?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

秩父槍ヶ岳

山行日:2024年5月29日

参加人数:男性2名 女性1名

ルート:

コース:

相原橋観光多機能トイレ8:17 → 12:04秩父槍ヶ岳 → 13:05コンサイス秩父槍ヶ岳13:35 →  16:07相原橋観光多機能トイレ

報告:

秩父槍ヶ岳に登ってきたー!サクっと登ってサクっと下山、と考えていた…正直言ってナメてた!(反省) …相原橋からバリエーションで登って登山道で下りる周回ルート。生半可な気持ちで挑むと痛い目に遭います!いや…痛いとかでは済まされないハズ…。初めてクライミングハンマーを装備したいと思いました。中には指アイゼン(笑)で登る人も(≧▽≦)
登山道に入るとすぐに高巻きの様な高難度の斜面が現れる!自己確保が困難な急斜面をトラバースして進む。沢に落ちれば大怪我間違いなし。
しかも昨晩の大雨で斜面は濡れており、枯葉と泥土で非常に滑る!入山して僅か5分、山頂までこのチョーハイレベルが続くのだろうかと驚愕した!(のちにココはルートから外れていた事に気付くが、顧みればここが一番怖かった)。
バリエーション故にある程度のシチュエーションは予想していたが、想定を遥かに超えていた!足場の悪い連続急登は勿論のこと、ロープを使用しないと非常に危険な箇所も複数あり、一瞬たりとも気が抜けなかった。
尾根沿いを登って行くと大岩に辿り着く。直登は困難な為、トラバースして巻くしか道は無い。滑落したら只事では済まないであろうスラブを、FIXロープを張って前進する。
更に進むと、斜度60度高さ30m以上あるであろう巨大スラブが現れる。残置された信頼出来ないロープが垂れており、これを利用するか否かで迷ったが、負荷をかけない前提で各自フリクションヒッチやマイクロトラクションでバックアップをとり全員登り上げる。最終目的地コンサイス秩父槍ヶ岳の直前では、5m程の懸垂下降も強いられた。
下山は登山道で戻るだけなのだが、こちらもかなりの急勾配で神経を擦り減らした。今回の山行目的は、積極的にロープワークと読図を活用してスキルアップを図ると言う目的での山行であったが、緊迫した状況のなか必要に迫られて実践出来た事は、非常に有意義な経験値として蓄積されたはず。
純粋に「山を登る」と言う楽しさを、久々に堪能出来た登山でした。上級者にオススメの素晴らしいコースです!

ハイキングレスキュー研究

山行日:2024年5月26日

参加人数:男性2名 女性1名

場所:

報告:

7点セット(補助ロープ10m、スリング120cm、スリング60cm×2,カラビナ×2、安全環付カラビナ)は、2010年頃に県連教遭委員会と救助隊とで推奨し始めたと思われるが、教遭委員会では最新の雑誌記事を参考にして、実際に検証しながら見直しを図っている。
今回、かがりびでも教遭委員会で検証しきれていない項目を取り上げて検証を行った。
1.ロープの太さと操作性
     太さと重さ(長さは20m)
   10mm 1200g
   8mm 1000g
   7mm 900g
   6mm 600g
          参考:登山靴片方600g
  ①急斜面でロープを張って登るケース
   太いほど握りやすい、6mmは手掛かりがわるい。7mmはOK
  ②確保しながら登下降する場合のムンターヒッチの操作性
   6mmは細すぎて操作性はよくない。10mmは摩擦が大きく重い。
  今後も、携帯性と強度を加味して検討していく。
2.スリング120cm(実測115cm)の妥当性
  チェストハーネスは170cmの体格でぎりぎり、冬で厚着すると短くてNG。
  シットハーネスは作れない、いずれも150cmスリングか120cmに60cmを連結すると装着できる。
  今後、スリング120cmは、各自が簡易ハーネスをつくれる長さと改めていく。
3.補助ロープ10mの妥当性
  確保しながらの登下降でセルフビレイとムンターヒッチをセットすると、実質7mしかない。
  懸垂下降ではロープ回収のため、2重にするため、実質4mとなり、長さ不足。20mが妥当である。
  なお、細引きを使った回収方法あり、これだと2重にしなくてよくなる。
   
