?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

甲子山・旭岳

山行日:2024年2月11日

参加人数:男性3名 女性2名

ルート:

コース:

那須別荘地6:30⇒国道4号線⇒県道281号線⇒国道289号線⇒7:30大黒屋登山者用駐車場
駐車場8:00→8:10登山口→8:24温泉神社→10:40猿ヶ鼻10:50→11:00 1285m地点(メンバーの体調不良により山行中止)→11:20猿ヶ鼻→13:00温泉神社→13:20登山口→13:25駐車場
大黒屋15:15⇒国道289号線⇒県道281号線⇒国道4号線⇒16:00那須別荘地

報告:

時折晴れ間が見えたがずっと曇り。常に小雪が舞っていて展望はほとんどかなわなかった。
こんな日にほかに登山者はいないだろうと思ったら、駐車場に後から3台車が入場してきた。彼等は水戸から来た山岳会の者達であった。
この登山道は甲子トンネルが開通するまでは国道289号線に指定されており、地形図上の登山道を表す点線になぞらえて「点線国道」と呼ばれていた。
途中の急登はその甲子トンネルを越えた辺りから始まる。高さ150m水平距離260m角度36度の斜面である。夏道は九十九折なのだが、先行してラッセルしていた先ほどの山岳会が、最後の80mを直登したのでそれに従ったら、新雪のせいもあり雪が柔らかく蹴り込んでも崩れるばかりであった。彼等は雪訓で来ており直登も訓練のうちであったが、図らずも自分たちもそれに倣う形となったが、いい経験だったと思う。
この急登に時間を取られたのとメンバーに体調不良を訴える者がおり、猿ヶ鼻を超えた先で撤退を決めた。今度は急登の下りであるが安全確保のためピッケルを使用した。
無事に下山し、大黒屋の秘湯を堪能して帰路についた。

観音山・旭岳

山行日:2024年2月17,18日

参加人数:男性3名 女性1名

ルート:

コース:

前日
13:00kガレージ⇒13:05iピックアップ⇒13:50mピックアップ(セブン守谷大柏)⇒谷和原IC⇒白河IC⇒16:20白河ビジネスホテル
当日
ホテル5:00⇒6:00観音山登山口6:30→9:20観音山→12:20旭岳→大峠林道→15:35登山口⇒日帰り温泉 癒しの刻17:30⇒白河IC⇒20:10谷和原IC⇒21:00柏

報告:

観音山登山口に6時に到着し、運よく1台分のスペースが空いていた。気温は高く、風もない絶好の山行日和である。
観音山までは樹林帯歩きで雪は締まっていたが、踏み抜きが多く、慎重に歩行した。
観音山から先はアイゼンからワカンに履き替えて進んだ。スノーモンスターは残念ながら解け落ちていた。
旭岳手前のコブまでは危険箇所もないが、コブ越えは急登でピッケル必須で体力を要した。
コブから先は痩せ尾根区間があり、痩せ尾根に降りる箇所は、高さ2mほどの足場の無い垂直な段差があり、ピッケルも効かないため岩を掴んで慎重に降りた。
旭岳頂上からは、那須連山、磐梯山など見事な眺望だった。
旭岳から先は林道までは尾根筋の雪道を、踏み抜きを繰り返しながら慎重に下った。予定より30分遅く9時間の所要時間だった。
全行程で出会ったのは数人で、静かな雪山を楽しめた。

スッカン沢

山行日:2024年2月12日

参加人数:男性5名 女性3名

ルート:

コース:

