?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

竜神峡・亀ヶ淵・武生

山行日:2023年10月22日

参加人数:男性2名 女性2名

ルート:

コース:

大津ヶ丘団地6:00⇒6:15マミーマート柏根戸店⇒谷和原IC⇒那珂IC(75km)⇒県道62号、県道166号、県道33号⇒8:10竜神峡第一駐車場(30km)
第一駐車場⇒8:45竜神ふるさと村→9:30亀ヶ淵→10:30武生神社→宝剣洞展望台→11:20竜神ふるさと村
竜神ふるさと村⇒竜神峡第一駐車場⇒散策⇒12:45竜っちゃん乃湯14:10⇒常磐道⇒川口家⇒17:15大津ヶ丘

報告:

竜神橋からハイキング道路へ降りる歩道は、工事で通行禁止となっているため、竜神ふるさと村に移動し、そこからの周回とした。
さびれた竜神ふるさと村から車道への下りはかなり急な石段である。
車道を進むと亀ヶ淵に着き澄んだ水の滝壺があり、神秘的な雰囲気がある。
亀ヶ淵から武生神社への登山道も急坂の登りで、かつやせ尾根が数か所あり注意を要す。
武生神社手前の宝剣洞は見逃してしまった。武生神社のりっぱな鳥居をくぐると武生神社に到着、樹齢800年の太郎杉が祭られている。
車道脇の宝剣洞展望台から明山方面の眺望がよかった。
竜神ふるさと村に戻り、再び竜神峡駐車場へ行き、竜神橋を渡り、バンジージャンプを見学する。
紅葉には早かったが、好天に恵まれ自然を満喫してきた。

白笹山・南月山・茶臼岳(栃木百名山)

山行日:2023年10月22日

参加人数:男性単独

報告:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6081501.html

 

三峰山(栃木百名山)

山行日:2023年10月21日

参加人数:男性単独

報告:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6079823.html

 

畦が丸

山行日:2023年10月19,20日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

10月19日
自宅2:30 ⇒ 首都高 ⇒ 6:00道志道の駅7:00 ⇒ 富士急行バス ⇒ 7:20山伏バス停7:20 → 10:40菰釣山11:10 → 城が尾山12:40 → 14:20畦が丸避難小屋
10月20日
畦が丸避難小屋6:10 → シャガクチ丸7:40 → 白石峠8:50 → 道志の湯10:40 → 12:10道志道の駅13:00 ⇒ 道志の湯 ⇒ 首都高 ⇒ 柏

報告:

道志道の駅に車を停めて、富士急行バスに乗り、山伏峠バス停で下車する。7時20分山伏登山口より登登山開始、なだらかな登山道を一気に尾根まで登る。
紅葉には少し早いが雪を被った富士が綺麗だった。整備の行き届いた登山道をアップダウンを繰り返しながら菰釣山に着く、また、しばらくアップダウンを繰り返し、本日の宿泊地の畦が丸避難小屋に到着。
新築された小屋は綺麗で居心地良く、今回も貸し切りであった。翌朝、利用させていただいた小屋を掃除し、小屋日誌を書いて6時に退室する。
朝日に照らされ、輝きを増した富士を眺めながら山行を進める。しばらくして、南風が強くなってきたのを感じる。予定の大室山をやめ、縦走路をエスケープし、道志の湯に下る。その後国道をしばらく歩き駐車場に戻る。

高水三山

山行日:2023年10月15日

参加人数:男性2名 女性2名

ルート:

コース:

柏駅6:15⇒武蔵野線⇒青梅線⇒(8:35)軍畑駅(8:50)→(9:25)高水三山登山口(9:30)→(10:00)稜線(10:10)→(10:40)龍學寺(10:50)→高水山(11:00)→(11:25)岩茸石山(11:35)→(12:20)惣岳山(12:40)→(14:10)御岳駅(14:37)⇒青梅⇒新宿⇒柏(17:05)

報告:

かなりの雨降りの中、軍畑駅にて雨具を着けて舗装道路を急ぎ、登山口まで30分程で着いたが、結露で、雨具の内部はずぶぬれ状態。
登山口からは沢沿いをゆっくり登り、稜線に達すると傾斜が緩んで、常福院龍學寺まで尾根の斜面沿いに登る。トイレ休憩の後、高水山まではすぐ。尾根通しに岩茸岩山まで進むが、途中に巻き道がある。
頂上を踏んで、急な斜面を下ると分岐がある。道標をしっかり確認しなかったので、左の巻き道を少し下ってしまったが、正解は南西に向かう右の道。緩やかな尾根沿いの道を1時間ほどで惣岳山に到着。
天気予報通り雨が上がり、幻想的な風景が現れる。御岳駅までは標高差約500mの下り、中ほどは緩やかな尾根であるが、民家が見えてから急な下りとなる。御岳駅で着替えを済ませ、予定通りの列車に乗って一路反省会に邁進した。

笊ヶ岳

山行日:2023年10月11日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

老平駐車場01:47 → 02:03林道終点02:12 → 02:37タケ沢吊橋 → 03:27広河原03:43 → 04:26山ノ神 → 05:314本桧の肩 → 06:43桧横手山 → 08:30布引山 → 09:31笊ヶ岳09:39 → 09:53小笊ヶ岳09:56 → 10:14笊ヶ岳 → 11:10布引山 → 12:10桧横手山 → 12:494本桧の肩 → 13:27山ノ神13:31 → 14:01広河原 → 14:36タケ沢吊橋 → 14:56林道終点 → 15:09老平駐車場

報告:

二百名山のひとつ笊ヶ岳に登ってきた。積雪期に入ると、日帰りが困難そうな山なので、このタイミングで登っておきたかった。長丁場の行動時間になる為、夜半過ぎにヘッデンスタート。
駐車場から林道終点までの区間は自転車を使って時間短縮。ルーファイしながら沢沿いに進んで登山口に辿り着くと、いきなり急登に次ぐ急登の連続!山の名前の通り笊をひっくり返した様な起伏なので、延々と急登が続きます。しかも9割が樹林帯…、視界が開けるのは山頂と、登山道のほんの一部のみ(>_<)延々と急勾配を登り上げるのは修行の様。
山頂到着時は運良く晴れており、絶景360℃の大パノラマが広がっていた。折角なので小笊ヶ岳まで足を伸ばしてみたのだが、かなり微妙…眺望は無く簡易な標識があるのみでした。
13時間半の山行を終えて、何気にヤマレコの累積標高差を確認してみるとナント3219m!どうりで疲れるわけだワ( ̄▽ ̄;)

1 7 8 9 10 11 150