4.急斜面でロープを張る場合
  オーバーハンド・ノットのコブがあったほうが安心できるが、コブをほどくのが手間である。
  フリクションノットを使ったほうが実用的である。
5.直径20m以上の木を支点にする場合
  ①60cmスリング2本で支点構築
  ②スリングを使わず木にロープでセルフビレイ用支点構築
 
  ③確保支点にセルフビレイ支点をとる
 
6.怪我人の搬送
  歩くことが可能な怪我人であれば、ラビット・ノットで怪我人を確保しながら歩行するのに有効であるが、登り、下りのたびに支点を前後に入れ替える必要がある。
 
7.ザックで担架をつくる
  30リットルのザック2個で作成可能、ただし、搬送者が4人必要。
   
8.その他
  ①急斜面のトラバースでのロープ固定で、終点をロープ テークルで締め上げると、ロープをピンと張ることができる。
 エヴァンズ ノットでも絞ることができるが、ほどくのが硬いという欠点がある。
 
  ②ムンターヒッチのバックアップ
 
  ③懸垂下降での登り返し方法
 

劔山、石鎚山、大山

山行日:2024年5月20~25日

参加人数:男性単独

ルート:

報告:

柏フェスタが終わった翌日、百名山を目指して四国・中国地方の山旅に行く。現地交通を考えてフェリーを利用して車で行く。山旅期間中天候にも恵まれ、目的達成でき良い山行となった。

20日(月)晴 移動日 (走行距離:50㎞)
自宅発13:50⇒柏IC14:00⇒有明IC14:30⇒フェリー乗り場P着14:40
乗船受付16:00→乗船18:00→出港19:00⇒徳島港(オーシャンフェリー びざん)
初めてなので早めに出発した。フェリーは大型トレーラーがほとんどで乗用車は少ない。
フェリー内は快適、二等洋室、カプセルホテルのような寝室、浴室有り。レストランは無、自販機のみ

21日(火)晴 移動日 (走行距離:80㎞)
徳島港着13:00接岸⇒下船13:30⇒R438剣山方面へ向かう⇒道の駅神山(休み)⇒この先道路狭い⇒見ノ越登山口P着16:00(無料、10台程度駐車)付近に広い駐車場あり。剣山神社参拝する。
平日のため駐車少ない。近くの食堂で夕食、明日のおにぎりを注文する。早めに寝る。車中泊

22日(水)薄曇り 剣山(1955m)、次郎笈(1930m)登山  (走行距離:151.4㎞)
起床4:30 P発4:50→西島駅リフト乗場5:20-5:30→剣山山頂6:10→次郎笈山頂7:00→剣山7:50-8:15(朝食)→大剣神社→西島駅8:45→登山口P着9:20 【所要時間:4時間30分】
早朝少し寒い。山頂は広々とした木道の中にある。前方になだらかな次郎笈が見える。快適な登山道である。次郎笈まで行く。薄曇りの中周囲の山々が良く見渡せる。十分景色を堪能した後、剣山山頂ヒュッテで一休み、その後大剣神社経由で下山する。

P発10:00⇒奥祖谷二重かずら橋見物⇒R439⇒名頃三嶺登山口通過⇒R439狭い国道⇒祖谷かずら橋
見物12:00(昼食)⇒道の駅西祖谷12:30⇒R32⇒川之江⇒R11⇒西条⇒石鎚山登山口P着15:30
剣山登山口からのR439は狭く注意が必要。カーナビも案内してくれない道路である。途中のかずら橋は話には聞いていたが観光地化していて外国人が多かった。一見の価値あり。四国の山深さを感じる。
石鎚山登山口はロープウエイ乗場下。石鎚山温泉京谷旅館駐車場で車中泊する。(1000円、入浴料含)
登山口は少し先の西之川登山口からになる。

