?php /** * Template Name: ‘SƒJƒeƒSƒŠ[‚ð•\Ž¦‚·‚é */ ?>

猫魔ヶ岳・雄国山

山行日:2023年6月23,24日

参加人数:女性4名

ルート:

コース:

6/23(金)各所廻り ⇒ 流山IC 17:30(常磐道経由、途中夕食)⇒ 磐梯河東IC ⇒ 21:20 道の駅ばんだい泊
6/24(土)道の駅ばんだい 5:00 ⇒ 5:30 八方台駐車場
八方台P 6:15 →(1:05)→ 7:20 猫魔ヶ岳 →(25)→ 7:45 猫石 →(1:20)→ 9:05 雄国沼休憩舎 9:25 →(35)→ 10:00 雄国山 10:10 →(35)→ 10:45 雄国沼休憩舎 →(20)→ 11:05 雄国沼湿原探勝路 11:55 →(10)→ 12:05 金沢峠 →(1:30)→ 13:35 猫石 →(30)→ 14:05 猫魔ヶ岳 14:15 →(45)→ 15:00 八方台歩行時間:7時間15分 所要時間:8時間45分⇒八方台P 15:30(途中入浴) ⇒ 磐梯猪苗代高原IC(常磐道経由)⇒ 流山IC 20:30 帰柏

報告:

当日目覚めると霧で真っ白。天気は回復傾向との予報を信じて出発。5:30に八方台に着くと第1駐車場は15台程度、第2は0台だった。
スタートすぐに熊出没注意の看板。この時期は人が多いし、かしまし娘4人なら大丈夫と思いつつも、イラストの熊が怖い。途中雨の時間帯もあり、不安が募る。
なだらかな登りを進むと猫魔ヶ岳に到着。景色は何も見えない。更に進み、猫石に到着。説明看板があったが、理解力、想像力が足りないのか、猫には見えない。途中何回か沢を渡り高度を下げると沼が見えた。
休憩舎で休み、雄国山へ。山頂到着時もまだ霧の中。「まだ10時だしね。霧が晴れるのはこれからの時間よね。」と話していると、下りの途中で霧が晴れ、沼が見えてきたではありませんか!一気にテンションが上がって、写真を撮りまくる4人。足取りも軽くなる。湿原探勝路に着くと、ニッコウキスゲが迎えてくれた。
今年は数が少ないらしいが、黄色のかわいらしい花と湿原、沼、周囲の山々の景色に大満足。景色を見ながらまったりと昼食を楽しんだ。
湿原に別れを告げ、周回コースの南半分へ。一部舗装路があったり、樹林帯で景色が見えなかったりで、あまり利用者はいないようだった。猫石まで戻ってくると、今度は雄国沼と猪苗代湖が一望できた。
猫魔ヶ岳でも猪苗代湖と磐梯山の雄大な景色が。出会った人に主演女優4人とおだてられ笑顔で写真を撮ってもらう。
往路が霧だった分、復路も楽しみながら歩くことができた。道は分かりやすく危険箇所もないが、ぬかるんで滑りやすい箇所があるので注意。

生瀬富士・月居山(新入会員お試し山行)

山行日:2023年6月24日

参加人数:男性2名 女性2名

ルート:

コース:

柏5:50⇒柏IC⇒那珂IC⇒8:05袋田第一無料駐車場8:25→9:40茨城ジャンダルム→9:50生瀬富士→10:20立神山→11:45滝川渡渉12:20→13:00生瀬滝→13:20袋田の滝→14:10駐車場⇒森林の温泉15:15⇒那珂IC⇒柏18:20

報告:

お試し山行の定番である筑波山は何回も登っているとのことなので、比較的近場で会員がよく行っている生瀬富士~月居山を計画しました。
駐車場で準備体操後、少し戻った登山口の看板よりスタート。
最近降った雨のため、多少ぬかるんだ登山道を進む。団体さんが二組先行していたが、途中で抜かした(滝川渡渉地点に置いてある長靴がなくなることを心配しつつ)
頂上付近の急峻もロープや鎖を手掛かりに問題なく通過。
通常コースは生瀬富士頂上からジャンダルムをピストンするのだが、分岐を間違えて、いきなりジャンダルムへの道にきてしまいました。
痩せ尾根を慎重に通過し最後の岩場に立つ、風もなく、360度の景観に大満足。
その後、生瀬富士頂上、立神山と進む。途中、滝のぞきより豪快な4段の滝の絶景を経て滝川渡渉に到着。
しかし、あてにしていた長靴がない、増水しているため長靴は向こう岸にかたずけている様子。
渡れない水量ではないため、後続の男性3人組と協力してロープを張って全員渡渉しました。
ただし、登山靴でジャブジャブしたため、内部に水がしみてしまっており、月居山はやめて袋田自然探求路で下山し、生瀬滝と袋田の滝を見学して、駐車場に戻りました。
帰りに森林の温泉で汗を流し、帰宅しました。

