?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

伊吹山

山行日:2022年12月31日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

伊吹山上野登山口08:36 – 09:00ひろきち地蔵 – 09:04一合目(伊吹高原荘) – 9:27伊吹山松尾寺 – 09:31二合目 – 09:53徳蔵山 -10:09三合目 – 10:20四合目 – 10:36五合目10:40 – 10:46上平寺尾根分岐 – 10:54六合目避難小屋11:03 – 11:21七合目11:26 – 11:50八合目12:02 – 12:18山頂周回道分岐・合流点 – 12:29日本武尊像 – 12:34伊吹山12:37 – 12:39日本武尊像 – 12:47山頂周回道分岐・合流点 – 12:59八合目13:04 – 13:11七合目 – 13:15六合目(標識) – 13:20上平寺尾根分岐 – 13:26五合目 – 13:34四合目 – 13:40三合目 – 13:49徳蔵山 – 13:59二合目 – 14:13一合目(伊吹高原荘) – 14:31伊吹山上野登山口

報告:

曇り予報であったが現地に着くとまさかの雨。雨あがりを待って、計画よりも2時間半遅れでスタート。
積雪量がギネスに登録されているだけあって、1300mの低山にもかかわらず結構な雪の量。加えて雪山であるにもかかわらず、登山者数も物凄く多く人気の高さが伺える。
元々スキー場であった所が登山コースになっており、6合目避難小屋までは比較的登りやすいルートであった。6合目以降山頂迄のルートは夏道ではつづら折りのルートとなっているが、雪山では30度近い勾配を皆直登しており、壁を登っている様であった。実際、6合目以降撤退する登山者が続出しており、簡単には登らせて貰えない。
登頂時の状況は地吹雪が顔を打ちつける程の強風であり、視界眺望ゼロ。ホワイトアウトで前後左右、上下も分からない程。山頂標を確認したくGPSを頼りに道なき道を進むと、雪庇を踏み抜いてしまった。幅十数メートルにわたって表層雪崩を誘発してしまったが、幸いにも落差5m程度で済んだ。大事には至らなかったものの大変反省すべき行動であった。

蛭ケ岳 丹沢山

山行日:2022年12月20,21日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

1日目:435柏⇒701新松田7:15⇒826西丹沢VC840→<ツツジ新道>(110)1030展望園地→(90)1150檜洞丸1210→(110)1400臼ケ岳→(90)1530蛭ヶ岳山荘(所要時間6時間50分)

2日目:700蛭ヶ岳山荘→(90)830丹沢山→(190)1140高畑山1155→(50)1245三叉路1250⇒本厚木(所要時間5時間45分

報告:

西丹沢からツツジ新道経由で蛭ヶ岳に行くルートは、私にとっては修行だと思い何度か通っている。二日分の食料と水5リットル、酒300mlを背負って出発。
ゴーラ沢出合からは、急登となり汗が雪の上にポタポタ落ちる。標高1000mを過ぎると積雪も増えチェーンスパイク装着。檜洞丸で昼食を取りすぐに出発、遠くに蛭ケ岳山荘が見える、ここからが精神的にも辛くなる。
臼ケ岳を越え、最後の登り、何度か立ち止まりながらも明るいうちに小屋に着くことができた。宿泊者が少なかったので、小屋番さんからのお酒の差し入れあり、消灯時間も延長され、楽しい宴となった。
翌日は、丹沢山から宮ケ瀬へ抜けるルートをチョイス。丹沢山から11キロと長いが雪が適度にあり歩きやすかった。最後はバスの時間との戦いとなり、大汗かいてバス停に着いた。

京都・愛宕山+保津峡歩きで嵐山まで

山行日:2022年12月29日

参加人数:男性単独

コース:

保津峡駅06:48→07:05登山口→08:38水尾分かれ→09:02愛宕神社社務所→愛宕山(神社)09:28→09:42展望広場→10:18月輪寺→11:23清滝→11:37渡猿橋→12:24トロッコ保津峡駅→保津峡右岸歩き→15:40嵐山・渡月橋→竹林の小径→16:16嵯峨嵐山駅

報告:

奈良に帰省の際に、学生時代を過ごした京都の嵐山から見える愛宕山に登り、その後、保津峡沿いを嵐山・渡月橋まで歩きました。
JR保津峡駅を日出直前にスタート。登山口からは整備された急登が続く。稜線に出てからはアップダウン少なく歩き易い。「水尾分かれ」からは表参道なので人が増える。この辺から積雪が数センチ。凍っているので足の置き場に注意して進む。総門をくぐって愛宕神社の境内。最後の石段は安全のためチェーンアイゼン装着。山頂の愛宕神社では安全登山に感謝。
下りは月輪時参道コース。京都市街を一望できる展望台で少し感慨にふける。雪が標高700m以下まであるが凍ってはいないので助かる。月輪寺経由で下山。
清滝からは京都トレイルで清滝川右岸を歩く。トロッコ保津峡駅の階段を降り、川沿いに進む。いよいよ今日のメインイベント保津峡歩き。
一旦線路をくぐって右斜面をジグザグに登り稜線からは赤テープを頼りに稜線末端を左に下る。中腹の細いトラバースが切れ落ちているので慎重に。一旦保津峡の河原歩きのあと大岩にぶつかるので高巻くが、足場が悪く細いトラバース続きが長くて心が折れかかる。
再度河原に出てからは終始河原歩き。先の見えない切れた岩場のヘツリなどが続く。時折手を使う投降はあるが危険を感じる箇所は無い。旅館の建物からは平和な車道歩きで観光地の嵐山・渡月橋に出た。
約30年振りの嵐山だったが、コロナ後ながら外人が多い(半分以上な感じ)のには驚きだった。

城山・葛城山

山行日:2022年12月24,25日

参加人数:男性2名 女性3名

ルート:

コース:

12/24(土)樫本家5:00⇒流山IC⇒常磐道⇒首都高⇒東名⇒伊豆縦貫自動車道⇒伊豆中央道⇒8:15城山登山口P
城山登山口P8:40→(70)→9:50城山10:05→(120)→12:05葛城山13:05→(130)→15:15城山登山口
城山登山口P15:30⇒16:00モビリティーパーク(ケビン宿泊)
歩行時間:約5時間(コースタイム1.2倍)所要時間:約6時間30分
12/25(日)モビリティーパーク10:30⇒11:45御殿場アウトレット15:20⇒19:30柏

報告:

12/24(土)城山に近づくと荒々しい山様が見える。5台ぐらいのスペースに駐車。
城山登山口から登り始めてすぐに城山の岩壁に挑戦するクライマーを見上げる。城山山頂からは、雪を被った富士山が美しく見える。葛城山背面登山口からは、かなりの急登が長く続き、ふくらはぎがパンパンになるほど。滑らないように、転ばないようにゆっくり慎重に登る。山頂手前に開けたところがあり休憩。パラグライダーが飛び立つところだろう。
葛城山山頂は富士山が美しく見える観光地「碧テラス」。さえずりの丘展望台、恋人の聖地、ボードウォーク、百体地蔵像、りっぱな二等三角点、源頼朝公の鷹狩りの像、葛城神社、フラワークラフト花富士を見て下山。
低山とは言え、山らしい山を満喫した。
宿泊のモビリティーパークに到着後、タープを張り、焚火を焚いて、ダッチオーブンで丸鶏を焼く。いろいろと準備が忙しかったが、天気も良く風もない星空の下で、皆で食べる夕食は最高に美味しかった。暖炉のあるケビンで2次会を楽しんで就寝。
12/25(日)朝は全体に霜が降り、うっすらと白い世界。焚火を焚き、美味しいホットサンドの朝食。片付けが大変ではあったが、とても楽しいキャンプだった。
御殿場アウトレットでウィンドーショッピングをして帰宅。

南房総 忘年山行

山行日:2022年12月17,18日

参加人数:男性11名 女性4名

ルート:

コース:

12月17日(土)現地 曇り午後雨
柏西口発5:30⇒千葉北IC6:20⇒市原SA6:45⇒鋸南富山IC7:40(1800円)⇒大日山登山口P着7:55
現地登山口P発8:25→大日山9:15-9:25→宝篋塔山9:40→鷹取山10:30→御殿山10:55-11:15→鷹取山11:35→P着13:15  【所要時間:4時間50分】 この後雨のため高塚山中止ホテルへ行く。
P発13:30⇒道の駅「潮風大国」買物⇒南国ホテル着14:40 ホテルフロント混雑 (泊)

12月18日(日)現地 晴、風強し
ホテル発8:10⇒高塚不動尊P8:30-8:40→高塚山9:25-9:30→P着10:15 【所要時間:1時間35分】
P発10:30⇒平群天神社P着11:20-11:30発→伊予ヶ岳南峰12:35→北峰→南峰13:00→P着13:50【所要時間:2時間20分】 P発14:00⇒鋸南「ばんや」(昼食)⇒鋸南富山IC15:30⇒市原SA⇒穴川IC17:00⇒大津ヶ丘GS18:10(清算・解散)⇒柏西口19:00

