?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

西穂高独標

山行日:2022年1月2,3日

参加人数:男性1名 女性1名

ルート:

コース:

1月2日:300流山⇒(8:00)ロープウェイ新穂高温泉駅(9:00)⇒(9:30)西穂高口駅(10:00)→(120)→(12:000)西穂山荘(泊)

1月3日:西穂山荘(7:00)→(30)→(7:30)西穂丸山→標高2600m地点→(9:00)西穂山荘(9:30)→(90)→(11:00)西穂高口駅⇒(11:30)新穂高温泉⇒入浴⇒19:00流山

報告:

天気を考え一日ずらすも好天は望めず。しかし、雪山に登りたいKさんの強い思いに、行けるところまで行きましょうと出発。新穂高P到着時は晴、Kさん、うっとりと雪山を眺める、いい笑顔だなあ。ロープウェイを乗り継ぎ身支度を済ませ歩き出す。1日目は小屋までなのでのんびり。
翌日は朝から雪で小屋付近は微風。7時出発。予想通り稜線に出ると爆風である。30分かけて丸山へ到着。風は強いが時間にはかなり余裕があったので前に進む。斜度もきつくなり一歩一歩慎重に登る。2600m地点、先行していた人たちが下ってくる「この先はもっと風が強いですよ!!」と。皆独標までは行けずに戻ってきたようだ。私たちも安全第一を考えて今回はここまでと小屋へ引き返すことにした。トレースはすぐに消たがうっすら見える稜線上を外さないように下山した。
今回Kさんとご一緒させていただき、多くのことを学ぶことができました。雪山と向き合うKさんは青年のようで81歳とは思えぬ情熱に溢れていました。また行きましょう!

高尾山~陣馬山

山行日:2021年12月31日

参加人数:男性3名 女性1名

ルート:

コース:

柏駅5:57⇒新宿駅⇒7:45高尾山口駅8:00…琵琶滝…薬王院…10:10高尾山10:40…11:20小仏城山11:40…12:30景信山13:00…14:00堂所山14:10…15:30陣馬山16:30…17:45陣馬高原下BS18:25⇒19:00高尾駅⇒東京駅⇒20:50柏駅

報告:

①高尾山口駅~高尾山:気温2度の中、高尾山口駅を出発(写1)。琵琶滝を横目に6号路を登る。高尾山直下の急な階段を登った後、御朱印を頂くため薬王院に下る。薬王院は、初詣の準備が完了していた。
②高尾山:高尾山山頂は、大晦日と思われぬほど沢山のハイカー(写2)。富士山は山頂から中腹まで雲がかかり、その美しい姿を見せなかった。
③高尾山~小仏城山~景信山:小さいアップダウンが続く縦走路。高尾山間近のまき道で氷花を発見(写3)。段々と天気が悪くなり、白い物も舞い始めたが、所々ぬかるんでいる登山道を快調に進む。
④景信山~陣馬山:時折り進行方向左側に相模湖が見える縦走路。すれ違うハイカーは少なくなり、静かな山行を楽しむ(写4)。
⑤陣馬山:山頂到着後、北風の強風が吹き始め、気温は急降下(写5)。そのため、山頂からの富士山と夕陽はあきらめ、風の少ない場所まで下りて餅を食することにした(写6)。
⑥陣馬山~陣馬高原下BS:暗闇の中、ヘッテンつけての下山となった。このルートは張り出した木根が多く、暗くなってからの下山はお勧めできない。

白毛門

山行日:2021年12月26日

参加人数:男性3名 女性1名

ルート:

コース:

豊四季中学校(5:00)⇒(5:15)流山IC~常磐・外環・関越水上IC[180km](7:30)⇒コンビニ立寄り⇒[12km](8:15)谷川岳ドライブイン・身支度し出発(8:45)→(9:20)訓練場・標高720m[歩行・ストック・ピッケルワーク等の訓練を実施・約2時間](11:20)→(11:25)登攀訓練登り・標高900地点(12:20)→(12:25)登攀訓練下り→(13:00)白毛門登山口に下山[ワカン装着]→(13:40)谷川岳ドライブイン(14:00)⇒(14:30)湯テルメ入浴(15:40)⇒(15:55)水上IC⇒(18:00)流山IC⇒(18:20)柏解散

報告:

当日は全国的にこの冬一番の冷え込みの予報、訓練場である白毛門登山口周辺は、気温-7~8度・風速3~4m、終日降雪の予報。
5:00柏を出発。関越自動車道・前橋IC付近では快晴の青空。それが水上ICに近づくにつれ、どんよりとした曇り空に変わり雪がちらつき出す。程なく、水上の町に入ると路面に雪が現れ、見る見るうちに雪景色に変り、雪の粒も大きくなる。8時過ぎに土合駅に着いたが、帰りの車出しを考え近くの谷川岳ドライブインに駐車。降雪と風の中、凍える手で身支度を整える。
8:45訓練地に向けて歩き出す。9:20CLが適地を見つけ訓練開始。他にも2~3のグループが訓練している。まず最初に、膝上まで埋まる新雪の斜面をストックを横に持ちラッセルで踏み固めてゆく。皆初めて?のラッセル訓練。次に、アイゼン歩行の説明・耐風姿勢・ピッケルでの滑落停止訓練を実施。途中小休止をはさみ、2時間余りの訓練を行う。
次に、11:25登攀訓練開始。白毛門の急な登山道を登る。岩・木の根が雪に隠れてアイゼンが効かない所もあり、注意深く登る。12:20標高900m地点まで登る。ここから下山開始。13:00東黒沢の橋を渡り、登山口に到着。ここでワカンを装着、駐車場まで歩く。
今回は雪山で使ういくつかの技術を体験出来ました。気象条件の厳しい中での訓練は、大変参考になりました。