23日(木)曇り、晴 石鎚山、天狗岳1982m  (走行距離:301.2㎞)
起床4:30 5:00発→西之川登山口→成就白石旅館7:25-7:40→石鎚山山頂・天狗岳10:15-10:50→
成就ロープウエイ駅13:00(1200円)→P着13:10  【所要時間:8時間10分】
14:00発⇒黒瀬ダム(ダムカード)⇒伊予小松IC14:15⇒与島PA16:20⇒岡山道⇒米子道⇒溝口IC18:20⇒大山登山口P着18:40
早朝西之川登山口より登る。途中山中に昔の民家が朽ち果てている。山深い所によくも住んでいたものだと思う。
成就には旅館、石鎚神社などあるが早朝のため無人である。ここより石鎚山を目指す。階段などありかなり険しい登山道である。途中より山頂の険しい岩壁が見えてくる。一気に山頂に登る。ここで偶然会員に会い驚く。
この先の天狗岳まで行く。景色が良い。四国はこれで終わり。これから大山を目指す。下山は成就よりロープウエイに乗る。平日のため登山者が少なく、静かな登山を楽しめた。
大山への途中、黒瀬ダムに立ち寄りダムカードをもらう。親切に対応してもらった。伊予小松ICから大山までは高速道路利用のため楽である。途中与島PAに立ち寄る。岡山道、米子道は山の中で車も少なく走りやすい。
溝口ICで一般道に下り、大山登山口のPまで行き車中泊する。平日のせいか車は多くない。町の賑わいもない静かな所である。

24日(金)快晴 大山(だいせん1709m)   (走行距離:363.8㎞)
起床4:30 朝食、5:00発→夏山登山口→長い木の階段→大山山頂7:40-8:00→分岐(行者道)→(北壁観望)→大山神社参拝→P着10:20 【所要時間:5時間20分】
早朝から快晴、長い木の階段を一気に山頂まで登る。結構キツイ。
山頂一帯は広い木道で保護されている。山頂より春霞の中、日本海が見渡せる。周囲の展望も良い。山頂の山小屋は9時開業のためまだ閉まっている。爽やかである。
これで今回の計画は終了である。下山は途中より行者道に入り、沢を渡るところで荒々しい大山北壁を見る。その後歴史を感じる大山寺に参拝し駐車場に戻る。
平日のため観光客も少なく、付近の店はほとんど閉まっている。暑くなってきたころ駐車場に到着する。
P発11:00⇒(途中そばを食べる)⇒溝口IC11:30⇒米子道⇒中国道⇒新名神⇒伊勢道⇒津IC16:10⇒16:20親戚宅(泊)

四国、中国地方の山はそれぞれが離れていて距離の有る山旅であったが、この間天気に恵まれ体調も良く十分に楽しむことができた。
20日~25日 総走行距離 :1403.41㎞ 合計登山時間:18時間

柏市民活動フェスタ

毎年恒例の「柏市民活動フェスタ」に参加しましたので報告します。
コロナの影響もほとんど無くなり盛況が期待された今年の柏フェスタ、当会は去年に引き続きハウディーモールに出展しました。東口に近いせいもあり多くの通行人が立ち寄りました。

1.日 程  5月19日(日)10:00~16:00当日曇り
2.主催者  柏市民活動フェスタ実行委員会 事務局:市民活動サポートコーナー
3.参加団体 全体:80団体、ハウディーモール:42団体
4.かがりび山の会の出展内容
  1)2区画確保でき良かった。
    展示内容:山の写真の展示、山道具の展示
    配布資料:入会案内書30部、労山パンフ、不要となった山の地図、パンフ等配布した。
  2)参加者 総務部主体 12人参加
  3)当会のブース来訪者 約30人(会の入会案内、労山のパンフレット提供)
    他にも熱心に写真に見入っている年配者が多く見受けられた。太田柏市長も訪れました。
  4)今後について
   ・会活動をPRする良い機会なので、今後も継続して参加していく。
   ・多くの人に来場してもらうため、展示物の方法をもう少し工夫したい。
   ・多くの会員が見学に来てくれることを期待する。