別荘7:00⇒8:00山の駅たかはら駐車場8:30山の駅たかはら駐車場のトイレ脇から出発(天気快晴 気温-1℃)→9:50雷霆の滝→10:30咆哮霹靂の滝→12:00雄飛の滝、素簾の滝、スッカン沢→13:20車道(ゆうひ橋)→15:20山の駅駐車場
休憩(写真撮影)1時間30分、距離8.6Km、登り下り704m、歩行時間6時間50分
16時現地解散⇒19時流山着(温泉よらずにコンビニ休憩1回で一般道経由)、20時半柏着(矢板温泉まことの湯・夕食後一般道経由)
一般道:県道56号線⇒県道30号線⇒国道4号線⇒国道408号線⇒国道294号線⇒県道47号線⇒国道6号線

報告:

天気に恵まれ、にぎやかで楽しい山行となった。例年はスノーシューで歩く様だが、今年は暖冬で雪がが少なく、ツボ足でも歩けるくらいだったが、一応アイゼンをつけて出発。
青く美しい巨大な氷柱は期待してはいなかったが、やはり、やせて細いツララばかりだった。しかし、細い氷柱もそれなりに美しく、柱状節理を観察することもできた。ゆっくりしたペースで歩き、地形を観察したり写真をたくさん撮ったりした。
最後の車道(冬季通行止めで除雪されていない)歩きが長くて大変だったが、途中尾根ひとつショートカットして楽しく歩けた。

城山・幕山

山行日:2024年2月13日

参加人数:男性3名 女性3名

ルート:

コース:

柏出発6:40⇒柏IC⇒東名厚木JCT⇒小田原厚木同道路経由⇒湯河原駅⇒11:00城願寺=天然記念物ビャクシン(柏槙)の木12:00しとどの窟(頼朝と部下8人が隠れた窟)12:30出発⇒13:30幕山公園(昼食)→湯河原梅林14:00幕山登山??16:00幕山下山=岩登りのゲレンデとして有名、8合目迄をピストン16:30湯河原駅ウエストでコヒーブレイク後出発20:00帰柏
※往路は大渋滞の為2時間遅れで湯河原着。この為城山からの縦走は諦め登山は幕山のピストン(8合目)とした。

報告:

春の陽気に恵まれましたが高速道路は大渋滞、計画より2時間遅れで湯河原に到着しました。
土肥氏の菩提寺、成願寺の樹齢八百年天然記念物ビャクシンの樹を仰ぎ見ました。縦走計画を諦め,しとどの窟と幕山を夫々にピストンしました。
しとどの窟は石橋の戦いで大敗の頼朝が逃げ隠れ、大河ドラマで中村獅童さん演じる景時に九死に一生を得る名場面の窟です。急坂を下り昼なお暗く窟の上から水も流れ落ち、最適の隠れ場所に関心しました。
車で移動,麓に4千本の梅が咲く湯河原梅林が幕山登山口です。登山道は梅の香りを楽しみながら登り、岩場ではクライミングのメッカらしく2組が訓練中でした。紺碧の駿河湾に地図通りの形で真鶴半島が突き出ていました。
有料駐車場の締切時間の都合で八号目で下山となりました。帰路には湯河原老舗のウェストで地元グルメでほっこり気分となりました。想定外の渋滞もあり反省点も散見しますが、参加者の皆さんの笑顔から「鎌倉幕府開運街道」縁起の良いコースの満足感が伝わりました。

筑波連山縦走

山行日:2024年2月10日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

柏⇒(車)5:40りんりんロード休憩所6:00→筑波山入口→(御幸ヶ原コース)8:00筑波男体山→8:20女体山→11:00きのこ山→12:00足尾山→一本杉峠→丸山→ウィンドパワーつくば風力発電所→13:00加波山→燕山→14:50雨引山→御嶽山→13:59岩瀬駅⇒16:02(バス)17:12筑波山登山口→17:15りんりんロード休憩所⇒柏

報告:

筑波神社でお参りしてスタート。歩き出して30分ほどすると雪が出てくる。標高700過ぎると登山道はアイスバーンとなり、軽アイゼン装着。ノーアイゼンの登山者は上からお尻で滑って下りていた(その後もノーアイゼンの登山者多数見かけたが、みなさん、下れたのか心配)。
女体山からキャンプ場への下りは、丁度よい積雪で歩きやすく非常に快適だった。湯袋峠で猪2頭と鉢合わせ、すぐに逃げてくれたので助かった。雨引山までの北面はまだ雪が多く残っており、加波山の下りでもアイゼンを付けた。
危険個所はないコースだが、休憩も含めコースタイムを通常の0.85で設定したため、計画書の時間に追われる感じになってしまった。心拍数がかなり上がり良いトレーニングにはなったが、バス出発3分前にゴールするという余裕のない山行だった。
総距離30.8キロ 累積標高2280m 所要時間10時間。

唐松岳

山行日:2024年2月3,4日

参加人数:男性4名 女性3名

ルート:

コース:

【1日目】柏6:00⇒外環道・首都高・中央道[7:45談合坂SA・9:05諏訪SA休憩]⇒9:40安曇野IC⇒10:50八方第2駐車場11:20→11:45 ゴンドラリフト・クワッドリフト2本⇒12:15八方池山荘着(荷物整理~訓練準備)13:00八方池山荘出発→14:00八方池14:10→14:50~15:40八方池山荘近くの斜面で訓練→15:50八方池山荘(泊)
【2日目】 八方池山荘5:00→6:00八方池分岐→6:10第3ケルン→6:50下ノ樺→7:10上ノ樺7:20→8:00丸山8:10→9:15唐松岳頂上山荘→9:45唐松岳9:55→10:30頂上山荘→11:10丸山→11:55八方池→12:20八方池山荘(荷物整理~休憩)⇒13:30 クワッドリフト2本・ゴンドラリフト 14:00⇒14:20八方の湯15:00⇒上信越道 長野IC⇒寄居SA⇒19:40柏

報告:

白馬八方尾根スキー場のゴンドラとリフトを利用し、標高1830mの八方池山荘から尾根を登って唐松岳山頂(2,696m)に登った。
ガイドブックによると「日帰りも可能なコース」とのことだが、今回は八方池山荘に宿泊し「初日は訓練・2日目に山頂を目指す」計画で時間的に余裕があった。
山頂に登るという目的は達成できたが、山頂ではガスってしまい展望が得られなかった。その時以外は天候に恵まれ、不帰ノ険・白馬三山・五竜岳・鹿島槍ヶ岳などの雄大な景色を眺めながら歩くことができた。
【1日目】行きは所沢・鶴ヶ島間で事故渋滞との情報があり「上信越道ルート」から「中央道ルート」にルート変更。中央道は渋滞もなく10:50に八方第2駐車場に着く。
駐車場からスキー場まで15分程、白馬の街を歩く。スキー場に近づくにつれ、外国人観光客が多さにびっくり。日本人より外国人(欧米系)のほうが多い。「ここは日本?」という感じ。
スキー場でゴンドラとリフトを乗継ぎ30分で八方池山荘に到着。1日目は訓練。山荘から1時間ほど登り訓練予定地の八方池に着くと、雪が少なく雪洞を掘れそうな場所がない。山荘付近で場所を探すことになり、下山。山荘手前の北側斜面に場所を決め、約1時間、雪洞堀りとワカンの装着訓練を行った。
【2日目】5時にヘッドランプを着けSLを先頭に出発。先行者は見当たらない。広い尾根を約1時間歩き八方池に着く、池は全く見えず雪原になっている。
途中、小休止を挟み8時に丸山に到着。予定より遅れ気味だったが、丸山から山頂まではいいペースで歩け、最終タイムはほぼコースタイム通りの7時間30分であった。
このコースはガイドブックで「雪山入門コース」として紹介されているが、歩行距離:9km・高低差960m、丸山から先は痩せ尾根・切れ落ちた登山道・アイスバーンの登山道があり、入門コースとは思えない歩き応えのあるコースでした。

1 8 9 10 11 12 159