日和田山

山行日:2021年12月18日

参加人数:男性5名 女性3名

ルート:

コース:

柏駅西口05:55⇒07:35巾着田臨時駐車場07:45→8:15男岩・女岩(男岩南面5.5ルート、西面ルート、女岩クラック、懸垂下降トレ)14:43→15:07駐車場⇒17:30柏駅西ガススタンド17:45解散(CLは場所取り前泊&現地解散)

報告:

新人4人は初めての岩登りでしたが、皆さんのサポートもあり楽しく登ることができました。
8時過ぎに到着時は1番乗り。CLが前泊し早朝からロープを2本掛けてくれました。登山中に、こんな壁の岩が見えてくると、決して登ろうなどとは考えないレベルの斜度です。
男岩南面の難易度5.5を順番に登ります。持ち手や足掛かりの薄い箇所もありますが、手のひらでフリクション等取りながら慎重にバランスしつつ登ります。ベテランの方々は身のこなし軽くクリアされ、新人もボルダリング経験者はスムースでした。
次は男岩の西面を登ります。こちらは持ち手を探せば上部までは比較的簡単でしたが、最上部はオーバーハング気味でKさんだけがクリア。その後、女岩のクラックに挑戦しますが、ここもKさんとCLはオーバーハングを超えて貫禄のクリア。Mさんもクリア寸前まで到達。最後に皆で懸垂下降の訓練をしてお開きになりました。
少し人数が多目で回数は稼げませんでしたが、寒波の入った快晴の1日を楽しんだ岩トレでした。

雲取山

山行日:2021年12月19,20日

参加人数:男性1名 女性2名

ルート:

コース:

1日目 柏駅 4:48⇒奥多摩 7:37  奥多摩(バス) 9:00⇒鴨沢 9:35
鴨沢 9:45→堂所 12:10→七つ石小屋 13:05→七つ石山 14:00→ブナ板 14:15→小雲取山16:00→雲取山山頂 16:30→雲取山荘 17:00(歩行時間 7時間15分)
2日目 雲取山荘6:40→雲取山山頂 7:20→雲取山荘 7:40 雲取山荘8:00→大ダワ 8:35→芋の木ドッケ 9:25→白岩小屋 10:00→前白岩山10:30→前白岩の肩 10:45→お清平 11:25→霧藻ヶ峰 11:50→三峰神社 (歩行時間 5時間10分)                                      三峰神社バス停 15:30⇒16:45 西武秩父駅 17:08⇒18:00 飯能18:08⇒18:25 小手指 18:32⇒18:41秋津 18:44→(徒歩)18:50 新秋津 18:55⇒19:46 新松戸 19:50⇒19:59 柏着

報告:

今回は本当にいろいろなことを経験できた貴重な山行であった。
初日はバス停に忘れ物をして、バス停2つ分戻りまたバスに乗りなおしたり、1人がバテてしまい、コースタイムをだいぶオーバーして、日没ぎりぎりに小屋に到着したことや、二日目に出発の際、一人のアイゼンが両方切れて急遽ロープを使いアイゼンを固定してスタートしたりとトラブル続きでしたが、その都度3人で力を合わせてトラブルを回避できたことが、何より貴重な経験であった。
二日目は雲取山山頂まで戻り朝日の富士山を見ることができ、雲一つない富士山の姿に感動した。前白岩山あたりではシカの親子にも遭遇した。目がくりくりとした小鹿がお母さんにくっついて歩く様子がとても可愛かった。お清平当たりでは、枯葉が深く積もり歩きにくいところもあったものの、比較的歩きやすいコースであった。三峰神社を参拝し、お蕎麦を食べて帰りました。

赤雪山と仙人ケ岳

山行日:2021年12月12日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

柏(5:00)⇒佐野IC⇒国道50号線⇒松田川ダムP到着(7:20)登山口(7:30)→赤雪山(8:30)→三角山(10:10)→仙人ケ岳(11:00)休憩 発(11:20)→熊野分岐(11:50)→知の岳分岐(12:00)→松田川ダムP到着(13:00)(歩行時間 5時間30分)

報告:

日曜日の早朝の為か混雑もなく松田川ダムに到着した。駐車場らしき所もなく道路が広くなっている所に止める。
赤雪山迄は急登だが、杉の間から朝日が差し込み清々しいスタートでした。仙人ケ岳までの稜線歩きは、木の葉に道が隠された状態で先を見据えないとわからない所もあり、隠された石や木の根に気を付けて進んだ。
天気にも恵まれ、稜線からは遠くの山々が見え、知の岳分岐辺りで松田川ダムも見え展望も良い。予定より早く下山出来たので、近くの名草厳島神社に参拝した。足利七福神めぐり社寺の一つで弁財天神社だそうです。この近くの名草巨石群にも足を運んでみたい。

1 2 3 4 87