スッカン沢

山行日:2024年5月18日

参加人数:男性3名 女性3名

ルート:

コース:

柏5:30⇒8:30山の駅たかはら8:50⇒9:00雄飛橋駐車場
雄飛橋駐車場9:30→雄飛の滝線歩道→10:00雄飛の滝展望台→10:20雄飛の滝→10:50仁三郎の滝の落ち口・準備後入渓11:05→沢歩き(休憩2回)→14:10雄飛橋のたもとにて脱渓→14:20雄飛橋駐車場
雄飛橋駐車場14:40⇒15:30まことの湯17:15⇒20:30帰柏

報告:

気温が高い晴天の沢日和。「山の駅たかはら」で合流後、雄飛橋駐車場へ。
スッカンブルーの鹿股川や滝を眺めながら、雄飛の滝線歩道を下る。雄飛の滝展望台から、雄飛の滝下近くまで行く。2月に訪れた時とまるで違う景色に感嘆!歩道に戻って仁三郎の滝の落ち口から沢に降り、準備して入渓。
天気は良くても水はまだ冷たく身に沁みるが、透明度の高い美しい沢、滑って水にたっぷり浸かっても、水を飲んでしまっても気にならない。日当たりの良い場所で休憩を取り、体を温める。
大きな滝は避けるも、登山インストラクターの指導の下、持参したロープを出す場面が2回あり。エイトノットとクレイムハイストを使って難所を登る。流れの早いところはお助けロープで補助。小さい滝は中央突破。流れの早い滝や対岸渡りに果敢にアタックするメンバーも。ナメは少ないが、平らなところは気持ち良く歩け、変化に富んでいて、充分楽しめる沢だ。
雄飛橋駐車場の手前で脱渓。脱渓後に長い林道歩きがないのが楽で、すごく良い。装備を解いて、矢板温泉「まことの湯」でまったりした後、柏に帰る。

難台山・愛宕山

山行日:2024年5月21日

参加人数:女性3名

ルート:

コース:

柏駅5:38⇒6:38岩間駅7:00→7:55愛宕山8:15→9:10南山→9:45団子石峠→団子山→大福山→11:15難台山11:45→12:05すずらん群生地分岐12:50→13:25道祖神峠→14:10吾国山14:22→15:50福原駅15:55⇒16:14友部16:20⇒17:39柏  歩行時間8時間50分 17㌔
コースタイム6時間25分

報告:

天気予報を再々チェックして 予備日に決行。泥濘はないけれど滑りやすい箇所がたくさんあり、注意して歩きました。
愛宕神社の階段は急で長い、でもせっかくなので登り、お参りしました。 悪態祭りの参拝道、天狗の祠があり興味深い神社でした。
新緑の木々の下を進む。巻き道がある箇所も皆さん急登のコースを選び、滑り止めの丸い小さな木が少し出ていてロープと合わせて利用して登りました。
団子石の手前の低いテーブルとイス、土が流れて低くなったそうです。団子山、大福山 と美味しい名前の山頂を通過、獅子ヶ鼻 天狗の奥庭 屏風岩 を見て難台山へ 山頂は貸し切りでした。
すずらん群生地分岐で花は期待できないが せっかくなので群生地まで下りました。あと一座 吾国山までの登りを頑張り 山頂の神社でお参りし 下山、駅までのルートは 車の少ない道 笠間市のハイキングコースの案内通りにに歩いたので 歩きやすかったです。
低山のアップダウンが多いロングコースでしたが 野鳥のさえずりに癒され お喋りしながら楽しく歩きました。

1 2 3 4 159