?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

恵那山と木曽路

山行日:2023年11月11,12日

参加人数:男性4名 女性5名

ルート:

コース:

11/10 柏20:00⇒常磐・中央道⇒岡谷JCT⇒飯田山本IC⇒天龍峡IC(314km)⇒24:25道の駅 信濃路下條(泊)(3km)
11/11 道の駅4:45⇒5:45広河原登山口特設P6;00→6:50広河原登山口→6:55恵那山登山道入口→7:20トンネル→7:25恵那山広河原登山口→10:50恵那山→11:20恵那山避難小屋→11:40恵那山→15:00広河原登山口特設P15:30⇒16:30大江戸温泉物語ホテル木曽路(泊)(27km)
11/12 ホテル木曽路8:20⇒8:35妻籠宿駐車場⇒8:45タクシー⇒9:05馬籠宿→10:15馬籠峠→妻籠宿(9km)⇒妻籠P12:20⇒飯田山本IC⇒中央道・常磐道⇒柏IC⇒19:15柏

報告:

道の駅に着くと予報ほど寒くなく、幸運にも道の駅に和室が一室あり、全員が眠れる広さ、睡眠と朝食で使わせていただきました。登山口駐車場の手前までしか行けないので1時間早めの出発とする。
駐車して準備する間に辺りが明るくなってきた。鹿の鳴き声が聞こえる。登山道入口手前の木の上に猿を発見。熊出没注意!の立て看板。トンネルを抜けると細い簡易な橋があり落ちないよう注意して本谷川を渡る。
山道はぬかるんでいる。しかも急登が続く、短い笹の間を4合目まで進む。しばらくすると展望が良くなり 雲海の向こうに御嶽山や聖岳が見えた。だんだん丈の長い笹に覆われ身体がすっぽり入ってしまい、葉の雫で袖が濡れる。
8合目辺りから足元はゴロゴロした岩があり、滑らないよう気を付けて行くと頂上に到着。多くの登山者が休んでいる。恵那神社奥宮の祠の横を過ぎると避難小屋があり その後ろの岩を登るとまだ消えぬ雲海に浮かぶ南アルプスの山々が見える。
下山ではさらに滑りやすい、転んだり、尻もちをついたり、しかし誰も怪我をしなかった。林道に入ると おしゃべりをしながら和気あいあいと駐車場まで長い距離を歩いた。
大江戸温泉物語ホテル木曽路に宿泊し12日は石畳 水車 干し柿をつるした家屋 昔の面影を残した馬籠宿から妻籠宿まで ゆっくりと散策。夏の雨で崩落個所があり 男滝女滝のところは迂回路を通る。
百名山の恵那山登頂、中山道自然歩道散策 道の駅に宿泊 良い体験が出来ました。帰路の中央道は工事で渋滞がありました。

三鈷室山

山行日:2023年11月11日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

柏⇒那珂IC⇒R349⇒県道⇒730里川登山口→(120)930前室山→(20)妙見山→1030三鈷室山→(120)1230里川登山口

報告:

三鈷室山を歩いてみたく調べてみると、近くにマイナーな2座もあることが判明。いばらきの山探検家シモンさんに聞いたところ、9年前に歩いたコースがあるから参考にしてくださいと地図をいただいた。ジオグラフィカで地図通りにマーカー打っておいた。
迎えた当日、スタートするもピンテも踏み跡も全くない。何度か道迷いをし、藪漕ぎしながら昔の林道に出たときにはほっとした。が、それも束の間、前室山への上りはまたまた何のサインもなし。とにかく頂目指してようやく登頂。
三鈷室山を経て一般ルートを下山、フカフカの土でとても歩きやすい。終盤、「伐採作業のため迂回お願いします、黄色いテープを目印にお進みください」と書いてあったのでお進みしたが、途中でテープがなくなる、?でしょ、どーする?山頂まで戻り別コースを利用する体力と時間はある、でも戻りたくない・・とプチパニック。
等高線のゆるい所から下りられないかとジオグラフィカで現在地を再確認してみると、シモンさんが辿ったコースは別にあった、マーキングのおかげで助かった。一般道ではないが、なんとか里まで降りることができた。

社山・黒檜岳

山行日:2023年11月4日

参加人数:男性1名 女性2名

ルート:

コース:

湯本キャンプ場5:30⇒二荒山神社駐車場(自転車置く)⇒6:00歌ヶ浜駐車場6:15→7:12社山登山口→7:35阿世潟峠→8:45社山9:00→11:30黒檜岳11:45→13:36黒檜岳登山口→13:41千手ヶ浜→15:21竜頭の滝→15:38滝の上バス停16:09⇒二荒山神社バス停(自転車回収前田さん)⇒16:40中禅寺湖温泉下車⇒やしおの湯⇒日光有料道路⇒一般道路⇒10:00柏到着解散
(参考)
1. 紅葉の季節のため大変混雑していた。前日の夕方中禅寺湖方向、いろは坂通過時間、2時間(通常30分)掛かりました。
2. バス湯の滝上~中禅寺温泉料金(580円)
3. 温泉やしおの湯(700円)
4.コースタイム、9時間45分(休息を含む) ・距離16.8キロ

報告:

暗闇の中テント撤収、Mさんの周回用の自転車を二荒山神社駐車場の一角に置き、出発地点の駐車場へ向かう。良い天気に恵まれそうな、わくわく感を全身に感じ出発した。
途中、朝日が男体山やこれから登る社山、黒檜岳を照らしていたが、はるか彼方に見え心が折れそうになった。登山口から木の葉の中しばらく登ると阿世潟峠に着く、中禅寺湖や男体山や周辺の山々を見ながら山頂を目指した。岩が点在する山頂へ到着した。
足尾方面から一人で来た女性が鹿道を歩いて来た???と不思議な言葉を。その言葉を理解できたのは黒檜岳までのルートだった。幾つもの鹿道(けものみち)が有った。人間道ルートから外れないようにと歩いていたが、いつの間にか鹿道を歩いていた。
2,3度軌道修正をしながら黒檜岳に到着した。山頂は樹林の中で立ち枯れや倒木が多く展望はない。下山は樹林の中、赤と黄色の道標やピンクの目印を頼りに進んだ。足場も悪く藪漕ぎも有り気を付けて行動した。中禅寺湖が見えた時はホッとしました。
千手ヶ浜を経由し2時間歩き竜頭の滝に到着した。最後の階段を登り滝の上バス停留所からバスを利用した。長い道のりでしたが変化のある楽しい山行でした。

古賀志山

山行日:2023年11月3日

参加人数:男性1名 女性2名

ルート:

コース:

柏周辺05:00⇒07:45宇都宮市森林公園P・08:15→赤川ダム→08:28中尾根コース分岐→(中尾根コース)→10:32斑根石山10:54→11:13富士見峠11:23古賀志山→12:07御嶽山12:34→12:45古賀志林道→13:06南コース登山口→(南コース)→13:43 赤川ダム→14:00宇都宮市森林公園P14:15⇒(温泉)⇒19:00日光湯元キャンプ場(泊) コースタイム 4:49 所要時間5:48(休憩込)

報告:

柏から一般道で向かう。温かい朝で霧が立ち込めていた。駐車場は大駐車場が8時開放のため余裕。目指す古賀志山が見える。
先ずは赤川ダム沿いを進む、湖底の修理なのか水が抜かれていた。芝山橋を渡り中尾根コースに進む。岩場では三点支持をしっかり、トラロープがあるが心許ない。垂直に見える岩場、見上げると真っ青な空。それでも緊張感を持って登る。
軍艦岩は船の舳先の形。斑根石山は559mが最高地点です。地元の方に「ハンネイシヤマ」と教わる。富士見峠は少し広くベンチがあるが富士山は見えない。古賀志山の山頂標識で記念撮影。
御嶽山では展望が良く男体山ファミリーが見えた。南コース登山口から林道を歩く、赤川ダム1400mの道標から山道に戻りダムの管理棟が見えたら橋を渡って、間もなく駐車場に到着。岩場の多い山、鎖やロープ、手掛りがあり 安全に登り、下ることが出来ました。

マムシ岳

山行日:2023年11月4日

参加人数:男性4名

ルート:

コース:

柏5:00⇒常磐道柏IC⇒外環道⇒関越道⇒上信越道下仁田IC⇒7:40キリンテ登山口8:00→8:10キリンテのコル→9:30大岩の頭9:40→10:20マムシ岳10:35→11:30 1348mピーク11:40→12:20マムシのコル12:30→13:10ゲンナイ登山口→14:00日キリンテ登山口14:20⇒15:20しおじの湯16:20⇒上信越道下仁田IC⇒関越道⇒外環道⇒常磐道柏IC⇒20:00柏GS

報告:

岩場かつ点線ルートの山が多い西上州。マムシ岳も例外なく点線ルートゆえのルートファインディングが求められる山でした。
登山口からして案内板なし、送電線巡視路を行くルートでした。それにしても紅葉が素晴らしい。
ルートは藪と落葉で一部不明瞭しかも滑りやすい気の抜けない場所でした。藪も枯れた状態のため藪漕ぎすれば体にザックに落ち葉が着く状態。
しかも岩場のロープは支点が枯れ木のところもあり下手に力を入れられない。
これほど冒険心でワクワクするルートが、かつてあっただろうかというぐらいに楽しく登れました。しかも我々のほかに誰にも会わないとても静かな山行でした。
ただ山頂付近で目撃はできませんでしたが、落石というか地滑りというか斜面が崩壊する音が聞こえてドキッとしました。あれはどこが崩れたのでしょうか。

鵜原岩峰

山行日:2023年10月29日

参加人数:男性8名 女性4名

ルート:

コース:

柏駅6:00⇒下道⇒8:40鵜原駅
鵜原駅前9:00集合⇒駐車場9:20→散策道→海岸(岩峰)9:50→クライミング訓練→13:40終了→駐車場14:30

報告:

教遭委員会主催のクライミング講習(入門編)の第六回目(最終)で、外岩訓練として房総の鵜原岩峰で訓練を行った。
二つの岩峰があり、右側の岩峰へは干潮時にしか渡れないため、潮が引いたタイミングで渡るも、訓練中、徐々に潮が満ちてきたため訓練時間を早めて戻ってきた。
訓練としては左岩峰に4コース、右岩峰に2コースのロープを張って、トップロープクライミングの訓練を行った。
岩がもろい箇所があり、落石が何度かあった。
また、室内ジムではスルスル登っていた人が、外岩ではなかなか登れない人がいた。
ジムでは手掛かりがしっかりとあるが、外岩では出っ張りや穴が小さいため、腕力で登っている人は苦労していたようだ。足で登るのが基本である。

1 5 6 7 8 9 150