報告:

コロナの影響が少なくなってきたこの頃、久しぶりに泊りでの忘年山行を行い、多数の会員が参加した。初参加の会員も多く、充実した忘年山行となった。
17日(土) 曇り空の中大日山登山口を目指し、柏を出発する。予定通り現地駐車場に到着、大日山を目指す。
山頂から房総の山々が良く見える。この先海軍航空機墜落慰霊碑に立ち寄り、林の中の宝篋印塔山を通り鷹取山、御殿山に向かう。途中急な木の直登階段があるが一気に登る。御殿山手前には、見事な椿の回廊があり房総の山の植生の豊かさを感じる。
山頂で一休み。曇天ではあるが房総の山々が一望でき、見ごたえがある。帰路は足元に注意しながら、駐車場まで下山する。この頃雨が降り出したため高塚山は中止し、道の駅経由で南国ホテルへ向かう。
南国ホテルは野島崎の先端にあるホテルで、当日は宿泊客で一杯であった。早めに到着してゆっくりでき良かった。夕食はバイキング形式、二次会も楽しく過ごすことができた。

18日(日) 朝から強風、波しぶきが立っている。昨日行けなかった高塚山経由で、伊予ヶ岳に向かう。
登山口の高塚不動尊Pに駐車、お参りをして出発。昨日の雨のため登山道はぬかるんでいるため、滑らないように注意して登る。暖かいためか植生が豊かである。途中より太平洋が良く見え素晴らしい景色である。
山頂の不動尊奥ノ院にお参りして下山、昔の人々の宗教心に感銘を受ける。下山後、快晴の中房総半島を横切り伊予ヶ岳登山口平群天神社へ向かう。
伊予ヶ岳の登山道は3年前の台風の影響で随分荒れていたが、山の会などの人々の努力により現在は整備されている。整備された登山道を登ると、頂上直下の岩場のとりつきに着く。岩場に自信のない数人はここまで。
ロープを使い狭い岩山の山頂に着く。風は強いが房総の山々が見渡せ絶景である。この後北峰まで行き、岩場の下りを注意して下りる。全員無事駐車場に下山し、最後にCI,SLのハイタッチで終了する。
この後「ばんや」で遅い昼食を取り、全員柏に帰る。参加人数が多く楽しい忘年山行となりました。

鍋足山

山行日:2022年12月21日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

荒川沖(6:00)⇒日立南太田IC(7:10)⇒湯草登山口(8:15)→南沢出合(8:25)→二の滝(8:40)→三の滝(8:55)→四の滝(9:10)→奥の滝(9:30)→尾根取付き(10:00)→鍋足縦走路(10:30)→鍋足山(10:40)→Ⅱ峰Ⅲ峰コル(11:10)→北尾根分岐(11:35)→北尾根ピナクル(12:10)→笹ピーク(12:45)→湯草登山口(13:05)

報告:

湯草集落近くの道路わきの広い路側に車を止めて、集落の奥へ進む。
廃屋の脇の沢を進むとすぐに澤和を渡る木橋があり、渡るとすぐに南沢分岐。南沢に入ってすぐに小さな滝(一の滝か?)沢を素直に遡上すると二の滝、三の滝、四の滝と続き、奥の滝に出る。いずれも10m~15mで傾斜も緩いが、黒くて滑るため、登山靴では厳しい。
滝の手前から高巻きをするが、高巻きも悪いので、沢登りに慣れていない者だとロープで確保した方が良いくらい。奥の滝を越えてしばらくでピンクテープがたくさんある広い渓相となるが、ここまで来ると行きすぎ。右岸の緩やかな尾根に取りついて登る。
道ははっきりしないが、尾根伝いに進めば、鍋足Ⅱ峰の巻き道に飛び出す。鍋足山を往復して、縦走路を猪鼻峠方面に向かい、北尾根分岐から急斜面を下って、北尾根に進むが道は不明確。絶えず地図とコンパスを確認しながら進む。
途中何ヵ所か間違いやすい尾根分岐がある。道は笹薮に入り、最後のピークで南方向に進むと道らしきものが出てくるので、これをたどれば集落の果樹園に出る。

1 5 6 7 8 9 122