技術でなければならない。②鎖場は自分でコントロールできるスキルが必要。③落石を発生させないよう注意する。

1 2 3 4 5 6 128