小草平ノ沢

山行日:2023年6月17日

参加人数:男性3名 女性3名

ルート:

コース:

5:00セブンイレブン柏の葉店出発⇒7:25表丹沢県民の森駐車場に到着するも、ほぼ満車にて、下の方の路肩に駐車スペースを探す。7;40下車・準備 8:00スタート→8:10韓七橋→8:15尾関広氏の銅像→8:20二股→8:30入渓→9:00勘七沢との分岐点→9:05 F1(5m)→10:10 F2(4m+3m+5mの三段)→滝を数か所登り→11:00ほぼ垂直の滝(4m?)は水量が多く登攀が難しいと判断し、高巻を開始→12:30滝の上部に出る;懸垂下降またはクライムダウンで再び入渓→滝を数か所経由→13:45上流の水量の少なくなって来た地点で休憩15分→14:00つめ開始→15:05登山道に出る。→15:20堀山の家→17:00県民の森駐車場→17:20歩行開始地点(車の場所)。ヒル検査・後片付けして、⇒湯遊三昧 湯花楽 秦野店にて入浴⇒18:30頃 帰路につく。⇒蛯名SAにて夕食⇒21:50柏高田SS、交通費清算、解散。

報告:

上天気で気温も高かったが、水量が多く、両岸の樹林が日光を遮り、沢の中はむしろ寒いくらいだった。
初心者のうち女性3人は、やはり滝の登攀に難儀してほとんどの滝でロープを出してもらった。登るのが難しい滝を巻いた時は、濡れ落ち葉でずるずる滑る斜面を這うように移動した。そのあと沢に戻る時、懸垂下降で降りたが使い慣れないATCに戸惑うメンバーもいた。
計画では、沢の上部を詰めないで懸垂下降で戻る予定だったが、高巻きで時間を取られたので、詰めることになった。しかし、この最後の詰めもやはり滑りやすい斜面だった。SLが、特に難儀していたメンバーの手を引いて登ったのだが、その足取りの軽さ・素早さが素晴らしかった。蛭はやはり沢山いた。大変だが、充実した1日だった。

足尾産業遺産見学、皇海山

山行日:2023年6月16,17日

参加人数:男性単独

ルート:

コース:

6月16日(金)現地晴、暑い
自宅5:20⇒柏IC5:30⇒都賀西方PA6:35-7:00⇒宇都宮IC7:10⇒清滝IC7:35⇒草木ダム見物8:20-9:00⇒足尾町産業遺産見物⇒足尾砂防堰堤、足尾環境学習センター見学9:30-10:20⇒船石峠10:40⇒かじか荘11:00(庚申山荘宿泊申込:2080円、登山届提出)
11:15発→(林道)一ノ鳥居12:20→庚申山荘13:35(泊)
6月17日(土)快晴無風、爽やか
起床3:40-庚申山荘発4:30→庚申山5:30-5:40→薬師岳6:50-7:00→岩場、クサリ、ハシゴ →鋸山11:30-11:40→不動沢のコル→皇海山山頂9:40-10:00→鋸山11:30-11:40→長い笹の原の下り→六林班峠12:40-12:50→長い下り(疲れる)→庚申山荘15:45-16:00→一ノ鳥居17:15→かじか荘18:30  【所要時間:14時間 予定:12時間】
かじか荘発19:00⇒清滝IC19:30⇒宇都宮IC⇒柏IC20:00⇒GS⇒自宅22:15

報告:

梅雨の晴れ間に、足尾町産業遺産の見学、皇海山登山に行く。足尾は色々興味あるところが多くあり、日光市でも産業遺産としてPRしている。皇海山は沼田側からの道路が暫く不通のため、庚申山荘利用の登山者が増えているとのことであった。
6月16日(金)
天気予報は、午後曇り雷雨と言うことであったが、終日晴天、暑い一日であった。
足尾を過ぎ草木ダムまで行きダムカードをもらう。ダム下部まで行けると教えてもらい行くと水しぶきがすごい。この時期水が多いので迫力がある。
その後足尾町産業遺産を見物する。本山精錬所跡、大煙突、旧松木村無縁仏、カラミ煉瓦防火壁などを見る。足尾環境学習センター見学(200円)。興味深い。ここで足尾砂防堰堤のダムカードをもらい、皇海山登山についての情報を仕入れる。天気のこともあり早めにかじか荘に行く。
きれいな国民宿舎である。ここで庚申山荘宿泊料を支払い、登山届を出す。早めに庚申山荘まで行きゆっくりする。当日宿泊は40人くらいか。布団が60組、休日には80人くらい宿泊し混雑するとのこと。
6月17日(土
早朝4時頃ツアーの団体が出発する。明るくなってくる4:30にその他の登山者が出発する。
庚申山までかなり急な登山道を登る。山頂から日光連山など周囲の山々が良く見える。薬師岳までは林の中の尾根道を進む。薬師岳より先は急な岩場のキレットになっており、ハシゴ、クサリ場が多くあり、少し時間待ちが発生する。
鋸山まで来ると目前に皇海山が見え、周囲の展望が開ける。山頂まであと一息、単独行の仲間数人と登る。山頂は展望がない。9時40分着早い時間に登れて良かったが、帰りの行程はかなり長い。
同行になった人たちと下山するが、鋸山までの登り返しが疲れる。六林班峠までは笹の原の下山路である。背の高さほどの所もあるが、ルートがはっきりしており迷うことはない。この先庚申山荘まで地図情報では2時間10分であるが、実際にはもっとかかり要注意である。
途中くたびれた登山者も仲間になり3人を引き連れる形になり、16時前にやっと庚申山荘に着く。一休み後かじか荘に4人で向かう。かなり疲れたが、明るい内に下山できてよかった。同行の3人からはリーダー的役割を感謝され解散する。
自宅まで車で、3時間ほどで帰ったが、車の運転には余り影響なく良かった。今回は体調も良く、六林班峠まではほぼ計画通り、この先には地図表記以上に時間がかかる。要注意。水場は最後の六林班峠の先の沢まで無い。今回は行程が長いためくたびれたが、体調も良く天候、同行者にも恵まれ充実した山行であった。今後同じ山に登られる方のために、注意事項を整理しました。

注意事項
1.距離が長いので、安全に配慮の上荷物を軽くすることを考える。(今回ビバーグ想定)ザック10㎏程度(雨具、ツエルト、ガスバーナー、食器、予備食料、水2L等)
2.距離が長く、アップダウンがあるので計画には十分時間的余裕をもつこと。六林班峠から庚申山荘までは1時間45分見込む。(昭文社の地図では1時間15分)
3.時間がかかるので暑くなる前の、日没の遅いこの時期(6月)が最良。
4.現在沼田側からの林道が不通のため、庚申山荘からのルートがほとんどであり、庚申山荘は休日にはかなりの混雑となる。山荘には布団60組が常備されているが、これを超えることも予想されるので事前にかじか荘に確認が必要。かじか荘0288-93-3420

宝登山

山行日:2023年6月18日

参加人数:男性4名 女性3名

ルート:

コース:

長瀞駅11:50→長瀞第一小学校手前12:10→氷池分岐12:25→小鳥峠12:50→宝登山13:40→宝登山神社→長瀞駅15:00 (歩行時間約3時間)

報告:

6月17~18日、全国自然保護担当者会議へ参加しました。
コロナ禍から3年振りに日本の地質学発祥の長瀞で開催されました。会場33名、Zoom会議13名の総計46名の参加者、元環境省山岳レンジャー講師の森孝順氏による「地球温暖化による予想以上に進む山岳環境の変化を考える」を聴講、予想以上の加速で変貌する山岳環境の現状を学びました。
各地方連盟が抱える問題提起や実績報告など異なる地域の課題も興味深かったです。
会議終了後は主管の埼玉県連エリアの人気の宝登山周回コースを交流山行で歩きました。真夏のような暑さの低山歩きは厳しかったですが、樹林帯の多いコースは助かりました。遠方の地方連盟参加者には好評で、話題も弾んだ交流山行となりました。夏のロウバイの木には沢山の黄色い実が付いていました。

子持山

山行日:2023年6月12日

参加人数:女性単独

ルート:

コース:

柏IC 3:50⇒関越自動車道⇒渋川伊香保IC 5:10⇒5号橋駐車場 5:50
5号橋駐車場 6:00→大黒岩 7:20→柳木ヶ峰 8:00→子持山山頂 8:25→柳木ヶ峰 8:45→浅間山 9:40→5号橋駐車場 10:30

報告:

前日まで降っていた雨で山行の決行を悩みましたが、天気予報で急に現地の天気が回復傾向になりダメもとで出かけた。
思いの外、現地は薄日が差すほど明るく山行には影響はなかった。とはいえガスっていて展望は全くなく残念でしたが、獅子岩の上に登った時に、雲の間から少しだけ太陽が顔をのぞかせ山の緑が見えたのはラッキーだった。
このところずっと雨続きで身体がウズウズしていた私にとっては、ちょっとした沢登りと岩登りの良いトレーニングになり良かった。

 

1 8 9 10 11 12 139